スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

わざと?不手際?

わざと?不手際?

http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/07/31/kiji/K20120731003803631.html
誘導の不手際で…日本選手団、聖火台点火に立ち会えず

 ロンドン五輪の27日の開会式で入場行進を終えた日本選手団が、誘導の不手際から五輪スタジアムの選手エリアに入れず、終盤のクライマックスとなる聖火台への点火に立ち会えなかったことが31日、分かった。

 大会組織委員会は選手の体調管理を考慮し、行進後にそのまま選手村に帰るルートも用意していた。約40人が参加した日本選手は多数が帰る予定だったが、誘導の混乱から最後まで参加を希望していた選手まで場外に出され、再び戻ることができなかったという。

 選手団の橋本聖子副団長は「日本の選手が手違いで全員外に出されてしまった。何カ国かがそういう状況になったそうで、組織委から謝罪があった」と話している。

 日本選手団によると、何人が参加を希望していたかは不明だが、選手から苦情はなく、同本部は「日本から組織委に対してどうこうするつもりはない」とした。(共同)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パチンコ屋の倒産を応援するブログ様より引用

ロンドン五輪での開会式で日本選手団だけが強制退場させられていたと、
現地に居た方からの指摘があり、
それをみんなの党・松田公太議員が調べて事実であることが判明しました。

松田公太 @matsudakouta
 私も少し気になっていたので文科省・JOCに確認しました。オリンピック組織委員会のミスで日本選手団は全員「退場」させられたそうです。開会式を楽しみにしていた選手は可哀そう。しかし、ミスの多いオリンピックですね。 RT @tora6 対応できませんか? RT 日本選手団退場の謎

松田公太 ?@matsudakouta
日本選手団は「早く帰りたい人が残されたのなら競技に影響が出るが、その逆なので競技に影響しない」と判断し、静かに帰ったそうです。 RT @sayakakamiya 情報ありがとうございます。つまり「退場」は事実で、日本政府としては、“ミス”についての抗議はしない、というスタンス

詳しくは
Rubyのロンドン生活日記(アメブロのメンバーにならないと読めません))
さんをお読みいただきたいですが、
日本選手団がトラックを半周したところで
誘導員達がトラックの脇出口近くのところで横一列に並んで
日本選手団の進路をふさいで止め、
日本選手団をその脇出口から強制退場させました。



http://quasimoto.exblog.jp/18526486/
Kazumoto Iguchi's blog様より

韓国朝鮮人に乗っ取られた世界柔道界:報復あるのみだナ!


↑↑↑今回のロンドンオリンピックはトラブルが多いようですが、色々な事を書いてらっしゃいます。
特に南朝鮮の買収がらみの判定が問題になっているようです。
亜の国のすることですから、程度がしれていますが、日本人選手団が開会式出こんな目に遭っていたのにどこも報道しないって日本のマスコミはやっぱりゴミですか?!

商業主義になってしまったオリンピック。それでも日本人(だけじゃないと思いますが)は高い精神性で
挑んでいます。一部あちら系の人が軽んじたところもありますが、全て全身全霊で対峙していると思います。

始まった頃の高い精神性は無く、ただ勝つためだけの競技になったのではと危惧しております。
今回の事は国として威信をかけて糺すべきだとおもいます。

日本人は静かですしもっと声を上げなければいつも他の人間にしてやられます!
もっと声を上げましょう!!

日本に学ぶ10のこと

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。