スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

お茶の話と続きです。

お茶の話と続きです。

「お母さん緑茶入れようか?」と息子。「うん、いいね。」と私。

私はコーヒーをよく飲みました。過去形です。^^;
嫌いになったわけではありませんが、日本茶も大好きです。
父親が入院中に病院へ行くと「お茶の葉が切れかけているので、美味しいのを買って来て。」と頼まれる。
「ついでにお刺身があったら適当に」

父親は海の子。若い頃はというか子供の頃は、家が漁師を束ねる網元?問屋?だったそうで
私が生まれた頃はそこはそれを思わす広いコンクリート打ちの床で、そこの主は1頭のシェパードでした。(笑)
父親は、私に子供が生まれたときに、初めてお爺ちゃんになり、とても喜んでくれました。
離乳食を始める時はイトヨリやアマダイで美味しいソボロを作ってくれて、息子は舌を鳴らして食べました。

その頃から入院するようになり、死ぬまで病院生活になりました。

私は父親と一緒に、よく濃~いお茶を飲みました。
安くても美味しいお茶。高いけど、う~ん、もうひとつかな?
「これ安いけど案外おいいしいで!」と『原茶』の袋を渡す。暫くこれがお気に入り。(^-^)
父親と一緒の時間。私が入れるのではなく、父親が入れてくれるお茶・・・。
一緒に飲むことは出来なくなりましたが、息子に入れてもらったお茶で、懐かしく父を偲びました。

霜注意報が出た時のことです。こんな時期になって出される「晩霜」
お茶の新芽には大敵!もし中ればそれは枯れてしまいます。
朝のニュースで知ったのですが、このお茶の新芽を守る為に、こんな工夫が為されていました。^^

「 茶畑守る氷…鹿児島」 読売新聞様より

厳しい冷え込みとなった11日朝、県内有数のお茶の産地である霧島市溝辺町では、
低温対策のために茶畑にまかれた水が凍りつき、朝日を浴びて光り輝いた。

 この時期、茶畑では、わせ品種の芽が出始めるが、寒気の流入によって夜間、気温が
氷点下にまで下がることがある。

 冷気にさらされると新芽は枯れてしまうため、茶畑に散水し、枝葉を凍らせて0度の
状態のままで保つ「散水氷結」という技術で新芽を守る。
茶畑に設置されているスプリンクラーは、気温が1.5度になると自動的に水をまき始め、
3度に上昇するまで散水を続けた。

 茶畑が凍り付く風景は、この時期の風物詩。太陽が上って、気温が上がるにつれて
溶け始めた氷は、つらら状になって垂れ下がり、中には長さ10センチ以上に
のびたものも見られた。(新屋敷さつき)(2010年3月12日 読売新聞)

お茶の新芽 はっきりと分かりませんね。溶けてツララ状態になっています。
凍ったら駄目になると思うのですが、上手く考えられているんですね。こうすると0度の状態に保たれると無事に
葉が守られるということが凄い!誰が気がついたんでしょうね。^^

次のお楽しみにと残しておいて記事です。
全部載せると長くなりますが、一部抜粋して載せます。
詳しくは「知ってもらいたい」 <<くるくる散歩>> うーたんさんのところです。

これは、学生さんの書かれてる体験記です。
とても貴重な体験をされたので転載します
(mixiより一部)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これから続く文章は僕が動物管理センター(保健所)5日間研修をし、感じた事をまとめたものです。
実際に存在を知っていても現実を見た事が無い人が多い中、1人1人思う事は違うかとは思いますが色々な
意見が聞けたらなと思います。

今回、研修させて頂いた管理センターは場所が珍しく
駅やショッピングモールが密集している中にポツンとありました。
殆どの管理センターが郊外にある事が多いのである意味特殊なセンターです。

1日~2日目
朝、職員の皆さんに挨拶に回り朝礼が始まる。
それが終わるとすぐに犬舎の掃除。

犬舎の中は広くとても綺麗でまずそれに驚いた。
犬を収容する場所は大きい所が4か所、小さい所が4か所、後ほかに中位のスペースのものが1か所あった。
それぞれ用途があって、基本的には大きい所。
人に噛みついたり気性が荒い犬は小さい所(隔離するときに使われる)
中位のスペースのものは小型犬を入れる所らしい。


その犬舎には雑種が6頭収容されていてその内の2頭は気性が荒く噛みつくので隔離されていて2頭の内1頭は
衰弱していて今にも倒れそうな犬だった。


職員さんに掃除のやり方を習いながら洗っていく。
掃除が終わるとエサやりの時間


ここでもまた驚かされた。
職員さんが楽しそうに手で一つ一つ犬に餌をあげていた。


もちろん全部の犬ではなくてセンターのモデル犬(ふれあい広場などに出る犬で子供達に犬の飼い方などを
教えていく)の2頭だけなんだけど、 元々その2頭も野良犬を捕獲して連れてきたのほしつけて
モデル犬となっているみたいで、 話を聞くと「最初の頃はもちろん近寄っては来てくれないし
吠えられたりもした」と

でも、お座り、伏せ、アイコンタクトをこなせていて初見の自分でも言う事を聞いてくれるぐらい人に懐いていた。
しつけも全て職員さんがしていて 「人間の手は楽しいものと思わせるんだ、けしてたたいたりしてはだめ。
折角エサと言う良い物があるんだからそれをうまく使っていけば時間は掛かるかも知れないけど犬は言う事を
聞いてくれるよ

ただ、今の飼い主はそれをしなさすぎる。
時間が無いから、忙しいからを理由に皿に餌を入れてただあげるだけ。

中略

夕方、1組の親子がやってきた
飼っていた犬が迷子で居なくなったので探していたらセンターに収容されて居るという事を聞いてやってきたらしい。


犬を見てもらい確認が取れたので引き渡した。
大型の雑種で老犬だったのでヨボヨボと歩き元気もなくこのままだと間違いなく処分の対象だったに違いない。

子供はこれ以上ない笑顔をしていたけどそれ以上に犬の喜びようが凄かった。
とび跳ねるわ、顔をなめまわすわでその変わりように本当に驚いた


2度と迷子にならないよう注意しその姿を見送った後
ここに来て初めて心の底からほっとできた。





最終日


朝、いつも通りに犬舎掃除を行う。
ただ今日は僕にとってはいつもとは違う1日。収容期間を過ぎた犬を処分する日。


対象の犬は1匹。
この犬はずっと尻尾をふって凄い勢いでご飯を食べたり中々人懐っこかった。

いつも通りご飯をあげて少し職員さんが遊んであげる。
その間に他の職員さんがリードを持ってきていた。
そのリードは処分室へ連れていくためのリード、そのリードを見た犬は更にテンションが上がり今までにないぐらい尻尾を振っていた(散歩に行けると思ってだと)
リードをつけてあげると「早く早く」と言わんばかりにぐいぐい引っ張り処分室へ向かう。


そして、処分機の前に到着。
ステンレス状の少し深い浴槽を想像してください。
そこへリードを外して犬を抱っこし、入れる。


そこでもなおこっちを見て尻尾を振っている。無邪気に遊んでもらえる事を期待しているように・・・。


職員さんが合図をしボタンを押すと処分機の蓋が閉まり、静かに処分が行われた。


20分後、亡骸を処理すると言われた。

処分機は2階にあり、そこが抜ける物になっている。
その底を開けると1階に犬が落ちてくるという形になっていた。

ゆっくりと底が開いていく。
そして、凄い音をたてて犬が地面に叩きつけられるように落ちてきた。



さっきまで嬉しそうな目でこっちを見ながら尻尾を振っていたのに・・・。
最後まで僕らを信じて尻尾を振っていたのに。
死んだその犬の目はシッカリと開いていて、その目を見ると裏切った気持ちと人への怒りしか出てこなかった。


その後、犬を袋に詰めて一旦、冷蔵庫へ。たぶんその後は焼却される。




その30分か1時間後ぐらいだろうか。
引き取りをしてくれと子猫を6匹、おじさんが持ってきた。
理由を聞くと「家の倉庫を掃除していたら猫が居て、親猫は逃げたが子猫たちが残されていた」


直接的にはおじさんには関係かもしれないけれど、多分周りに餌付けをしてる人が居るんであろう。
前と同じ「一時の可哀そう」だけで6匹の命が絶たれた。


おじさんは当たり前のように引き取りを済ませ帰ってしまった。(何かをしろってわけじゃないけど・・・。)


何だろう、この研修を通して考えてみると人間の責任の無さにイライラしてしょうがなかった。
本当に自分の事しか考えてなくて、もちろん自分も含めてなんだけど・・・。


最後、殺処分を防ぐことには直接関係ないかもしれないけれど、モデル犬2頭をベイシングさせてもらった
(シャンプーとか爪切りとか)
職員の人凄く喜んでくれて、初めて管理センターでの自分の存在見たいな物が感じられた気がしました。


それを終えると終礼があり。5日間の研修がおわりました。




凄く無理やりな終わり方になるんですが、正直これ以上文章で表現するのが難しいです。
実際にはまだ色々な事があったんですが自分の文章力じゃ表現できません・・・。


でもなるべく5日間やってきた事を書いてきました。
これを読んでもらって感じる事考える事をしてもらって1頭でも多くの犬や猫、動物が救われる事があれば
凄く嬉しいです。



いかがでしたでしょうか?
私は最後の研修日の件を読んで涙を禁じる事が出来ませんでした。
彼か彼女かはわかりませんが、どんなに嬉しかったでしょう!やっと外に、散歩にいける!
遊んで貰える、振り返りながら、尻尾をブンブン振りながらすすんで歩いて行く、その先に未来はない!
それを知ることはなく、喜んで歩いて行った先は、二度と明るい陽射しを見ることは出来ない。

生きて戻る事は絶対にない!

もしそれが私だったら・・・その子が愛しくて堪らなくて、うちの2頭のワンコを思わず抱きしめました。
あなたの分もこの子達を必ず幸せにするからねと。
ごめんね、人間を許してね、あなたが悪いんじゃない!あなたは決して悪くないから。。。(号泣)


うーたん様、良いお話をありがとうございました。
1日も早く殺処分が無くなる事を願ってやみません。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

こんばんは!ご無沙汰しております。

はい、すっかりというわけには行きませんが何とか。^^;
今はアレルギーで困っています。

懐かしい父との思い出。色々と思い出すことばかりです。
私は決して良い娘ではありませんでした。
1番可愛がってくれた父です。思いでも色々と・・・。

子供のうちからそんな濃いお茶を・・・といわれていましたが、
大人になっても濃いお茶が好きで、いまは息子が淹れてくれます。

懐かしいホロッと苦味が美味しいです。(^-^)v

No title

こんばんは。シャイドさんの書かれる文章は、じっとしみいることがありますね。お父様のこと、短い中でシェイドさんの愛情が伝わってきます。

今からウン十年前、友人が高校の映研で、殺処分される保健所の犬たちのドキュメンタリーを作りました。ここに書かれてある状況と少しも変わりません、ただ、その当時の方がもっと数が多かったというだけ。一生懸命尻尾を振る犬や気配を察して吠えまくる犬たちが8ミリフィルムに焼き付けられました。撮影する方は、何も出来ないママ。
状況は、今と変わりません。当時も、職員の人たちは最後まで犬たちをかわいがってやっていましたよ。

ウラン父さんへ

こんばんは!
褒めていただいてありがとうございます。(^-^)/

私はこの記事を読ませていただいた時に、みんなに現場を見てほしいと思いました。
実際に犬をこの箱の中に入れてガスを注入するところを。
自分が飼っていた子を連れてくるんだから、飼い主に、その仕事をさせる必要が
あると思います。職員さんだって、好き好んでなさっているわけではありませんから。

子猫を持ち込む人は、リピータが多いと聞きます。

飼う側にもモラルが欠如しています。きちんと飼っていらっしゃる方も多いのに
心無い人の所為で、嫌な思いをしなければなりません。

職員さんの優しさが救いです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おはようございます♪

一緒によく濃いお茶を飲んだという、お父さんとの思い出
きっと色んなお話をされてステキな時間を持って居たんですね~
いいですね!!息子さんが入れてくれるなんて(^^)V
濃いお茶のみが段々息子さんとの思い出になってきますね!!

お茶の芽を守る、人の知恵は凄いですね。
ホントに誰が最初に考えたんでしょう!!!
素晴らしいです。

学生さんの研修の話、私もうるうるしました。
考えさせられますね。
それにしても、辛い仕事。。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お父様とお茶のお話、ステキな想い出の1つ
なのでしょうね。
お茶を飲まれる時はいつも側におられるのでは。

昨日、テレビで「半落ち」という映画をやってました。

コワイものかと思ってましたが
とても内容のある映画でした。
見てて悲しく、辛くなりました。
私も病室で母に「安楽死させて」と頼まれたので。
まだ中学生だった私。
母は痛くて、辛い・先の事を考えるまでもなく
言ったのでしょうけど
私はショックでした。
末期状態だったのでその後何日か後に逝きました。
良い想い出ではないです。
逝くほうも辛いでしょうが
看取る側も辛いです。

学生さんの話。転載ありがとうございます。
処分がなくなる・・・
そうなる日が1日もはやく来て欲しい。
願います。

鍵コメさん、こんにちは☆

初めてこれを読ませて頂いたとき、私も涙が止まりませんでした。
この子の喜びを溢れんばかりの思いで、飛び跳ねて出て、二度と戻ってくる事が
出来なかった・・・悲しくて辛くて、いまも涙が溢れてきます。

この学生さんも、辛い思いをした分きっと、深い思いやりを持って、お仕事をされる事と
思います。この学生さんを通して、たくさんの友人や知人の方に、生きた言葉として、語り継いで下さるものと思います。そこから命について考えていただければ有難いと思っています。

私もヤギのアトム君の痛々しい姿を見ました。
話を聞いていて、全身に痛みが走りました。何故こんな酷い事が出来るんでしょう?
する必要があるんでしょう。。。頭蓋骨と一緒になっているから、かなりの痛みだったと
思いますと仰っていました。

助かったものの、怯える様子が本当にかわいそうでした。
何故そこまで残酷に、なれるんでしょう。
同じ目に遭え!と思ってしまいます。。。

> でも、今の自分の気持ちが怒りなのか哀しみなのか・・
> もぅグチャグチャです。
> 本当に、皆が幸せな命をまっとうできますよう、
> 心から願わずにはいられません。

私も同じ思いです。

トリエルさんへ

こんにちは~♪

最近は「お母さん緑茶がいいよね。淹れるは」と言ってもらえるので嬉しいです。v-410昔は濃いお茶を飲んだら、ひげが濃くなるとか言われた記憶がありますが、
どうなんでしょうか?
お茶にしろ、魚にしろ算盤、全部父親が教えてくれました。
算盤はだめでしたねー。やる気まるで、なしでした。^^;

このニュースをクイズ形式で見たときに、エッ?と思ったのですが、ビックリしました。
霜で凍ると葉が駄目になるのに、こんな風に水をかけて表面だけ凍らせる、それで0度が保たれるって、信じられませんよね。
最初は偶然からだったんでしょうけど、先人の知恵って凄いです。

> 学生さんの研修の話、私もうるうるしました。
> 考えさせられますね。
> それにしても、辛い仕事。。。。

センターの職員さんは出来るだけ、声をかけたりしてくださるそうです。
あまり手を懸けると今度は自分が辛くなるそうです。大変なお仕事だと思うんです。
だから命を終わらす為に連れてくるのなら、その飼い主の手で最後の時を迎えさせてほしいと思います。そうすることによって、少しでも減らす事が出来るかもしれないと思うのです。

また別のことをするかもしれませんけど。。。
飼う側のモラルが問われます。

鍵コメさん、こんばんは☆

父と母と・・・性別は違っても、同じような思いをなさっているんですね。
私と違うところは父はそこそこの年齢になっていましたから、より以上に
寂しい思いをされた事と思います。
まして母親となると余計に。。。

そうなんです、センターの職員さん達の辛さは、言葉に出来ないと思います。
飼う側が最後の時まで責任を持つ、という事が大事なんですけど、そこが今ひとつ
徹底されていないように思います。
そんな人ばかりではないのですが、そんな人の為に皆が白い目で見られるんですよね。

最近公園でもワンコの出入り禁止が多くなっているとか。
ウンpの放置ですよね。困った物です。

最後の言葉は重みがありますね。頭が下がります。
私はマールで初めて去勢しました。大きな手術と一緒に。
何度もメスを入れる気持ちに、なれませんでしたので。

うーたんさんへ

こんばんは!

父親にお茶の美味しさを教えてもらいました。^^
色々と教え貰って事があるんです。懐かしい思い出です。

私も見ていました!
「寺尾聡」さんの大ファンです!!


> 見てて悲しく、辛くなりました。
> 私も病室で母に「安楽死させて」と頼まれたので。
> まだ中学生だった私。

小さなあなたに、そんな大変な事を・・・。

> 母は痛くて、辛い・先の事を考えるまでもなく
> 言ったのでしょうけど
> 私はショックでした。
> 末期状態だったのでその後何日か後に逝きました。

私も何人も苦しむ人を見てきました。
こんな言い方をしては申し訳ないのですが、幾ら苦しいから、辛いからと言って
あなたを辛い目に合わすのは間違っています。
親の務めを果たしていません。笑顔で接してとはいいませんが、あなたに負わすには
あまりも大きすぎます。さぞ苦しかった事とお察しいたします。

> 良い想い出ではないです。
> 逝くほうも辛いでしょうが
> 看取る側も辛いです。

仰るとおりだと思います。よく耐えて頑張ってこられました。
重荷を下ろしてください。本当にお辛い事でした。

> 学生さんの話。転載ありがとうございます。
> 処分がなくなる・・・
> そうなる日が1日もはやく来て欲しい。
> 願います。

良いお話だったので、是非ご紹介したいと思いましたので。。。
私も殺処分が無くなる事を願って止みません。

良いお話を、ありがとうございました。

No title

なんか言葉になりませんね...
尻尾を振っていた犬の映像があたまに浮かんで来ちゃって。
すいませんうまくコメントができません。

お茶凍らせるって..なるほどって思いました
なんかほうれん草でありましたよねえ....なんでしたっけ
冬の凍ったところでとれるやつ..でもそれも美味しいんですよね!

wulmさんへ

wulmさんには堪える内容ですね。v-390
仰るとおりで、うれしそうな姿が見えますもの。
現場に居たら連れて帰ります。。。

何かありましたよね。キャベツだったかなにか?
雪の下に埋めておくほうが良いって。
ニンジンもそうだったような・・・寒さに耐えて甘味がグンと増すんですよね。
雪掻き分けて、ほうれん草を引いているのを見たような。。。

何でも厳しくすると良い子に育つそうです。
人はそんなわけにはいかないのかなー?

そうそう、ラー油がないので作りました。(^-^)v
カリカリ感がないものだったので、今度はカリッカリの物をつくります。
自作の物も美味しい。(爆)


No title

まじっすか~ラー油!!
自作良いですよね...聞いた話ですけどニンニクは切ったあと
洗ってヌルヌルを取ってから100度くらいの低温で揚げると
カリカリになるそうです!!

wulmさんへ

こんにちは!
了解です!洗って、100度の低温ですね。
やっぱりカリッカリっていいですもんね。(^-^)v
カリカリじゃなかったので。
もう無くなりそうです。
頑張って作ります!!

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。