スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

退院しました~。

退院しました~。

帰りましたぁ~!
まだ途中での退院ですが、病院サイドがどうにも早く出てくれと言わんばかりの態度だったので
退院することにしました。(苦笑)
一時間のリハビリで後の長い時間を無駄に過ごしているような気がしました。
家に帰れば毎日のことで何とかできるようになるのではないかとの思い。。。
完全にとはならないことですし、耐えて忍びましょ!
で、急きょ退院することにしました。

ただ同室の人を一人残して退院するのが気がかりでしたが、これも致し方のないこと・・・ごめんねー。
その人はこの水曜日に手術を受けることになっています。
ご家族が無いということが心残りでした。

息子が毎日面会に来てくれました。
私の着替えや飲み物、ちょっとした食べ物をもって。
↑本当は食べてはいけなかったのですが、ね、そこはほら、リハビリでお腹空くし、糖尿食だし。。。

えーえー、痩せましたとも15キロ。元の体重?そんなことは言えませんっ!

同室の人が82歳なんですが、自分のことはわからないとみえて、親しくなった人が訪ねてくると
あの人は太りすぎとか、コロッとしてるとか、体型のことばかり言うのでつい言ってしまいました。
鏡を見るほうがいいよ。自分ではほっそりしていると思っているのかもしれないけど
車いすに座っている姿は人のことをとやかく言えないよって。私って酷いですか?

家族のことをあまりにも仰るので、〇田さん、ご自分が選んだ道でしょう?
だったら覚悟はできているんじゃないですか?
おかしいでしょう、あんまりそんなことをいうのはよくないよ、と。

割とキツイことも言いました。
家族が来るときに、おやつというかちょっとしたものを持ってきてもらい同じように分けました。
その階ではひと月以上一緒に過ごしました。
私が帰るときに辛くならないようにあまり口を利かないようにして、冷たくもしました。
でも退院していく当日は、涙、涙で何かするときは誰だって一人なんだから
羨ましがってはダメと、我慢しなくちゃいけないからと、別れてきました。
水曜日に受けるオペ、足がちゃんとしていたら、手術が終わるまで付き添ってあげたいけれど、他の人に
迷惑をかけることになるので、いってあげることは出来ません。
その日は一日祈ってあげることしかできません。


私のケガのことを少し・・・

車の洗車をしていなかったので、汚れが気になっていました。
その日、綺麗にしなくてはと思って、洗車することにしました。
私の車は黒です。汚れが目立つんです。
洗車して拭き上げているときに、バケツをこっちに持ってこようかなと、思って振り向いた途端に
15センチほどの小さな溝(雨水をよその土地に落とせないため)に右足がすっぽりと嵌まり込み
バランスを崩しながら、隣の1メートル強の高さから落ちてゆきました。
その時に、身体の奥からメシッ、メシという音を聞きながら・・・足は溝から離れません。
着地する前に放り出されるように足が遅れてやってきました。自分の身体とは別の向きで。
右肩は脱臼しているのが分かりました。

アキレス腱が切れたときに音が聞こえた!骨折した時に音が・・・というのは体の組織が破壊されるので
身体の奥底から振動が音になって聞こえてくるのだろうとおもいました。
あくまで私見ですけど。^^;


畑に行かれる人が偶々うちの方を通られて、田んぼに倒れている私を見つけて救急車を呼んでくださいました。
救急車はきたのですがお決まりの受け入れ先がみつからない出来るだけ家の近くでと頑張ってくださったのですが、結局は隣の市まで行くことになりました。
車の中でごめんなさい,痛むでしょう、出来るだけ早く探しますからと優しい言葉をかけてもらいました。
あ、言っておきますが、骨折していようと、何があろうと痛み止めとかしてくれませんよ。
家の者は処置(痛み止め)をしてもらっていると思っていたようですがそれはありません!

出血などの止血やら固定はしてくれますがそれ以上のことはしません。
それらのことは結果で医者の仕事ですから。
痛みのままどこが痛みが酷いとか、動くか動かないかでもろもろが決まります。


骨折で手術は決まりましたが、いかんせん血糖値が高いのと、手術が立て込んでいて間に割り込ませるには
手術が結構時間が掛かるらしく、別に時間を取らなくてはいけないということでした。
10日過ぎに決まったのですが、4時間半かかりました。
良かったのか悪かったのか太りすぎで腰の骨を移植するという話がなくなっただけよかったのかも。
足りない骨は人工骨で補って、針金やらビスやらで砕け散った骨をかき集め形を作ったと術後に聞きました。

少し動くと足が腫れます!ゾウさんの脚と変わりがありません。
ちゃんと動けるようになるまで、頑張ります!
でも曲がらないんだけどね。

しばらく病院の話が続くかも
お見舞いありがとうございます。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。