スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ビキニ環礁  ←ビキニ環礁 【--年--月】の更新記事一覧 →国家とは  国家とは
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

泣ける話

泣ける話

今日は心に潤いを与える為に涙を流す事にしました。

※ 涙を流すと心身によい!? 

つらいときや悲しいとき、悔しいとき、また逆にうれしいときや感動したときに、自然に流れる涙。感情の
揺れ動きによって涙腺が緩み、涙が流れると、不思議とすーっと気持ちが落ち着いてくるように感じませんか?

実はこの涙、自律神経と大きな関係があるのです。涙にはさまざまな種類がありますが、喜怒哀楽で流れる涙を
「感情の涙」といいます。そして、その感情によって、涙の成分や味、量が異なるのです。

たとえば、悔しいときや怒ったとき。こんなときは感情が昂ぶり、落ち着かない気分になっているはずです。
こうした感情のときに流れる涙は、心身を緊張させる神経「交感神経」が刺激されることによって分泌されます。
そして、ふりしぼられるように出るため、量が少なめで、ナトリウムを多く含んでいるために、しょっぱい味がします。

反対に、うれし涙や悲しい涙。こんな気分を感じるときはとてもリラックスした状態だと思います。
こうした涙は、心身をリラックスさせる神経「副交感神経」が刺激されることによって分泌されます。ふいても
ふいてもとめどなく流れるため、涙の量が多く味は水っぽくて薄口です。また脂肪分が少なく、カリウムが多めです。

さて、交感神経が刺激されて流れる涙も、副交感神経が刺激されて流れる涙も、ひとしきり涙を流した後は、
気持ちがすっきりしますね。これはどうしてでしょう。これは、涙といっしょに流れ出る物質と関係があります。

涙には、脳から分泌されるプロラクチンや副腎皮質刺激ホルモンといったストレスに反応して心身に緊張を強いたり、
免疫系に影響する物質が含まれていることが分かっています。
また、ロイシン-エンケファリンというストレスによって生じる神経反応を緩和する脳内モルヒネの一種も
含まれていることが確認されています。また過多になると神経の伝達に影響を与えるマンガンというミネラルも
確認されています。

どうやら人は、涙を流すことで過剰になったストレス物質を排出し、自律神経をコントロールしているようです。
やはり、泣きたいときは思いっきり泣くことが、自律神経のバランスを整えるためにとても大切なのですね。


色々な事があります。
それを受け入れるかどうか、また自分の身に置き換えて考えてみる事も、より以上に感情移入することで、過剰に
なったストレス物質を排除し、自律神経のバランスを整えましょう!


一つ目のお話は「叔母、非血縁孫とGJ!!」 じっくりと読んでみてください。

昨日も見舞いに行ってきたんだけど,子供の頃からもう20年以上世話になっている叔母さんがね,末期の食道ガンで
年越せるか越せないかって状況なんだその叔母さんの話させてもらうね

その叔母さんね,まったく血の繋がってない中学生の孫娘がいるんだ
叔母さんが結婚した相手が再婚だったのでその時に連れてきた娘の子がその孫ね
で,ここまではまぁよくある話なんだろうけど
普通とは違うのは,その孫娘の母親がね離婚しててしかも生活保護受けてて何度も入退院を
繰り返すぐらいの精神病らしいの 

無論,そんな母親に一人で育児なんてできるわけなくて
叔母さんがその子の母親代わりになって育てたんだって
小さい頃はパートに行く自転車に孫娘を乗せて保育園に通わせてたらしい
当然,その子は世に言うおばあちゃんっ子どころかおばあちゃんが母親以上の存在なんだ

それで,最近の話なんだけど,その孫娘は実の母親(精神病の人ね)と暮らしてたんだ
でも,先月かな,母親が娘に暴力を振るったらしくて,近所からの通報を受けて駆けつけた児童相談所に
その孫娘が施設に連れて行かれたのね,本来なら孫娘も相談所の指導員に叔母さんのこと話して
叔母さんの家にいけばいいはずなのにそうしなかったんだ
で,叔母さんと叔父さんが施設に迎えに行ったらね,こう言ったらしいんだ
「ばあちゃんの迷惑になるから,ここにいる」

これすごいよね?

もうすぐ死んでいく母親以上の人のそばに居たいに決まってるはずなのに,自分がいることによって
実の母親がきたりして,迷惑がかかるから児童施設に残るって言うんだよ
これ聞いたときね,孫娘の健気さにも感動したんだけど,それよりも
叔母さんが血の繋がってない孫娘をこんなに強く育てたことに感動したんだ
叔母さん,自分では子供を産まなかったけどこんな強い子残して逝くんだな・・・って


クリックで大きくなります。→プリンセス・ド・モナコ
「折節の移り変わりを心にとめて・・・」 ”流れ雲”様よりお借りしました。







奈良にて
「美しい写真を撮ることができますように。」 「ともよ」様よりお借りしています。

「年上の彼女」

少し長編になるかもしれませんが最近気持ちの整理もできたので書いてみます。

今から6年前の話です。
僕がまだ10代で、あまり携帯電話は普及してなくてポケベル全盛期の時代のことです。

僕はその頃高校を出て働いていたんですけど2つ年上の女性と付き合っていました。
お互いの親にも会ったりして僕は結婚する事を信じて疑いませんでした。

毎朝ポケベルに「オハヨウ」とか「ガンバッテネ」みたいなメッセージのやりとりをしていたのですが、
ある日僕がメッセージを送るのがめんどくさくて送らない日があって、
彼女からもメッセージは送られてきませんでした。

ちょうどその日は給料日で僕は今日は彼女にメシでもおごろうとどこに行こうか考えていました。
仕事が1段落つき、昼休みに入り食事に行こうとした時に僕宛の電話がなりました。
その電話は彼女の交通事故を告げる電話でした。

僕はその電話を置いた後、しばらく何のことかわからなかったんですが、「今意識不明だ」という言葉に
体中汗ばんだのを覚えています。
すぐに無理やり会社を早退し彼女が運ばれた病院へ向かいました。
電車の中で「実はたいした事ないんちゃうかな?」とか自分に都合のいい方にしか考えたくなかったんですが、
「もしかしたら・・」って考えると周りに人がいるのにボロボロと涙が出てきて、すごくさみしい気持ちが
溢れてきました。

僕が病院に着く頃には、意識が戻っている事を祈りながら病院まで走っていきました。
彼女の家族に出会い、容態を聞いてみると彼女は集中治療室に入っている、という事を聞いて
事態の深刻さを悟りました。

外傷はほとんどなく、脳にショックを受けたらしくまだ意識は戻っていませんでした。

僕はとりあえず会社に彼女の意識が戻るまで休む事を電話で伝えて病室の前で、意識が戻るのを待つ事にしました。

その日は病院のソファーで、ほとんど眠れずに夜を明かしました。
目の前のストーブで背中は寒かったのに顔だけがすごく火照っていました。

結局その日は意識が戻る事なく次の日の朝1番で着替えなどを家にとりに帰りました。
病院に帰ってみると明日手術ができるかどうかがわかるだろうという、医者からの話があったそうです。
そして5分だけ面会時間がもらえるとの事で、僕は会いたいような会いたくないような、複雑な気持ちでした。
給食当番の時の様な服を着て彼女に会いに部屋にはいりました。
部屋の中は訳のわからない機械がいっぱいでその中のベッドの一つに彼女が寝ていました。

まるで眠っているだけの様な顔で名前を呼べば今すぐにでも起き上がってきそうでした。
手を握ると腕のあたりに、点滴などの管が何本も刺されていて容態の悪さを物語っているようでした。
それと唇が妙にカラカラになっているのが気になりました。
5分間をいうのは短いもので、何か話しかけようとしたのですが、なんとなく周りの目が恥ずかしくて言葉らしい
言葉をかけれませんでした。

その日は少し気分も落ち着いてなぜか「絶対大丈夫!」という根拠のない自信でいっぱいでした。
それからは彼女の意識が戻ってからの事ばかり考えるようになり、頭の手術するんやったら髪の毛剃らな
あかんから、帽子がいるし買いに行こう!と看病の事を考えて買い物に行く事にしました。

この時僕は目を覚ました彼女を喜ばせる事だけを考えていました。
さっそく帽子を探しに行き、キャップは似合わんし、ニット帽だとチクチクするからという事で、綿で出来た
帽子を探して買いました。

買い物が済んで、帰ろうとした時に街中を歩く女の子を見てると、なんか自分が現実から少しズレた場所にいるような
気がして妙な不安を感じました。その不安からか、彼女の意識が戻ったら正式にプロポーズしようと安物ですが
指輪まで買って帰りました。

その日も結局容態に変化はなく過ぎていきました。

次の日のお昼前、彼女の父親だけが医者に呼ばれて病状の説明を受けるとの事だったのですが、無理を言って僕も
同席させてもらいました。

どうしても自分の耳で医者から聞きたかったんです。

多分あれほど緊張した事は今までになかったと思います。

医者の部屋に入って、医者の顔色を見てみるとどっちともとれない無表情な顔をしていました。
医者が口を開いて、簡単な挨拶が終った後喋り出したのですが、病状はよくなるどころか病院に運ばれた時点で
すでに手遅れでした。僕はこれを聞いて頭がグラグラして椅子から落ちないようにする事しか考えれませんでした。
どうやら今治療をしている様に見えるのは、家族に心の準備をさせる為に無理やり心臓を動かして、体だけ生かして
少しずつ悪い方向へ持っていくというものでした。

僕は部屋を出て彼女の父親に、家族にはまだ言わないで欲しいと言われ泣き出しそうなのをこらえて、母親に
話かけられても「用事が出来た」とだけ言い残して、誰もいない場所まで走りました。
街中であれだけ涙を流して大声で泣いたのは初めてでした。

それからちょうど涙が枯れた頃、病院へ戻りできるだけ普通に振舞いました。
その夜、彼女の父親と銭湯へ出かけました。
二人ともほとんど無言で風呂に入り、話す事といっても関係ないどうしようもない会話ばかりでした。

僕は彼女の父親にはどうしても聞いておきたい事がありました。
僕が彼女と結婚するって言ったら許してくれるかどうかでした。
今考えると絶対に聞くべきではない時に聞いたような気がします。

病院に戻る前に父親を呼び止めてストレートには聞けなかったのですが、買ってきた指輪を彼女の指につけてもいいか?と聞きました。
彼は黙ってうなずくだけでした。
その夜は眠る事ができなくて、家族と顔をあわせると泣いてしまいそうで外で一人で過ごしました。

次の日また5分だけ面会できるということだったので、もう1度彼女の顔を見に行きました。
彼女の顔は相変わらず眠っているようでもう目を覚まさない事がウソのようでした。

僕は彼女の左手にこっそりと指輪とつけました。

もう何の意味もないのはわかっていましたが、少しでも彼女に近づきたいという気持ちでいっぱいでした。
みんなが部屋を出た後僕は忘れ物をしたそぶりをしてベッドの側に戻り、彼女のカラカラの唇にキスをしました。

それからしばらく経ち、彼女は一般病棟の個室に移ることになりました。
医者が言うにはもう長くないので少しでも家族が長く一緒に入れるようにとの配慮だそうです。
僕は1日のほとんどをその部屋ですごすようになりました。

何もする事もなかったのですが、話かけると声が届いてるような気がして
耳元で歌を歌ったり、話し掛けたりしていました。そして夜が明けて昼すぎになると、医者と看護婦が入ってきて
みんなを呼んでくださいみたいになって、みんなが見守る中、心拍数を表示しているピッピッってなる機械に
異変が見られるようになりました。

最後まで僕に片方の手を握らせてくれた彼女の家族に感謝しています。
それから1時間ほど経った後、そのまま静かに心臓が停止しました。
僕も含め部屋にいる人みんなの泣き声だけが聞こえてきて、覚悟はしていたものの、本当にこうなった事が
信じられなかったのですが、医者の何時何分とかっていう声に現実に引き戻されました。

そして部屋にいる全員が驚く事が起こりました。
僕が握っていた彼女の手がものすごい力で僕の手を握り返してきたのです。
僕は本当に驚いて多分変な声を出していたと思います。
しばらくして彼女の手からスーっと力が抜けていきました。

僕は涙はふっとんで、全員にその事を伝えました。すると彼女の母親が「きっと一生懸命看病してくれたから
ありがとうって言ってるんやで」って言ってくれました。
冷静に考えると死後硬直だったのでしょうけども、その彼女の母親の一言で僕は今まで道を間違わずにこれたと
思います。

年上だった彼女は今では僕の方が年上です。



この手合いのお話はよくありますが、それでも胸を打つのは真実だからでしょうか?
お互いの思いが重なった時に、不思議な現象は起こります。たとえそれが当たり前に起きる事であっても
その時はきっと思いが通じた時ではないでしょうか?

「ありがとう、ごめんね・・・。」と。

優しいお話はいいですね。癒しの涙を流す事は出来たのでしょうか?
今回はちょっと良い話を載せました。^^





スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ビキニ環礁  ←ビキニ環礁 【2010年05月】の更新記事一覧 →国家とは  国家とは
 

~ Comment ~

No title

そうかも知れませんが、本当につらい思いをしたとき、人は他人に分からないようにかくしてしまい込んでしまうものなのではないでしょうか?

本当につらい時は、人には見せられないものです。
数少ない経験からすると・・・

人に話せるようになるのは、やっと自分の中で消化が出来て来たからじゃないかと思いますよ。

No title

シェイドさん、こんにちは。

ハイ。今回、涙を流さしてもらいましたよ。
そして、なぜか、スッとしました。

涙の成分も、流す涙によって違うって初めて知りました。
でも、確かに水臭い涙が出たり、妙にしょっぱかったりと・・そういうのありましたけど、勉強になしました。
ありがとう~ シェイドさん♪

こんばんは~

一気に読ませて頂きました。
一つ目の話に感動し
年上の彼女には心に込上げるのを感じました。
いい話v(‘(エ)‘)vありがとう御座いました。

No title

おはようございます。
一つ目の話、感動しまししたよ。
同時に、人の心の繋がりと思いやりにほっとしました。

二つ目は、ボロボロと泣かせて頂きました。
愛する人の死に遭遇するには若すぎますよね。
そして、事故というのは、厳しいです。ある日突然、消えてしまう・・・

彼が又、心から愛せる人と巡り会えることを祈ってます・・

ウラン父さんへ

こんにちは!^^

私は三男を亡くしました。私の不注意から。。。
その時の何故?は未だに続いています。
事実は事実としてずっと付いて回ります。
消化したつもりでも、あの時あの言葉が無かったら・・・未だに未消化です。
でも話すことが出来るようになりました。

その時の私が受けた言葉を口にするに事は出来ません。
一生口にすることは、無いと思います。
現実はそれによって息子を失う事になったこと、これだけが事実として残りました。
未消化であっても、時間は過ぎてゆきます。

今をもっても、胸を掻き毟られる思いです。。。
時間はとても優しい・・・かなりの濃さを、薄めてくれますから。。。

>人に話せるようになるのは、やっと自分の中で消化が出来て来たからじゃないかと思いますよ。

そうですね。そうだと思います。

あずきママさんへ

こんにちは!
涙はストレス解消の効果があるらしいので、スッとするようです。
良かったです。^^

涙には味があるそうで、確か前にも書いたことがあるのですが、今回は
完全コピペです。^^;

泣きたいことは無いと思いますが、心の浄化に泣きたいときもあるので、たまに感動物を
読んで泣きます。ホッとするというか、ほんとにスッとします。
次もあると思いますので、その節は宜しくお願いたします。(笑)


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

熊さん、こんばんは!

長いお話を読んでいただいて、ありがとうございます。
時々こんな風に色々と取り混ぜて書いています。
まとまりも無い、テーマも無いので、何が出るやら・・・です。(笑)

宜しくお願いいたします。^^

トリエルさん、こんばんは~♪

昨日、真夜中にコメント入れたら、2回も拒否られました~っ!
もうガッカリ・・・あとで改めて入れに行きます。
何で消えるんでしょうね?それにどこへ行くんでしょうね、不思議です。

こんなに子供の事を考えている人と、我が子を物のように扱う親と。
爪の垢を煎じて飲ませなければいけませんね。

人が人を思う気持ちに、言葉は要りません。
本当に辛かったと思います。時間だけが味方ですね。^^

こんな良い人だから、きっと幸せになられていることと思います。



> おはようございます。
> 一つ目の話、感動しまししたよ。
> 同時に、人の心の繋がりと思いやりにほっとしました。
>
> 二つ目は、ボロボロと泣かせて頂きました。
> 愛する人の死に遭遇するには若すぎますよね。
> そして、事故というのは、厳しいです。ある日突然、消えてしまう・・・
>
> 彼が又、心から愛せる人と巡り会えることを祈ってます・・

鍵コメさんへ

こんばんは~~!
色々と人間の身体って不思議ですねー。
人体の不思議ですね。^^
もしかしたら、汗にも種類があるかもしれませんね!

流れる繋がりで・・・。(笑)




No title

自分が悲しい時に泣くっていう行為が出来なかった自分を振り返ってみました。
あの時の(旦那の事故、自分の癌告知&再発転移の告知)ショックだったけど・・・悲しみとは別の種類の気持ちだったんだろうな。
泣く事が出来なかったのは「泣いてる暇が無かった」のか「現実を認めたくなかった」からなのか・・・
涙の自浄作用、泣く事でストレスを発散できることも頭では理解していても泣けない自分を持て余してました。
ぼこっと自分の感情がどこかに持ち去られたような気もしてました。
・・・それでも嬉しい時や感動した時には ちゃんと涙は流れてきましたので・・・
やっぱり「あの時」泣く事が出来なかったのは「諦められない気持ち」「現実を認めたくない気持ち」が強かったのかもしれません。
どちらも死を覚悟した時だったけど、実際「生きている」事が重要でしたから・・・
辛い時、悲しい時のは・・・「保存」の方向で・・・
嬉しい時と感動した時だけで当分はいいや~e-320

No title

泣く事って大事ですよね。
でも、私はなかなか泣く事ができませんが。。。
いっぱい溜めて貯めて流した涙は気持ちいいですね。

自律神経って自分の意思では、働かないから困りものです。
ちゃんと体にサイン出しますね。
心も体も健康になりたいですよ~^^

アマゾネスさん、こんにちは!

コメントを読ませていただいて、うちのお向かいさんが話してくれた事を、思い出しました。
ご主人が胃ガン?(肝臓ガン)になって、まだ息子さんが乳飲み子だったかなー、その時に
生活に追われ、看病にも追われ、泣く暇が無かったと仰っていました。
私がここに嫁いできた頃に聞きました。

ガンの治療費も、生活費も、地元の人だから子供の面倒を見てくれる人はいても中々大変だったと思います。泣くのはもっと余裕があって、時間がある人だろうと。
こんな時って泣けないもんだよ。と話してもらったことがあります。

私は息子を亡くした時、涙は出ませんでした。泣けたのはもっともっとあとのことでした。

>「諦められない気持ち」「現実を認めたくない気持ち」が強かったのかもしれません。

これはわかります。非現実、認めたくないとき、きっと心を閉ざしてしまうのでしょう。
嬉しい事にも反応しなくなると、それはもっと大変な事になりますから。^^;

きっともっと時間に余裕が出来て、もういいかなとなった時に、それは現れて涙で綺麗に
洗い流す事が出来るのでしょうね。
犬を亡くした時に、あれだけ泣いたのに両親の時はそんなに涙が出ませんでした。ーー;)
私は薄情者なんでしょうね、きっと。

両親はこの世の「生」を十分に生きたと思ったからでしょうか?
ここの両親の時も泣きませんでした。^^;


あぢゅさんへ

泣く事は心と体の浄化に繋がります。
いい映画を観ても涙が出ますからね。

あぢゅさん、私がしっかりしなくちゃとか、色々と考え無いほうが良いと思います。
自律神経障害って、我慢する事によって、余計に殻が硬くなっちゃいます。
泣いたりわめいたりするほうが、体と精神にはいいようです。

心を緩めて涙で満たしましょう。^^


  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。