スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

神の意向

神の意向

心停止45分後に後遺症なく回復
http://www.epochtimes.jp/jp/2014/11/html/d30388.html
大紀元より
心停止45分後に後遺症なく回復 米病院「神の意向」

【大紀元日本11月13日】米フロリダ州の病院でこのほど、出産中の女性(40)が心停止45分後に後遺症もなく回復した。医学上の奇跡といわれる出来事だ。女性は心停止中に死去した父親に対面し言葉を交わしたと話した。

 AP通信の9日付の報道によると、40歳のこの女性は9月23日、入院先の同州ボカラトン地区病院で帝王切開による出産中に危篤状態に陥り、心臓が45分間止まった。救命措置を3時間余り施術した医師らが諦めようとしたそのとき、心臓の鼓動が自然に回復した。同病院関係者はメディアに対し、「これは神の意向としか考えられない」と述べ、女性は数日後に退院し、いま母子ともに健康であると明らかにした。

 現代医学の理論では、心臓が5~10分間も止まれば、脳神経細胞が破壊的なダメージを受けるため、例え生還しても重い後遺症が残る。10分間以上の場合、植物人間になる。

 女性によると、心停止の間、自分は亡くなった父親と対面し、「お前が人間界を離れる時はまだ来ていない」と言われた。当時は「これは夢だ」と思い、そして、「家族のうるさい泣き声で目が覚めた」という。

 心停止の状態から蘇生した人はよく、亡くなっただれかに会ったとか、どこかへ行ってきたとかの臨死体験を語る。果たして「死後の世界はあるのか。人間が死んでも魂は残るのか」。これらは現代科学がまだ解明できない謎である。

(翻訳編集・叶子) (14/11/13 11:59)

化学の発展は日進月歩より光の速さで進んでいます。
我が長男の手術の時より二度目の手術時は退院まで2週間。
最初の時は入院して検査を繰り返し手術を受けるまでに(危篤状態でもあったので)かなりの時間を要しました。
二度目は数回受診して輸血用の血液確保、および諸々の検査とそれを見て手術日決定。
その一日前に入院して手術に挑みました。

この方は45分感も心臓停止、しかも蘇生措置で3時間も要したこと。そして生還!
脳に酸素の供給が停止すると植物人間になるというのが定説。
それを覆しての奇跡の生還!これを軌跡と言わなければ何が奇跡なのか!

未だに科学では説明できないことがあるのです。
敢えて神の領域と言わせていただきます。
神はこの方に何かを与えられたのではないでしょうか?!

神のご加護を!!

こちら↓久しぶりの登場です!
ノーベル賞受賞者、田中耕一氏がまたまたすごい発明をされました。
これからこの分野で一番必要になり、早ければ早いほど治療や薬の開発にも役立つことになるのではないでしょうか?
自分自身の身にも迫っている問題なので出来るだけ早くと切望します。

あまり人と接することもなく、家の中に閉じこもっているので、言葉が出にくい。。。
年齢の所為かはたまた脳の委縮が始まっているのか、、、指先を動かすことは脳への刺激にもなるといいます。
料理などは脳にとっても家族にとっても喜ばしいことではありますが、手順がわかっていて見なくても出来る、これはいただけないそうです。

久し振りにメディアに出られた田中耕一さんは穏やかな表情でとっても素敵です。
気が強いだけではなくこのくらい穏やかな人だと会社も大切にしなければということになるんでしょうか?
同じノーベル賞受賞者でも…田中さん日本人でいてくださってありがとうございます。
そして違う分野なのに今度は医学分野でノーベル賞は?

 

血液検査で認知症“原因”見つける方法開発
http://youtu.be/RQdNqTZjSdY



http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=5445

KNBニュース
2014/11/11 18:42 現在

認知症、血液検査のみで見つける方法を開発

富山市出身のノーベル賞受賞者、田中耕一さんらの研究チームが開発

富山市出身のノーベル賞受賞者、田中耕一さんらの研究チームが認知症の原因となるタンパク質が脳にたまっていることを血液検査のみで見つける方法を開発しました。

これは国立長寿医療研究センターとノーベル賞受賞者である島津製作所の田中耕一さんらが10日発表したものです。

アルツハイマー型の認知症は、ヒトの脳にアミロイドベータというたんぱく質が多くたまると、神経の細胞が壊れ、数年後に認知症になると考えられています。

研究チームは、認知症になる人は、血液中に、アミロイドベータとは別のある特殊なたんぱく質も増えていることを発見しました。

そして、この2種類のたんぱく質の量をわずかな血液の分析で調べることに成功しました。

つまり、血液検査だけで、認知症になる前の「予備軍」の人を見つけることができる、として、治療薬の開発のほか、将来は、血液検査で認知症の可能性をはかることをめざすということです。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。