スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

自衛隊、ありがとう!

自衛隊、ありがとう!

マスコミは自衛隊が嫌いなので、フィリピンでの活動を伝えません。
フィリッピンでは現地の人に自衛隊が来てくれたから、大丈夫、とか安心できるとか色々と喜ばれているようです。
先に出発した医療チームも現地のひどさに言葉が無かったようです。
たくさんの応援が来ていても届かない地域があるので一番行ってあげたい島にはいくことが出来ないそうです。
時間も経っていることなので多分行くことが出来たのではないでしょうか?

大東亜戦争での日本兵の慰霊碑を守ってくださっている現地の方がいらっしゃることを何も知りませんでした。
こんなことはマスコミも政府ももっと声を大にして知らせるべきだと思います。
悪かったとかしてもいないことを謝らせたりする前に、世界で日本人が行ったことを、現地の人がいかに感謝しているかなど子供たちに教えるべきではないでしょうか?

今回は自衛隊の頑張りを集めてみました。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131126/dst13112612320007-n1.htm
日本兵慰霊碑立つ比レイテ島 自衛隊に「助けてほしい」">日本兵慰霊碑立つ比レイテ島 自衛隊に「助けてほしい」
2013.11.26 12:31 [自然災害]

レイテ島パロの町役場に立つ日本や米国の慰霊碑。台風30号によって周囲はがれきが散乱し、ポールは折れたままだ=24日(岩田智雄撮影)
レイテ島に立つ日本兵の慰霊碑


 【タクロバン(フィリピン中部)=岩田智雄】台風30号に襲われたフィリピン中部レイテ島には、第二次世界大戦中に戦死した日本兵を弔う数々の慰霊碑が立っており、碑は地元の住民たちが守ってきた。しかし、台風30号は数々の慰霊碑にも被害を及ぼし、碑を守ってきた住民の多くは自宅を失っている。かつての激戦地では、活動を本格化させた自衛隊の支援を心待ちにしている。

 「慰霊碑の後ろには、ポールが立っていたが、強風で壊れてしまった」

 レイテ島の中心都市タクロバン近郊パロの町役場。敷地内の慰霊碑を前に町職員が声を落とした。隣には、米、豪、フィリピンの慰霊碑もあり同じ状態だ。

 レイテ島に隣接するセブ島の日本人会によると、レイテ島には遺族会が建てた慰霊碑が約30カ所にあり、島北部のビリヤバにも5つの慰霊碑がある。

 地区の長老の女性エンガルナシオン・ビリアレンテさん(81)は「戦争中、銃撃戦が続き怖かったが、食料をくれるよい日本兵もたくさんいた」と話し、自衛隊の被災者支援については「とてもうれしい。ここの住宅再建も助けてほしい」と訴える。

 セブ島日本人会によると、慰霊碑を建てた各地の遺族会は旧日本兵や遺族の他界と高齢化で機能不全に陥っているケースが多い。日本人会は3年前から手弁当で慰霊碑周辺の住民に心付けのお金を渡し、管理をお願いしてきたという。石田武司会長は「修復の予算はなく、復旧のめどは立っていない」と話している。


http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2013/11/26JSDF/
比台風、自衛隊が防疫活動 揚陸艇でレイテ島に ">比台風、自衛隊が防疫活動 揚陸艇でレイテ島に
2013.11.26

揚陸艇でレイテ島に

【タクロバン(フィリピン中部)=吉村英輝】フィリピンで台風被災地の救援活動を行う自衛隊は26日、被害が集中した中部レイテ島タクロバン市内の避難施設で、伝染病などを防ぐための防疫活動を開始した。現地では蚊が媒介するデング熱の流行などが心配されており、フィリピン政府が協力を要請していた。


 フィリピン政府の保健担当者によると、この避難所には2千家族、1万人が避難中。水による清掃は行ったが、薬剤散布はしておらず、ハエが飛び交うなど、衛生環境の改善が課題となっている。


 自衛隊の防疫チーム15人は同日、レイテ島沖に停泊中の輸送艦「おおすみ」から、ホーバークラフト型揚陸艇(LCAC)で、トラック4台とともにタクロバンの南約15キロの砂浜に上陸。市内の催事場施設に設けられた避難所に移動し、噴霧器を使って消毒剤を散布した。殺虫効果もあり、効果は2週間持続するという。


 噴霧器の重さは薬剤を含め約25キロ。活動にあたった伊藤宏班長は、「散布前の住民退去などで地元の協力を得られ、スムースに防疫ができた」と話した。フィリピン政府と協議し、活動場所を広げていく。


何故か“オスプレイ”という言葉が嫌いなマスコミは八面六臂の活躍をしているオスプレイのことを
あまり報道しません。
人も運べるし物資も大量に運べます。
日本もオスプレイを購入することが確か決まっているはず。活躍が楽しみです。
型式で呼ばれるオスプレイ(V-22 (航空機)しっかり頑張っていますね。

是非沖縄と言わず、九州方面にも配備をお願いしたいところです。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。