スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

思いは同じ

思いは同じ

「月夜のぴよこと空耳うさぎさんたち」様のブログより

オバマの故郷でTPP参加すると日本が表明するらしい

 震災でよわった日本経済がさらに苦しむことになりますね。

政治も外交も経済もわからないシロウトに一度政治をやらせてみようということがどういうことなのか、さらに苦んで勉強できるわけです。

40億人いるからといって市場規模がおおきいわじゃないです。
GDPの低い国家からみるとアメリカと日本だけが巨大市場。
円高の日本が輸出が伸びるわけがない。そんなこともわからず、世界のエサになることを表明するとは・・・
シロウトに政治を任せたことへの痛みはまだまだ続くわけですね。
ーーーーー
野田首相:TPP「政府・民主党に議論の開始を指示」

農業機械を操作し、稲刈りを行う野田佳彦首相=群馬県川場村で2011年10月10日午前10時8分(代表撮影) 野田佳彦首相は10日、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加問題について「議論して早急に結論を得るというのが従来の政府の姿勢だ。政府・民主党に議論を始めるように指示した」と明らかにした。政府・民主党は11月に開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)までに結論を出すことを目指しており、交渉参加に向け議論を加速する狙いがありそうだ。視察先の群馬県川場村で記者団に語った。

 首相はそのうえで「農業の再生と高いレベルの経済連携の両立を図っていきたい」と意気込みを示した。ただ、交渉参加に関し「いつまでにとは明確にしていないし、特定の結論を持っていない。結論ありきではない」とも述べ、党内に根強い反対論に配慮する姿勢を示した。

 TPPを巡っては米国など9カ国が既に締結に向け交渉を開始しており、政府は11日にTPPに関する閣僚会合を開き議論を本格化させる。ただ、海外の安価な農産物が流入すれば国内農業が打撃を受けるとして与野党内には慎重な意見も根強い。

 首相は10日、ブランド米の生産農家や農産物直売施設などを視察。同村のブランド米の水田では、長靴、作業着姿になり、自らコンバインで稲刈りを体験した。農家からは「TPPが締結されれば壊滅的な打撃を受ける」などと懸念の声が出た。続いて生産者が加工、流通、販売まで手がける「6次産業化」を実践する農産物直売所を視察。午後は28ヘクタールで稲、麦を生産する大規模農家を訪れた。【福岡静哉】

毎日新聞 2011年10月10日 17時29分(最終更新 10月10日 20時39分)

1/2 国を滅ぼすTPP 推進者の巧妙な手口・ダマしの数々 【中野剛志】

http://www.youtube.com/watch?v=K4n4xtOTjCw&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=-fH-yoh2tAw&feature=related

~~~~~~~~~~~~~~~

昨日ご紹介申し上げた「TPPを推進したい人」である、『宗像 直子 コンサルティングフェロー 経済産業省大臣官房グローバル経済室長 』氏は、盛んに政治家に上記の「交渉後の離脱も可能」論を吹聴していますが、
「じゃあ、どんなときに離脱するの?」
「日本にとって譲れない条件は何なの?」
 等については一切語っていません。

「大丈夫だから、大丈夫だから。いざとなったら、やめられるから」
 と繰り返し、正しい情報(TPPのメリット、デメリット)をきちんと伝えずに押し切り、客(日本国民)に投資をさせようとしているわけですが、世間一般ではこの種の行為を「詐欺」と呼びます。

 要するに宗像氏などは、「TPPに加盟する」という絶対的な結論があり、そこに持っていくために屁理屈を次々に繰り出してきているだけなのです。
 何だ、財政破綻論者と同じじゃないか、と思われた方が多いと思いますが、同じです。この種の結論が変わらない人たちこそが、現在の日本の混迷をもたらしているのです。


 昨日と同じ締めになりますが、もう一度書いておきます。

 たかだか一官僚の出世のために、全ての日本国民の運命を狂わされるのでは、たまりません。皆様、将来世代に責任を負う日本国民の一人として、「自分にできること」あるいは「自分がすべきこと」を是非、実行に移して頂きたくお願い申し上げます。

 

三橋先生のブログからの引用です。




安住がおだてられてあんまり分かりもしないのに米倉(経団連の思うつぼ)と一緒に国民の皆様に痛みを・・・と言う姿を見てテメーこの野郎!売国奴めっ!!と、怒ったわけでございます。

勿論1人でこっそりとではありますが。。。
経団連は被災地には手を尽くしてくれましたが、民主党と一緒にやることなすこと全部国益にはならないこと。


TPP参加に反対=国民新代表

 国民新党の亀井静香代表は12日の記者会見で、環太平洋連携協定(TPP)交渉への対応について「われわれは明確だ。今言われているような交渉に参加すべきではない」と述べ、参加に反対する考えを強調した。
 亀井氏は、これに先立つ議員総会でも「乗ってはいけないバスに乗ってはいけない。乗ったら途中で降りることはできない」と述べ、拙速な議論は避けるべきだと指摘した。(2011/10/12-15:21)

デメリットも発表するべきですし、メリットもないのに拙速にこれだけを推し進めようとしている事に疑問があります。
安易に国外から人を入れるべきではないし、そうする事によってヨーロッパでは何が起きているのか推して知るべきです。


外国人1万人、旅費無料で日本招待…観光庁方針

この観光庁の方針に反対です。
復興にお金がかかるから増税すると言っているのに外国人にばらまくのは納得がいかないし筋が通らない。もしこの11億円を日本国民の国内旅行用クーポンとして使えば内需拡大にも繋がり対効果も分かりやすいと思います。
増税したお金を被災地での公共事業に使ってもらうなら納得しますが、観光庁のこの方針は異常です。
観光庁は数年前からなぜか中国人の観光ビザ条件を緩和することばかり必死に取り組んでいるようでしたが、訪日外国人消費動向調査の統計を見る限り、中国人のビザ条件だけを緩和したところで中国人観光客による経済効果があったようには到底見えません。震災前のデータです。結果が出なかった政策についてはどうするつもりなのでしょうか?
観光庁の仕事がひたすら外国人を呼ぶことだけなのでしたら、観光庁自体必要無いように感じます。
とにかくこの外国人無料招待とかいう計画には断固反対です。早急に再検討し撤回するようお力添えをお願いいたします。

よそ様のブログからのコピペですが、呆れて何もいえません。
ハァ、これで増税?何言ってるんですか?
国民の血税を南朝鮮に垂れ流し、まだ外国にばら撒きますか?

そんな金があるのなら被災地に渡せーっ!
福島に出せーっ!!

最後にこれを貼っておきます。

【拡散】民主党の大久保勉が外貨準備名目で韓国と中国を助けると表明。



良かったら暇と根とで見ていただきたいと思います。

スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。