スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

勇気ある行動

勇気ある行動

飛行船の操縦士、乗客を無事脱出させて墜落死
CNN.co.jp 6月15日(水)13時33分配信

(CNN) 上空で事故を起こした小型飛行船から乗客3人を無事脱出させた後に、操縦桿を握ったまま墜落して死亡したオーストラリア人操縦士の行動が14日、母国で広く報道され反響を呼んでいる。

報道によると、事故は12日にドイツのライヒェルスハイムで起きた。飛行船は新聞社やテレビ局のカメラマンなど3人の乗客を乗せて現地のフェスティバルを上空から取材し、戻る途中だったが、突然エンジンから大きな音がして燃料臭がたちこめた。

操縦士のマイケル・ネランジックさん(53)はすぐに事態を察知。地上からわずか2メートルの地点まで降下し、3人の乗客に飛び降りるよう指示した。

3人の脱出で軽くなった飛行船は高度50メートルまで上昇し、空中で火を噴いて墜落した。

ネランジックさんの妻リンディーさんはオーストラリアの新聞の取材に対し、3人が飛び降りれば飛行船が上昇することは分かっていたはずだが、夫は身を犠牲にして乗客を救ったと語った。墜落後、操縦桿を握ったままの姿で発見されたといい、地上スタッフからできるだけ離れた場所に墜落させようとしたとみられる。

この話を聞かされても少しも驚かなかったというリンディーさんは、「彼はそういう人だった。とても偉大で、本当に、本当に心が広かった」と振り返った。

飛行船を所有するライトシップ・グループによると、ネランジックさんは26年にわたって1万8000時間の飛行船操縦経験を持つベテランだった。

      ◆   ◆   ◆

[aml 15006] 自衛隊機墜落事故Received: 99.11.28 9:24 AM

From: 加賀谷いそみ

 11月22日午後1時42分頃、埼玉県狭山市柏原の入間川左岸河川敷に、空自航空総隊司令部飛行隊・T33ジェット練習機六四八号機が墜落炎上、隊員二名が死亡。同機は、二佐の年間訓練飛行(現場を離れたパイロットの技量を維持するための飛行訓練)として、三佐が教官となり入間基地を離陸、空中操作の訓練のために同機地北西のH訓練空域(群馬、栃木県内)に向かい、入間基地北方約四〇キロを帰投中トラブルが起き、住宅地への墜落を避けるために通常のコースから外れて飛行 二人は墜落直前、ベールアウトを試みたが、民家への被害を避けようとしたためか脱出の機会が遅れ、高度不足で開傘せず失敗したものとみられる。

 二佐は飛行時間五,二二八時間、三佐は同六,四九二時間。事故機の飛行時間は約六,五〇〇時間で、平成十四年に退役予定だった。

(朝雲11月25日)

…………………………………………………………………………………………

『朝雲』は、自衛隊の機関紙でなくて、一応は独立した新聞社の発行物ですが、自衛隊と称する日本軍なしには存在し得ない御用新聞です。ここでは、さらに進んで、「住宅地への墜落を避けるために通常のコースから外れて飛行」と断言しています。

 私は、各紙に正確な事件関係地図を掲載し、墜落したアメリカ製の戦闘機(ただし、小林と名乗った入間基地広報官によると、機体は朝鮮戦争当時の戦闘機の構造のままだが機銃などが設置できない構造の練習用機とのこと)の進入路を明示せよと要求していますが、どこもやりません。そこで、仕方無しに図書館で金10円也をエイッと投資して、登山などで使う2,500分の1の縮尺の地図の「川越南部」の左半分だけをコピーしてきました。

 地図では下の位置に、「航空自衛隊入間基地」があります。事故機が墜落した入間川は上になります。念のためにまた入間基地広報官に電話で確かめましたが、基地の滑走路への進入路は、この地図の上の方からです。

 どの方向から進入しても、基地との間には、入間川の両岸沿いに濃密な住宅地、商業地、市役所までがあります。一戸建ては、黒い点、点、コンクリート製らしい大型の建物の場合には、実線の輪郭の中に密度の濃い平行線が引かれています。不動産業者などが愛用するもっと詳しい住宅地図もあるはずです。武蔵野市の中央図書館には東京都の分しか備えていないのですが、埼玉県の主要な図書館にはあるのではないでしょうか。

 民間機には設置されていない緊急脱出装置を使って操縦士が逃げた無人の事故機は、そのどこに激突しても不思議ではなかったのです。地図には事故機に切断された人身御供の送電線も描かれています。住民にとっては、送電線が救いの神だったのです。入間基地広報官は、この送電線に、「どの方角から衝突したのか」については、「鋭意調査中」と、用意の決まり文句で言葉を濁します。

 記者クラブ詰めの記者たちは、本来なら、基地の管制官を問い詰めて、レーダーなどで確認していたはずの事故機の進入路を明確に言わすべきでした。各大手メディアは、時折、交通事故報道などでやっているように、地図に太線を書き加え、正確に状況を再現すべきです。特にNHKは、あの、お得意の、とてもとても、お綺麗な、ご神託のような雰囲気を漂わす「コンピュータ・グラフィックス」とやらを駆使して、大いにカラフルにやるべきところです。あれなら、建物を立体的に見せることもできます。道や建物の中にいた人の数も具体的に示すことができます。

 しかし、どこもやらない。やれない。やる気がない。ああ、ないない尽くしで、仕方ない。どうしようもない。


以上。やるせない愚痴でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

飛行船の事故のニュースを見て、この狭山市の事故を思い出しました。
この自衛官の奥様も同じことを仰っていました。
住宅地でのベイルアウトは大きな事故に繋がる出来るだけ民家から離れて被害を小さくしなければならない、飛行気乗りは自分の命より真っ先にそんな事を考えるそうです。特に日本人は、この場合も色文字(これは私がつけました。)で表している部分が正しいそうです。

マスコミはくだらない事は長々と報道しますが、肝心な事は報道しません。
これは今でも変わらないのですが、いつからこんなに信じられない報道機関(?)に成り下がっているんでしょうね。

同じ朝雲の記事の中から
たとえ間に合わないと分っていても、ベイルアウトのボタンを押すそうです。
それはメンテナンスを請け負っている隊員が、自分の所為で、脱出できなかったんではないか?と自分を責める事になるので必ずそうじゃないという気持ちでベイルアウトの操作をするそうです。

きちんと動作は出来たという事を示すそうです。
これを読んで涙が出ました。今、自分の命が尽きるかもしれないというときに、他を思いやる事が出来る優しさ強さに、激しく心を打たれました。

こんなときだからせめてその爪の垢でも煎じて飲んでください。
カンチョクトさん、あなたの帰化人根性は良く理解しました。せめて散り際だけは潔く。。。


もう遅くなりましたが、いきなりのUP!
もしかしてご覧になった方にはゴメンナサイです。^^;

私自身もびっくりしました。先日の耳なしウサギといい、下書き保存のつもりが下書きになっていませんでした。
放射線の所為とは思いませんが、福島方面で顔に穴があいているハムスターや変な形の植物が見つかっています。

ハムちゃんは親が殺してしまったそうです。
飼い主さんが何日か様子を見られていて、生きて動いているのを動画にとられています。敢えて載せません。(捜せば見られると思います。)煽りと思われるのもいやですから。

この動画も大変な状況か?と思っていましたが、ニュースにもならず、どうやらたいしたことはなかったようです。4号機は傾いていて、いつ倒壊してもおかしくない状況とのことですがいつになればハッキリしたことが分かるのか・・・。

これを見る限りビックリしますよね!
中々のタイミングでこのときに霧が(夜霧なのか朝霧なのか)このあたりはこんな風な濃霧が発生するそうです。

これが原発からもたらされた物なら、かなりの濃度の放射線量が出ると思いますが、東電からの発表も何もありませんでした。

関東地方のホットスポットも最近取り上げられているのでホッとしています。
国民に何も知らせずにいるよりも、注意喚起をする方が対処のしようがありますから。
これについては大阪も負けてはいません。それだけではなくシナからのプレゼントもありますから、その相乗効果といったら・・・。




そのまま載せました。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。