スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

トルコから和歌山へ

トルコから和歌山へ

日本に対する世界の評価 (賞讃)  アジア諸国は親日だった

http://www.youtube.com/watch?v=yxP3JKupCAY&feature=BFa&list=FLsL7limyr8FdXV7CdSOxV-A&lf=BFp

トルコから和歌山へ 121年分の恩返し

121年前の恩返しが、和歌山県の復興を後押しする。1890年(明23)に同県串本町沖でトルコ船「エルトゥールル」が沈没し、地元住民に救助されて以来、トルコは日本との友好関係を継続。台風12号による紀伊半島豪雨を受け、都内のトルコ寺院を救援物資の集積所として提供している。トルコ大使館は、今後の人的・物的支援を予定。東京・六本木のトルコ料理店は、和歌山県内の被災地で出店する意向を示すなど、支援の輪が広がり始めている。

 トルコ寺院「東京ジャーミイ・トルコ文化センター」の地下室には、下着や衣類、紙オムツ、即席ラーメンが入った段ボールが積まれていた。台風12号の被災地は、個人からの少量の支援物資を受け付けていないため、全国からの小口荷物をいったん、同寺院に集積。大口荷物にして、第1便の4トントラックを13日に和歌山県庁に送った。

 20日にも第2便が和歌山に向かう予定。支援活動の担当者は「トルコと縁の深い串本町は、比較的被害が少ないため、和歌山県庁で状況に応じた配分をしてもらうつもり」と話した。

 トルコと日本の絆は、121年もつながっている。初のトルコ使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号は、1890年6月に横浜港に到着。同9月にトルコに向かって出港したが、台風による荒天で和歌山県串本町沖の紀伊大島で座礁、沈没。乗組員約600人が死亡する大惨事になったが、島民の献身的な活動で約70人を救助。手厚く看護し、日本の船でトルコへ送った。トルコはこの恩義を忘れず、今回の紀伊半島豪雨でも、串本町を含めた和歌山県の支援に乗りだした。

 トルコ大使館文化広報参事官室の大森正光氏(33)は「困った時に助け合うのが、真の友。トルコも自然災害が多く、共感する気持ちがある。今後は物資だけでなく、人的支援も含めて継続的に和歌山県をサポートしたい」と話した。1985年(昭60)のイラン・イラク戦争では、トルコ政府が日本人救出のための特別機を飛ばし、イランからトルコへの脱出をアシスト。99年のトルコ北西部地震では、日本がいち早く救援隊を送るなど、相互救助の歴史を積み重ねている。

 東京・六本木のトルコ料理店「デニズ」は、要請があれば、被災地で出店する意向を持っている。店員のトルコ人カヤ・ハリルさん(34)は「出店でも何でも、力になれることがあれば手伝いたい。トルコ料理はおいしいし、日本人の口に合うと思う」と話し、地元の肉料理「ケバブ」を勧めた。両国の相思相愛の関係は、復興支援という具体的な形になろうとしている。【柴田寛人】

 [2011年9月18日8時45分 紙面から]

こんなに長い間、友情が続いているのは国としてではなく、1つの自治体が真心込めて尽くしているからでしょう。
今の日本ならきっと思いつくことはないと思います。

トルコ軍艦エルトゥールル号遭難事件 「ねずきちのひとりごと」様より引用

新潟県柏崎市に新潟中央銀行がバックアップするテーマパーク「トルコ文化村」がオープンしました。

トルコ政府は、これを大いに喜び、日本とトルコの友情のためにと、柏崎市にトルコ共和国の建国の父ケマル・パシャの像を寄贈してくれます。

実にありがたく、また名誉であり、うれしいことです。
トルコ村は、テーマパークの広場の中心に、高さ5メートルのケマル像を堂々と飾ります。

ところが平成11(1999)年、メインバンクの新潟中央銀行が経営破綻します。
トルコ村は資金繰りが悪化する。

平成4(2002)年には、柏崎市がトルコ村を買い取るのだけれど、平成6(2004)年には、トルコ村は倒産してしまいます。

心配したトルコ大使館は、在日トルコ企業の出資も含めた支援を、柏崎市の会田洋市長に伝えます。

ところが、社民党系の会田洋(あいだひろし)市長は再三のトルコ大使館からの申し出に返事もせず、支援を申し出た製菓会社のブルボンの再建計画も無視します。

あげくに、地元のラブホテル業者にテーマパークを払い下げてしまった。

~~~引用ここまで(ねずきち様のブログをご覧ください)

トルコ建国の父「ケマル・アタテュルク像」は日本財団のによってお台場の「船の科学館」移設され修復されて今は
一番縁の深い和歌山県串本町に移設されています。


ご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが、船の科学館に行かれて知ったと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
先日知ったのですが、この科学館も閉鎖されるとか・・・。
先日ロシアの軍艦だったかな?空軍だったかな?ニュースではあまり報道されていませんが、海の領海の事は
毎日表示されるそうです。


花王へのデモ、フジTVへの偏向報道を正すようにと行われたデモもマスコミは一切報道しませんでした。
ご存知の方も多いはず、何があったのか、あるのか・・・何かの参考に考えてみるのも良いのではないでしょうか?

トルコからのこの篤い友情にこたえられるような教育をするべきだと思います。
日本はもう世界から賞賛を浴びる国ではなくなっているのでしょうか?

このデモを思うとき、若い人の力を感じます。
まだ日本は捨てたものではないと思って良いんですよね?

決して恩を忘れないトルコ【テヘランの日本人を救ったトルコ】




スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。