スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

事件のはざまで

事件のはざまで

今日はと言うより昨日もあったらしく身内のことで昨日から今日にかけてバタバタしていて
テレビやニュースなどゆっくり見る暇がありませんでした。
午後から少し時間があったのでワイドショーでニュースを見ました。

例の山口県光市での母子殺人事件です。
死刑反対の立場を取る弁護士軍団が23人も付くと言う異例の事件。

最高裁から広島高裁に差し戻され高裁にて審議のやり直しをしているというものです。
改めて事件の内容を書く必要のない程世間を震撼させている事件でもあります。
  
簡単に説明しておきましょう。
当時18歳になったばかりの少年が23歳の主婦と生後11ヶ月の乳児を絞殺したという事件です。
しかも泣いて母親にすがる乳児を床に投げつけるというひどい仕打ち
強姦目的で侵入し、激しく抵抗されたからと殺して陵辱すると言う卑劣な犯行。
どれをとっても同情の余地など何処にもない。

家族の嘆き、怒り、憤り、何処へ持っていったらいいのでしょう。

今日の審議ではその元少年(26歳)は全てにおいて否認したと聞きました。
弁護士が変わり、自分が死刑になるかもしれないと知ったときに恐怖に慄いたのでしょうか。
その手で殺害した二人は戻ってくることはありません。

家族の思いは何処へ

自分の欲望の為に無残にも散らされた命。しかも目を背けたくなるような方法で
死刑はなくなったほうがいいのかもしれません。がしかし厳然としてその量刑はあるのです。
人一人では死刑にならない、二人以上それに窃盗だと
「死刑、無期もしくは3年以上20年以下の懲役」の中から
処断刑を選択することになるらしいのです。

殺人はかなりの残忍性があるものとみなしその残虐性はあまり考慮されないらしい。
沖縄で起きた事件で幼女の顔を石で潰したという事件では
被害者が一人であったが那覇地裁は「死刑」控訴審では「無期懲役」が科せられたという。

世間では弁護士達にも非難が浴びせられているという、
ある掲示板では弁護士の罷免を要求して署名運動まで起きているとか


弁護活動も認めます。しかしありえない弁護などしてほしくもないし
詭弁と言うにはあまりにも軽薄でそれにも当て嵌まらない。

陪審員制度が始まったならわたしはきっと「死刑」を多用するでしょう。
亡くなった人は帰らない、奪った命は命で償ってください。
その人の人生の責を負うべきです。それで償えるのなら簡単なこと。
それでも償う事は出来ないのですから

犯罪に走った理由に家庭環境があると言われています。
しかし全ての人が犯罪を起こすことはありません。

環境も確かに大切だと思いますが今の風潮は誰かがしたらいい、みつからなかったらいい、
何もかもが他人のせい。どれひとつとっても自戒ということが見当たりません。
あるとしたら運が悪かった。それだけの事。とても自戒の意味も当て嵌まる事はありません。

この事件に関しては重刑を望みます。
今全てを否認してきた、事の重大さを気付かす為にもです。
最初の事実を認めた供述は何処へ行ったのでしょう。

泣き叫ぶ子供の声が被告人の耳に届いているはずなのだから
止めてと懇願する声が聞こえているはずなのだから・・・
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

そうだよね
残虐極まりないお話 v-40

悪魔のような人ですね

人の命を何だと思ってるのでしょうか
私はこういうふうに考えます
それは、人を殺したりした人は死んだ時に酷いめにあう
ほら~映画の『ゴースト』ってあったのしっていますか?
あれだよ あれ
地獄に落ちるのです。
絶対悪い事して平然と終わるはずなんてありません。
悪い事した人はそれなりの罰がどこかで待ち受けているのです。

でももし殺されたのが家族なら
殺してやりたい気持ちになるかも知れません
たとえ自分が地獄に落ちようとね

りりーさんいつもありがとうございます

酷い話ですよね。
その審議も今日で終わり。高裁はどんな判断を下すのでしょうか?

色々立場はあります。被告人にも言い分はあるのでしょう。
被害者は何もいえません。

だからこそ真実を話してほしいと思いませんか?
本村さんの努力は並大抵のものではありま
せん。審議のたびにさらされる犯行時の様子妻の事など等。

所詮我々は当事者ではありません。
いかほどのものかと思うばかりです。

彼の望む結論が出ることを祈るばかりです。

シェイドさん、こんばんは。深夜にお邪魔します。
山口県光市の事件は、私にとっても衝撃的でした。
この事件が起こる
一年か二年程前に、山口県光市へ友達の里帰りに便乗しました。光市の海や景色はとても美しくて
また訪れたい。
そんな風に思っていたのに、あの事件。美しい土地であんな事件が起こるとは…勿論、他にも沢山
美しい土地がある事も承知ではありますが、山口には個人的な思い入れがあっただけにショックでした。
よくもあんな幼い
子供を殺せるものだと、他人事ながら
怒りすら覚えました。そして奥様の事も。私が本村さんの
立場だったら、あんな風に法廷には行けなかったと思います。彼は凄い人だと
思いました。
彼と同じ行動は、私にはとれません。
そして、死刑については、あるべきものだと思います。
でも、犯人には死刑をあてはめて欲しくありません。
私が本村さんの立場なら、一発で死に至らしめる事はしない。はっきり言ってしまうと、犯人に対して一番屈辱、且つ悲惨な殺し方をしたい、そう思ってしまうからです。
死刑はある意味生ぬるい。
爪を剥ぎ取られたら、どんなか。
耳を削ぎ落とされたら、どれほど痛いか…私なら、もし
犯人を拘束する事ができたら、きっとそうやってしまうかもしれません。
何故なら自分の大切な人間を傷つけられたら、おさまらないからです。
ちょっと過激かもしれません。ごめんなさい。でもそれが
私の本音です。
本村さんの気持ち、計り知れません。

話しは変わりますが、下のコメントもありがたく拝読しました。

続きです。
シェイドさんの仰る通りです。
はっきり言ってしつこかっただろうし、既に気持ちが無い相手にしてみたら、
言葉の暴力に近いというか…ただの押しつけだったでしょう。正直、迷ったんです。「これ以上“すき”という気持ちを言って何になるか、むしろ嫌がられは
しないか」って。
でも結局言ってしまったんですけどネ。この仕事を辞めた後、私としては、もうこちらからは彼に
連絡は一切しないと決めてました。
仕事を辞めた後まで追いかけてしまったら、絶対迷惑だし、私自身も前に進めない、そう思ったからです。今もそう決めています。
なので、私の彼に
対する片想いは、
退職と共に…というか、厳密に言うと、今月限りなのです。そして、私の気持ちも漸く落ち着いた様でして、吹っ切れました(^_^)v
決して強がりでは
ないんです。
それに、今はもう
落ち込んだり、塞ぎ込んでる場合じゃない!自分の将来の道は自分で切り開かなきゃ!なんて思ってるんです。
今はもうとにかく前だけ見ていたい、
という気持ちもありますけど。
だから、今は不思議と落ち着いてます。そして恋愛ばかりに囚われていてはダメだとも思っています。人それぞれ色んな悩みがありますよね。今まで私を励ましてくれた人達がいた様に、今度は自分自身が誰かを励ましたり、支えられる人にならなくっちゃ!
そう思い始めました。あんなに堕ちてたのに本当に不思議ですよねぇ(^_^;)ははは。
シェイドさんの文章は
本当にとても温かくてありがたったです。今回はけっこう
色んな人に素のまま吐き出してしまったので、こんな風に
なれたんだろうな、って感謝しています。シェイドさん、本当にほんとにありがとうございました。
すごくうれしかったですよ!
シェイドさんにも、もし吐き出したい何かがあった時は、私も力になれたらいいな、力になりたいな…と思いました。
私の様な青臭い小娘では力になれるか
どうかもわかりませんが…(-.-;)
またお時間ありましたら、私の方へも
寄ってやって下さいまし~。

追伸

ちょっとまだ書き足りないですが、これ以上こちらに書くのもどうかと思うので、私のコメント欄に書いておきますネ。
本当に暇とか時間がある時でけっこうですので、良ければ
読んでやって下さいな。

わくさんこんにちは~♪

再出発おめでとうございます。
これからのご活躍期待しております。

山口には思い入れがあったんですね。
この事件はもうひとつの事件と共に忘れられない事件になりそうです。

きっとみんなが考えている結果になると信じています。

安全神話はどこえ

今の日本はどこかが狂っているような、
毎日こんな事件がメディアをにぎわせている、、自分の欲望を満たしたいがための行い、最近はこんな事件が多いので少々のことでは驚かなくなっています、

死刑反対の声もあるが、なくなればもっとすごいことねなりそうです、昔の安全神話はどこえ行ってしまったのでしょうか。

シェイドさんもたくさんお友達みえますね v-221

情けないですね。
罪を憎んで・・・は判りますがこの弁護士団
ほんとのところどうなんでしょう。あんな弁護恥ずかしくないのでしょうか。ほんとに加害者のことを思っての弁護なんでしょうかね。
加害者も当時18才。8年たった今18才の自分を振り返って出てきたのがあの言葉。
人間失格。世の中に出てくる資格なしです。出してはいけません。
きっとまた同じ事しでかします。

BUNBUNさん、こんにちは

わたしは楽しみにしてますよ~。

この国に安全などありません。
いつの間にか不安定な国になっているようです。
全てがそうではないと思うのですが
もっと人の痛みを感じる人が増えなければこのままでは滅びてしまうでしょう。

BUNBUNさんのように自然に向き合うと
余計に感じられるんではないでしょうか?
真似できるのであれば是非真似してみたいと思います。
自然は優しく厳しいものですから
一度お邪魔して見たいと思っています。
その時は是非宜しくです。

リリーさんどもども

ありがたいと思っています。
そちらもすごい人ですね。かなりにぎわっていますが中々入っていけません。
ご容赦を・・・

シュナままさんご無沙汰してます

罪を憎んで・・分かりますよね。この弁護団は
自分の身内がこのような仕打ちを受けてもこんなことが言えるんでしょうか?
腹立たしい限りです!

本村さんの言葉が印象的でした。罪を認めて反省してから死に臨んでほしいと睨み付けられました。自殺した母親の事まで利用する弁護団と元少年がいやだとおっしゃっていました。

きっと死刑の判決は出ると思います。
でも罪は憎まないからこの元少年を一番後悔させるような形で執行されたらいいと思っています。

人間ではありません。きっと鬼でもこんな事はしないでしょう。

怒りは治まりません。

こんばんは

全く理解不能の子供じみた言い訳を自分たちの主張の為に弁護と言う名の元にやらせているとしたら許せない行為ですよね。これで死刑じゃなかったら司法ってなんなのかと思いますよ!!21人もずらずら何やってんのかと思います。
死刑廃止を論ずるのは良いとしてもそれをあの事件を利用してやらないで欲しいと!!

wulmさんに一票!

自分が死刑になるかもしれないと知ったときかなり動揺したらしいです。

自分は絶対に死刑にはならないと思っていたようですから

何でも思うようには行かない事、相手に与えたと同じ苦しみを、生きる続けることが出来なかった悔しさを、存分に知らしめてやりたいし弁護団の卑劣なやり方にも憤りを感じています。
死刑廃止論は別のところでやればいい!

あの人たちは一般の人々がやはり死刑は必要とより以上に感じたことにも気が付かない
馬鹿な人たちです。

淡々と語る本村さんの姿がダブって見えました。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。