スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

 やっぱり悪いのは日本!(怒)

 やっぱり悪いのは日本!(怒)

お待たせしましたっ!(激怒)
やっぱり日本の所為にしてきました。大気汚染の原因!!
それだけではありませんね。海自の艦とヘリに対してのレーダー照射。
しかも前政権からあったということがはっきりしてしてきました。
尖閣国有化から始まったかに報道されてきましたが、それ以前からの攻撃だったとか。(激怒)
国民には何も知らせず、各メディアも報道しない自由を行使して何も知らせないまま。

しかもレーダー照射はなかった、日本の捏造だという、こうなったら世界に向けて国際法に則り日本は行動すると
発表するほうがいいと思うのです。
今までの政権が阿るばかりで譲歩してきた結果にすぎません。
シナ、南朝鮮特亜にはっ毅然とした態度で向き合わないといつまでも反日無罪で好きなようにされてしまいます。

特亜のロビー活動、情報収集はかなりのものです。

米司法省がソフトバンクに待った
携帯会社スプリントの買収を止めた
調査をするとのことだ


国防上に関わること
米では商業の自由に任すことはない
孫正義はブラックリスト者である


日本とは徹底的に違いますね。まず国益を考える、商業取引とかいう前にその会社の前歴を調べる。
ソフトバンクはシナの部品を使っています。だからシナに情報が流れます。
シナからの輸入品のコンピューターを調べたら、始めからスパイウエアが埋め込まれていたことがわかっています。

ソフトバンクの不買運動はこんなところからも起きているのです。
南朝鮮に何のためにデータセンターを持っていくのでしょう?
しかもSBが49%の出資です。のこり51%がKT社です。売国まっしぐら・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっとネタ元を残してなかったのですが、日本企業が汚染の原因になるからと、工場排水に汚染を取り除く装置を
つけました。これで工場から出る排水はきれいなものになるからと。
数か月して行ってっみると装置は使われていませんでした。
何故使用しないのかと尋ねるとお金がかかるからその分利益が減ると言われたそうです。
このニュース記事について日系企業と欧州企業はきちんと対処してるとのこと。
当然といえば当然だと思いますけど、悪いことは何でも他人、自分たちは何一つ悪くないという国です。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0207&f=national_0207_036.shtml

日本が中国の大気汚染の「元凶」? 専門家が主張(1)=中国報道

  西日本各地で微小粒子状物質「PM2.5」の高い濃度が観測されており、中国北部を覆う汚染された大気が原因と見られている。中国経済網の評論家、張捷氏は中国の大気汚染は日本にも責任があると主張し、「日本人も誠意を示して、大気汚染問題の解決に手を貸すべきだ」と主張した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。

**********

  張捷氏は「華北平原は気圧が低いため、気圧が高い周辺地域の汚染物質がすべて飛来してくる。特に日本は地震後、原発から石炭火力発電に切替え、ゴミも焼却処理していることから、中国の環境への影響が非常に大きく、大気汚染問題で中国だけを非難できない」と主張した。

  また、華竜網の評論家である謝偉鋒氏は「日本で基準を上回るPM2.5の数値が出たことと中国北部の深刻な大気汚染との関係を中国は認めるべきだが、多くの日本企業が中国国内で生産活動をして発生した重度の汚染であることも忘れてはならない。これをどう説明するのか?」と主張した。

  日本は1980年代から労働集約型の製造業を発展途上国に移転し始めた。中国は労働資源が豊富で、生産コストが安いことから多くの日本企業が中国に進出。しかし発展を続けるなかで非常に多くの不調和が生じた。

  例えば、多くの製造産業は本国で禁止されている製品の生産を中国に移し、本社では開発と管理だけを担当した。その結果、中国のような発展途上国の生態環境や資源に深刻な被害をもたらした。(つづく)(編集担当:米原裕子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130207-00000024-scn-cn

日本が中国の大気汚染の「元凶」? 専門家が主張(2)=中国報道

サーチナ 2月7日(木)11時20分配信

 西日本各地で微小粒子状物質「PM2.5」の高い濃度が観測されており、中国北部を覆う汚染された大気が原因と見られている。中国経済網の評論家、張捷氏は中国の大気汚染は日本にも責任があると主張し、「日本人も誠意を示して、大気汚染問題の解決に手を貸すべきだ」と主張した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。

**********

 名幸電子の武漢への投資、エプソンの蘇州での問題などはいずれも地元で大きな非難の声が上がった。これらは氷山の一角にすぎない。中国に拠点を置く日本企業の多くが昼夜を問わず汚染を排出している。わずか10数年で青空が見られなくなるとは、おそらく日本企業も想像しなかっただろう。

 日本企業の無責任な態度を責めているのではない。何事にも二面性があるし、結局は協力は双方がするものだ。多かれ少なかれ日本企業は地元にも貢献した。ただ公平に言えば、それっぽっちの利益など子孫に豊かな自然を残すことからすれば取るに足りない。

 些細な(ささいな)ことが世界全体に影響を及ぼす現代で、日本でPM2.5が基準を上回ったことは明らかなバタフライ効果だ。その元凶は排ガスを排出し、エネルギー消費量の多い日本企業で、中国に場所を移したに過ぎない。

 日本国民が新鮮な空気を吸うには本国の範囲内だけにとどまらない。東アジアの風は強く、韓国の済州島でさえ大気警報が出されている。これは中国だけが対応するべき問題ではない。多くの国の企業の発展にかかわる問題だ。

 大気汚染問題を中国だけのせいにするのではなく、日本人も誠意を示し、PM2.5の問題解決にともに力を入れるべきだ。(完結)(編集担当:米原裕子)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本企業はさっさと引き上げて日本人は帰国するべきです。
いつぞやのように人質に取られるかもしれません。
その時に国が政府がと言ってほしくないです。
あくまでも自己責任で!!

かすむ天安門 中国で大気汚染
http://youtu.be/qeNcD0QkMYk

ここ(fc2全般)だけでyoutubeが見れません。
色々とやってみましたが、全然改善しません。
ただ今努力中・・・直接と別なところでは見れるんです。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

コメントをありがとうございます。

猛毒のお米とか恐ろしい食品の数々。関わりたくないですね。
領土問題もどうなることやら・・・いくら政権交代したからと言っても
まだひと月あまりですから性急に事は進められないと思います。

でも何とかしてほしいとは思いますが。。。

お気遣いいただいてありがとうございます。
頑張ってみます。

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。