スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
うちのこ  ←うちのこ 【--年--月】の更新記事一覧 →ギックリ腰  ギックリ腰
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

本を読みました。

本を読みました。

本日(29日)はうちの三男君の月命日でした。
先日「生きよう」 ひろ様のブログから

7月23日の『少年リンチ殺人』の記事を見て、読んでみようと思いました。

読みながら、少年法のことや、

被害者、そして親の苦しみや悲しさ、悔しさ、、、。

自分の子供たちのこと、いろいろと考える。

少年法の下に、加害者の人権やプライバシーばかりが守られ、

死んでしまった被害者には、まるで人権すら与えられないようだ。

息子たちに、読ませたいと思っている。



いつもご家族の事を日記風にまとめて、書かれています。
時には風刺も利かせて、私はいつも更新を楽しみにしています。

『少年リンチ殺人』―ムカついたから、やっただけ―  日垣 隆著

読んでみたいと思ったのは、少年事件と言えば例の『女子高生コンクリート詰め殺人事件』を思い浮かべます。あまりにも凄惨で目を覆いたくなるような事件でした。深く脳裏に刻み込まれる事件のひとつでもあります。少年の持つ残虐性が大人とは違う残酷さをもって平然と行われるところに、一種の快楽が潜むものかと考えても見たり。。。

最近は虐待も多くなっていて、信じられないような事件も起きています。
例えば、実子に夫婦で9時間もの間、殴る蹴るなどの暴力を繰り返した事件。

兵庫・尼崎の男児虐待:金属パイプで暴行 両親、交互に9時間

殺人未遂 背中にオイルかけ火、中3大やけど 父親逮捕

こんな事件も、何処か少年事件と繋がっているような気がしてなりません。
大人になりきれない大人と、大人になれない少年達。
何処かで何かが間違っている・・・責任はとりたくない、でも好きな事はしたい。
自分のする事は許されるが、他人には厳しい。。。

この本の中身とやっている事は、なんら変わりがないように思う。
そう思うのは私だけなんでしょうか?

いつも感じるのは、少年が事件を起こしたときに、大人はここまで思い至らないだろうと言うほど、凄惨な事件になっている場合が多い。
しかもそのほとんどが多勢に無勢である事、、どちらの事件でも判で押したように使われる言葉
《死ぬとは思わなかった》足に錘をつけて海に突き落としたらいくら泳げる子でも、まず泳ぐ事は出来ない・・・深く沈んでゆく。。。
少し考えたら分かる事を、泳げるから大丈夫だと思った、慌てる様子が見たかった、飛べ!といったのに言う事を聞かないから背中を蹴った、あいつは泳げるから大丈夫、本人はそれってヤバイでしょ、と言っています。溺死。。。

 京都府舞鶴市の舞鶴西港で20日、同市上福井の建設作業員布川由一さん(17)がおぼれて死亡した事案で、布川さんの足をロープで縛り、海に突き落として殺害したとして、京都府警捜査1課と舞鶴署などは23日、殺人の疑いで、友人で建設作業員の少年(19)と運送業アルバイトの少年(18)=いずれも舞鶴市=を逮捕した。府警は、当日一緒にいたほかの少年4人からも事情を聴いている。

      +++++++++++++++++++++++++++++

この本の中で二つのリンチ事件が取り上げられています。
ひとつは8人の少年になぶり殺しにされた宮田君。
もうひとつは15人の少年達に3ヵ所も連れまわされて暴行を受け、更に小便までかけられ殺されてしまう(百瀬君)・・・この事件で二人の少年は死んでしまい、加害者側はその親にも少年法が適応され、本当の事を知らされることもなく、淡々と密室で裁かれる。
少年達は自分達が被害者と嘯く。

事実を知りたいという親に門戸を開くべきだと思います。(被害者側)
加害者の親は我が子が何をしたかと言う事をしっかり認識し、させるべきだと思いました。


いつも辛い思いをするのは被害者で、事件によって子供を失い、更にそれが元で家族の崩壊が始まる、加害者は家族は団結する、この違いはどこにあるのか、何故ここまで加害者が守られるのか理解できない。
当然子供は親に対して本当の事は言わず、事件を正当化しようとし、親もそれを信じようとする。
当然と言えば、あまりにも当然の行為であると思います。

一人の少年(百瀬君)に対して行われた犯行は、彼ら(15人)の興奮を呼び、更にエスカレートさせています。
警察の調書で面白かった、興奮した、スッキリした、やらなければ自分がやられる、でも死ぬとは思わなかったと言っています。これほどの事が自分の身に起きたのならとか、人の痛みや苦しみなど、微塵も感じない精神構造が恐ろしい・・・。

死んだ少年は戻ってこない、犯行に加わった少年達は日常が戻り、それまでとなんら変わる事のない生活が待っている。一方で亡くなった少年とその家族はいつまでも苦しむ事になる。
逃げ隠れするわけではないのに、追われる様に住み慣れた場所を離れ、忘れるために別に住まいを移す事になる。加害者は少し目先を変えるだけで、何も責められることなく同じ生活が続けられていくのです。

被害者が加害者のようで、加害者は被害者になり得ない。
民事で損害賠償を求め争う以外に、真実を知る術は見つからないのだから。。。
犯罪者に未来はない!と言い切りたい・・・加害者によく使われる言葉がある、とっても良い子でした、果たして良い子がこんな残虐な事をするだろうか?

先にあげた女子高生・・・の当時の少年は成人して、同じような犯罪を犯している。
被害者に当時の事件の事を言い放っていたようです。
どこに反省の気持ちがあるでしょう?
弁護士は裁判官の心証を良くするために口先だけの反省文を書かせる、それには被害者や
その家族に向けた悔恨の情は一片も見られない、自分の家族に向けた反省の言葉だけが記される
読むほどに嫌になり、もし被害者の親だったなら、私はきっと殺しに行くと思います。

同じ思いをさせる事は難しいし出来ません。
こんな事件が起きるたびに犯人は、同じようにされたら良いのにと、強く強く願います。

《許す事》、私には出来そうにもありません。

スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
うちのこ  ←うちのこ 【2010年07月】の更新記事一覧 →ギックリ腰  ギックリ腰
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

今日も信じられないような事件がありました。
虐待とか、ネグレクト、聞くに堪えません。
私は、自分の不注意から、大切な息子を亡くしています。だから余計に
腹立たしく激しい憤りを感じます。
育てる事が出来なくなったのなら、施設に預けるとか、相手のご両親または自分の
両親に相談するとか色々と方法があったはずだと思います。

物欲は満たされていても、心の豊かさが失われては、何もならないと思います。

心の荒廃を止めなければ、痛みを感じる事が出来ないのでは?と思います。

うっかり注意する事も出来ませんけど、怖いですからねー。

豊かさとはいったい何なんでしょうね。

うちのワンコも次から次と色々な事をやらかしてくれます。^^;
お気遣いありがとうございます。
しっかりナマクラしております。^^;




こんにちは、シェイドさん。

暑い日が続きますね。
お身体の具合はいかがですか?

「少年リンチ殺人」
この本を読んで、子供を持つ親として、
感じるものがあり、記事にしました。

自分に火の粉が降りかからなければ、
無関心でいられる。
そんな自分を恥じながら。

本当に守られるべきは、
被害者そして、その家族であるべきなのに、、、。

加害者の少年たちは、本当に罪と向き合い、
反省し、罪を償い続けているのか?

善悪の判断ができる子供に育てないといけないと思ってます。

「自分より悪い奴は、もっといっぱいいるじゃないか。」
人を平気で傷つける少年たちは言います。

とりとめのない文章ですが、、、。

ひろさん、こんにちは!

本当に毎日暑い日が続いていますね。
ホッコリ記事をいつもありがとうございます。

読ませていただきました。
私はあの「女子高生殺人事件」と「山形マット事件」が忘れる事が
出来ない事件になっています。

この本を読んで、今の家族のあり方も、数々の虐待事件にも通じるものが
あるのではないかと思っています。

この子達ほどでもありませんが学校崩壊がこのあたりでもありました。
そのときに家の中を通らずに子供の部屋に行ける子の家は堪り場になっていて
非行が発覚したときに、警察からの電話でも「うちの子は家にいます。」の
一点張りだったそうで、どうしても確認に行ってくれといわれて渋々離れに行くと
もぬけの殻で、本人からの電話だったという笑えない話があります。

ひろさんのお宅は大丈夫です。家族の語らいもありますし、ちゃんと
見てらっしゃいますから。
いつも良いご家庭だなとおもいます。

> 加害者の少年たちは、本当に罪と向き合い、
> 反省し、罪を償い続けているのか?

私の知る限りそれはありません。
自分達は罪を償った(少年院から退院した事)からもう終わった事と言っています。

> 「自分より悪い奴は、もっといっぱいいるじゃないか。」
> 人を平気で傷つける少年たちは言います。

反省をするということがありませんね。
生きていれば、色々な事があるし出来ます。
亡くなった子にはそれがない、そんな事を考えると 開き直りは許せません。

親の責任って大きいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

恐ろしいニュースばかりで、目を覆いたくなります。
これは教育現場が機能していないばかりか家庭でも躾が出来ていない
故の事件になるのでしょうか?

昔からこのような事件は多かったと言われていますが、そんな事はないと思います。
軽犯罪というか、そんなもので、こんな残酷な事件はなかったと思います。

桑田さんの手術の概要が出ていましたが、えっ?と思うような内容。
ちょっとドキドキしています。Σ(゚Д゚;エーッ!
何事もなく、無事生還できますようにと祈るばかりです。

ワンコのギックリ腰も良くなっていますが、マールの腰へのパンチで
目に角をおったてて怒りまくっていました。(╬◣д◢)ァァン? 
かなり痛いようです。


しばらく散歩を自粛しています。
お野菜たっぷりでウンPもたっぷり!痩せられるかなー?!

お申しで、ありがとうございます。
何せこの暑さです。思案投げ首。。。


  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。