スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

不思議な現象

不思議な現象

この時期に島根県以外10月は「神無月」、でも島根県は「神在月」で、産経ニュースではこれっ!!↓↓↓
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131018/wlf13101819540027-n1.htm

「神在月」に神が降臨!? 3つの太陽、逆さ虹…
2013.10.18 19:49 [westライフ]


          内暈 内暈(うちがさ)


太陽の周りを光の環が覆う「内暈」と、太陽の両サイドに光源が見える「幻日」の気象現象=17日午後3時35分、島根県出雲市(西村大輔さんがスマートフォンで撮影)
太陽の周りを光の環が覆う「内暈」と、太陽の両サイドに光源が見える「幻日」の気象現象=17日午後3時35分、島根県出雲市(西村大輔さんがスマートフォンで撮影)
 太陽が3つあるように見えたり、逆さまの虹が現れたりする気象を原因とする大気光学現象が島根・出雲地方で同時に起きたことが18日、分かった。出雲では全国から神々が集まるとされる「神在(かみあり)月」(旧暦の10月)の時期を迎えており、「本物の神が降臨したようだ」と驚きの声が上がっている。

 松江市の会社員、西村大輔さん(39)は17日午後3時半ごろ、出雲市平田町を車で走行中、上空の異変に気付いたという。太陽の周りを光の環が覆い、両サイドに太陽とほぼ同じ明るさの光源が見られたほか、太陽の上方には逆さまの虹も見えた。

 松江地方気象台によると、太陽の周りの光の輪は「内暈(うちがさ)」、両サイドの光源は「幻日(げんじつ)」、逆さまの虹は「環天頂(かんてんちょう)アーク」と呼ばれる大気光学現象。いずれも上空の薄雲を形成する無数の氷の粒の働きで、光が屈折してできる。3現象が重なるのは珍しいという。

         幻日  幻日(げんじつ)

   ☆   ☆   ☆

本物って見たことが無いんですが、こんな気象現象見てみたいです。

出雲大社本殿遷宮 60年に一度の聖年

2013年は出雲大社と伊勢神宮がそろって遷宮を迎える記念すべき年。ということでこんな珍しい現象が起きたのでしょうか?
       出雲大社本殿

http://kai-izumo.jp/sengu/ 【公式】星野リゾート 界 出雲
・・・~~
遷宮とは、ご神体を本来の場所から移して社殿を修造し、再びご鎮座いただくこと。大屋根の葺き替えや銅板塗装など大規模な修造を行うことから、御本殿の新築祝いのように捉えられがちですが、本来の意味は、神様が鎮座されたその時を再現する、いわば「原点回帰」です。“はじまりのとき”に立ち返るという壮大なよみがえりの物語。遷座によってさらに力が増した神様にお参りすることで、私たちも自分の原点を見つめ直し、生まれ変わる力や新しいご縁を授かることができます。 写真は、5年にわたる修造を終えた御本殿。震災被害に遭った東北地方の木材も使用し、匠の技で約130年前の姿が再現されました。古より「天下無双の大廈(たいか)」と称えられる出雲大社の御本殿をぜひご自身の目でご覧下さい。


(ここのHPより写真を拝借しています。)↑↑↑

出雲大社HP

   ☆   ☆   ☆
伊勢神宮式年遷宮広報本部 公式ウェブサイト

この時の黒田清子様のお姿が神々しいと話題になりました。^^

その時の様子を動画でご覧ください。

遷御の儀 伊勢神宮 第62回式年遷宮 http://youtu.be/q0o-brfga3k



結構長いです。^^;
実際行って見ることは中々難しいと思うのでお時間があるときに・・・。

とっても気になる記事なんですが、何もないことを祈ります。

http://news.nifty.com/cs/item/detail/gendai-000195557/1.htm

台風一過が危ない…第一人者が警告「10・24までに首都圏地震も」

にっかんげんだい

2013年10月16日(水)10時26分配信 日刊ゲンダイ


「今月24日までに、首都圏M7.5、震度6、7規模の地震が起きる」――。地震雲研究の第一人者が、緊急警告だ。


 大地震の予測を出したのは、北陸地震雲予知研究観測所の上出孝之氏。30年以上地震雲の観測を続け、スマトラ沖地震(04年、M9.3)や四川省地震(08年、M8.0)の発生などを予知し、2年半前の3・11直前の三陸沖地震も的中させた。

 今回も上出氏は帯状の巨大な地震雲を観測。08年の四川省地震の直前に出ていた地震雲と、形や大きさがよく似ていたという。


「今月9日の午前9時から午後3時の間、自宅から見て南西の空から北東にかけて発生していました。私の蓄積データや経験則から、この方角に地震雲が出ると、かなりの高確率で、東京湾から福島沖の範囲、つまり関東全域と福島県の間で地震が起きています。発生した地震雲が四川省地震と同じくらいの規模だったことから、今回はM7.5(±0.5)の地震が起きる可能性がある。地震雲の発生から2週間程度は、要注意。震度6~7の揺れを警戒してください」


<重なる不安要素>


 12日未明には、茨城県北部と南部で震度4の地震が起きた。関東周辺の地震は収まる気配がないだけに心配だ。さらに、上出氏は続ける。


「関東大震災の直前が大嵐だったとの記録が残っているように、私が調査してきた過去の統計から見ても、台風の後や満月の前後は大きな地震が発生しています。今週は、16日に台風26号が本州に接近すると予報されており、19~20日は満月。不安要素が重なっているだけに、なおさら注意が必要です」


 上出氏の一連の地震予知は、マスコミや関係自治体に発信されている。昨年1年間は48回の予知のうち42回が的中。今年(10月14日現在)は31回中24回も的中させているという。それだけに侮れない。心構えはしておきたい。

(日刊ゲンダイ2013年10月15日掲載)

この週末にかけてまた台風がやってきます。
一人一人が災害に対して気を付けて対処するしか方法が無いようです。
十二分に気を付けて危ない所には近づかないようにして、飛ばされやすいものには対策をしましょう!

スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。