スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
心もよう  ←心もよう 【--年--月】の更新記事一覧 →心の叫び  心の叫び
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

炎上

炎上

擁護しないし批判もしない・・・・・

 大津署がマスコミの砲撃を受けているが、この問題の本質は、学校における「いじめ」である。
 いじめを把握できなかった学校の責任、被害届出を受理しなかった警察の責任を取り上げる以前に、少年の父母は、自分の子供の日常生活の状況や心の悩みに対して平素から真剣に対応したかが問題である。
 責任転嫁は子供の生命を守る親のあるべき姿でないだろう。
 明石花火大会の雑踏事故は、当時の警察副署長が刑事被告人として公判が開かれているが、事故で子供を亡くした親は、英雄気取りでマスコミの取材に応じて、責任転嫁に終始している。
 亡くなったお子さんは、そんな親の行動を期待しているのだろうかと思う。
 花火見物の際、危険だから歩道橋を利用しないように親から一言注意してほしかったのではないだろうか。
 また混雑する雑踏の中で、手をは離さないで、しっかりと握っていて欲しかったと思うのである。
 若かりし頃、仕事優先の日々に明け暮れ、子供を放任してきたが、たまの休みに家族と連れだって遊びに行った際は、我が子を危険なところに行かせないように常に注意していた。
 それが親として当然のことであると思うが、最近の親は、自分の責任を他に転嫁して、しかも英雄気取りの常識のない行動をとる。
 思春期にあける子供教育は、マスコミは学校の責任であるという論調であるが、親の責任である。
 家庭における教育や躾が、子供が健全に生育するためには極めて大きい影響力を持っている。
 そのすべてを学校関係者に責任転嫁されては、教職員はたまらない。
 さて、いじめが原因?かどうかは、死者に口がないから真実はわからないが、将来ある少年が、自ら命を絶ったことは間違いがない。
 この少年が生前中に同級生等から暴行を受けていたという断片情報をもとに、父親が被害届出をしたい旨申し入れてきたのに対し、警察は事実関係が不明であるから受理を拒否したというのがマスコミ報道である。
 被害届については、法律(刑事訴訟法)上、明確な規定はないが、告訴や告発は規定がある。
 警察の対応を批判する気は毛頭ないが、もう少し親切心をもって対応していれば、こうしたマスコミへのタレこみにはならなかったであろう。
 事実関係が判らないのに、ある人に刑事処分等をうけさせる目的で虚偽の申告をすれば、刑法172条の虚偽告訴罪に該当し、3か月以上10年以下の懲役、また、人に刑事処分をうけさせる目的がない場合の虚偽申告は、軽犯罪法違反となる。
 父親には、事実関係が明らかでないの、虚偽の内容で人を刑事処分に処する意図がある場合は、こうした法違反になることを明確に伝える必要がある。
 被害届出は、捜査の端緒であって、被害届出を受理しないことと捜査をしないことは別の問題であるから、一切のコメントをしないといった対応でなく、被害者?(自殺した少年?)並びに遺族感情を考慮して、事実解明のための必要な捜査は尽くす旨、回答すれば済むことである。
 トップの判断による、「ノーコメント」かもしれないが、トップが判断や方針を誤らないようにサポートする幹部も必要でないかと感じる。
 トップを”裸の王様”にしないことであり、イエスマンは要らない。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://blog.livedoor.jp/sheltem2/tag/%E3%83%9E%E3%83%85%E3%82%AB3D%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9 
「マヅカ3Dワークス」サイト様より 2012年07月06日12:01
大津イジメ自殺事件

どうやらこのイジメ事件の報道を○○テレビがミスったようです。
全てが表に出されてしまいました。
これだけ凄惨な事件は実名報道で正解だと思います。

少年法がナンボのもんじゃいっ!!

この少年が受けていた虐めの内容があまりに酷くて、痛ましく震えるほどの怒りが涌いてきました。
こうなると(知れ渡ったら)両方の情報が流れてきます。少年が受けていた凄惨な虐めの実態が・・・良くぞここまで耐え忍ぶ事が出来たね、と褒めてあげたい。と同時に何故ご両親にと。。。(号泣)
この少年の心の叫びが聞えそうです。

一番上にあの記事を載せたのは、あの記事を読んでから、この虐め事件を振り返って欲しいと思いました。
この記事を書いている人はもうお分かりですよね?
加害少年の祖父になります。

「女子高生コンクリート詰め殺人事件」「山形のマット圧死事件」「神戸連続児童殺傷事件」
何故こんな酷い事件が起きるのでしょう?
山形マット事件の加害者は公務員に。女子高生事件の加害者のうち1人は事件を起しています。
神戸事件は今は29歳になっているそうです。

民主党の平岡法務大臣がテレビで加害者擁護をした事件も大津市での事件でした。

「青木悠君リンチ殺人事件」←滋賀県の大津市教育委員会はこの悲惨な事件から、何も学習する事はなかったというわけですね。

この学校の教育方針が理解できません。
この土地柄は○和地区でしかも総連だか民潭だかあるらしいです。
相関図とやらがありました。

関係者の関連図
http://pipeo.jp/users/graph.php/1540

>最近の親は、自分の責任を他に転嫁して、しかも英雄気取りの常識のない行動をとる。

この言葉は自分と息子夫婦に言い聞かせているのでしょうか?
赤い滋賀県知事と大津市長、市長の涙は怒りの涙と思えないのですが?
自分がイジメを受けていた、当時への惜別の思いなのか。。。

この少年の身の上に起きた出来事とご両親の計り知れない苦汁の思いを慮り記します。
改めて心からご冥福をお祈りいたします。。。
この事件の真相が明らかにされ、ご両親に心の平安が訪れる事を願ってやみません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大津市の中2自殺 被害届3回出すも警察が受理拒否(12/07/05)
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
心もよう  ←心もよう 【2012年07月】の更新記事一覧 →心の叫び  心の叫び
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。