スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
レインボー  ←レインボー 【--年--月】の更新記事一覧 →贈り物  贈り物
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

おはるちゃん

おはるちゃん

◇ 捨て犬だった16歳のおはるちゃん

さくらが散った公園の脇に捨てられていたおはるちゃん。川崎市の橋本さん夫妻に
保護され、獣医師に「推定14歳」と告げられた体は多くの病気と脳の障害を抱え、
まっすぐ歩くことさえできなかった。「どうかさくらの季節まで」から始まった
シニア犬との生活は29日で2年を迎える。

昨年4月、家族が待ち望んだ花見が実現した。

  


          「おはるちゃんへの手紙」

おはるちゃん。

あなたとはじめて会った時

汚いダンボールの中でくるくる回っている姿を見たとき


最初に見つけてくれた方の玄関先から

そのダンボールごと抱えて

夢中で動物病院さんへの坂道を走ったこと。



いまでもはっきりと思い出すことができます。



あのとき

私は本当になんの知識もなんの力ももっていなかったけど


このちいちゃな命を守らなければ。

ただそれだけの衝動で走り出したおはるちゃんとの生活だったね。


あのとき今にも消えそうな命を


捨てるひともいるけど

わたしはこの子を看取ってあげることはできる。


そう、思ってた。


でも
今、感じるのはあなたが本当に私の腕から旅立ってしまって


看取ってあげることって

ほんとうに辛くて 心がはりさけそうで


受け入れることって
そう簡単ではないんだよね。



でも今までに
たくさんのことを

受け入れてきたおはるちゃんは

やっぱり強い子で


あなたの鳴き声を1度も聞いたことはなかったけれど


まっすぐに私を見つめる瞳は

いつも負けないよって。

その声が聞こえてくるようでした。




おはるちゃん。
あなたと過ごした

この 
2年7ヶ月という時間は


私が生きてきた中で


一番優しく輝いています。




本当に楽しかったね。


毎日 毎日


公園の      くるくるや
空に向かっての きらきらやそよ風になびく ふわふわや

あなたの笑顔が見れるだけで

それだけで幸せな気分になれたね。



いっしょに せいいっぱい こんなにも がんばったものね。




あなたが
わたしに教えてくれたこと。

しっかり心に刻んで


最後の最期まで生きることを あきらめなかった

おはるちゃんのように


前を向いて


かぁちゃんが これから できること

ちゃんとしていくから 見ていてね。




あなたが旅立った 1ヶ月前の  あの日。




あなたを抱っこしたまま

そっと 仰向けに横たわって


かぁちゃんの 右胸にあなたをのせて


ほんの少しの時間 うつらうつら としたの 覚えてる?




抱っこしたまま 横になるのは もしも 転げ落ちたら危ないから

いままで1度もしたこと なかったのにね。


でも
かぁちゃんの体の上に おはるちゃんを のせることで

なんだか かぁちゃんの エネルギーを

おはるちゃんに あげられる そんな気がしたんだ。





あのとき。

かぁちゃんは

夢を見た気がするんだよ。


あたたかくて やさしい光に包まれた…






そして

不思議と おはるちゃんが すぅと かぁちゃんの中に 入ってきた、

そんな気がしたんだ。

とても 不思議な感覚だった。



あのときは

その 2時間後に 旅立ってしまうなんて 思っても見なかったから


これでまた 明日から一緒に がんばれる。


そう  思ってたんだ。


きっと おはるちゃんは 旅立ちを   

自分で決めたんだね。



時が経っても  過去になっても



時々泣いても だいじょうぶ。


わたしたちの おまじないだったね。




私の中に ちゃんと 生きてる。



だから  だいじょうぶ。


おはるちゃん。


かぁちゃんのもとに 来てくれて  ありがとう。


わたしたちの 家族になってくれて   ありがとう。




おはるちゃん。

これからも わたしたちと

共に 生きよう。


歩いていこうね。


一緒に。





2009.12.20

愛しい おはるちゃんへ。


あなたの  たった一人の  かぁちゃんより。





「元捨て犬 おはるばばちゃんの万歩計」様より転載させて頂きました。




空っぽの心の中に、相手を気遣う気持ちが・・・満たされました。
泣いて、泣いて涙が乾く間も無く、涙を流して、子供のようにしゃくりあげ、うちに
いた子達を思い出し、飼い主の勝手で、殺処分になった子達のことを思い、生きたいと
訴える子達のことを思って泣きました。

このかぁちゃん(ましゅーさん)とぉちゃん(こしおさん)とおはるちゃんと
まろちゃん(Mダックス)家族の密度の高い生活を覗き見て、自分の愚かしさを嘆き
必死に生きようとする、おはるちゃん。

まだ私は上手くいえないけど、良い日と悪い日を繰り返しながら、日々を送っています。

人生なんて初めから、思うようになんかならない!
立ち止まってもいいと思う、小さな時から両親にも迷惑を掛けて、親だから迷惑なんて
思っていなかっただろうとも思う、息子のことでも迷惑だなんて思ったことも無い。
好きで病気になる人はいない、それが次々と続くと本当に嫌になる。。。

少しずつ・・・少しずつ。。。


うちのワンコ。

マールマールとセーラ


スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
レインボー  ←レインボー 【2010年02月】の更新記事一覧 →贈り物  贈り物
 

~ Comment ~

No title

人と比べることはいいことも悪いこともあるけれど。
自分より悪い人もいて。
でも自分よりいいひとは もっともっといっぱいいて。
そんな人たちのように、
少しでも 人として心ある人 に成長していきたいです。
おはるちゃん、本当にほんとに良かったね。

凹んでいる時は、思いっきり泣いて。。。
そうすると意外と心が軽くなっていたりします。
泣くだけ泣いて泣きつかれたら、よし、前に進もうって思えます。
涙って不思議ですね。
悲しい時も、嬉しい時も出るんですもの。
もうすぐ春。
マールくんやセーラちゃんと一緒に
ウキウキと足取り軽くお散歩できる季節が早く来るといいですね。
うまく言えないのですけれど・・・
シェイドさんの心が少しでも早く
春のように朗らかになりますように。。。
でも、決して無理はしないでくださいね。
心のままに。
伝えたいこと、うまく言えなくて・・・・
ほんとに情けなくなっちゃうのですが。。
どうぞご自愛くださいね。

No title

うーん..何にも言えません。言う必要もないかな..
癌になったからって捨てられたラブの話もこの前聞きました。
治療もお金が相当かかるし大変だと思う...するしないの問題じゃなく最後まで看取るのが人として最低限な事じゃないかって
思うけど...

ワンコも元気ですね..
シェイドさんも元気出してね!!

No title

いろいろ悩んで解決しないことも多いでしょうが、
それでも、今、なんとか頑張ってください。
今の辛い思い出もまた、捨てたくない大事なものになりますよ。

僕なんか、シェイドさん見てて 「なんだ、いいじゃん、楽しそうで」 そんな感じでしょうか(笑)
辛いこともシッテルけどね。僕にだって悩みはあるのよ^^
「神は乗り越えられない試練は与えない」サクランボちゃんの18番ですが、そのとおりかと思うね。

No title

おはるちゃんのたった一人のかぁちゃんより。
この言葉で溢れ出た涙が一気に流れ出ました。

涙ってこうして出てくるんですね。
裏切られても尚人を憎まず。
動物ってどうしてこんなにも健気で愛おしいんでしょう。

おはるちゃんの記憶の宝箱に溢れんばかりの宝物を抱えて
おはるちゃんは旅立ったのですね。
温かい涙が止まりません。

シェイドさん、
立ち止まってもいいよ。次は少しづつ、前へ進もう^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はるちゃんの第二の犬生は充実して笑いと優しさに溢れていたんですね。
病気持ちのシニア犬を引き取って看取れる人の優しさを思い・・・泣けました。
はるちゃんの写真の笑顔が「ワタシ幸せよ」って語ってます。
明後日がベイ君の3回忌です。
寒い日の朝静かに冷たくなっていたのが昨日の事のようです。
私は優しくなかったと・・・ずっと後悔してました。
ああもしてやれた、こうもしてやれたと・・・
でもベイは・・・そんな私を望んではいないと思う。
絶対にもう生き物は飼わないと誓って・・・
「戻ってこれるなら必ずウチに帰って来るんだよ」って焼き場で泣きながら声をかけた・・・
・・・そろそろ帰ってきても良い頃なんだけどな~
きっと出会えると思ってます。
病気も個性よ~長所でもあり短所でもある???
健康な人より病院に近いから・・・
そうそうは・・・滅多な事は無い~e-320
シェイドさん・・・お花見一緒に行きたいね~

くまくぅさんへ

こんばんは。
少なくとも、病気になってから捨てると言うのは
あまりにも酷すぎます。
おはるちゃんにとって、本当の家族と巡りあう為の時間が14年も
かかったと言う事ですね。
橋本ご夫妻の優しさに涙でした。

ペットを飼っていると必ず訪れる別れ、その時は自分の腕の中で送ってやりたいと
思います。それでも後で色々と思い悩むことになると思いますけど。。。

暖かいお言葉をありがとうございます。

2ワンと一緒にのんびり過ごしています。
今日はハウスに行き心地良く疲れてきました。
今日はぐっすり眠れると思います。(笑)

お気持ちホントにありがとうございます。

wulmさんへ

こんばんは。
今日は、肉体労働をして来たのですっかり疲れてしまいました。
心地よい疲れだと思います。(笑)

仰るとおりだと思います。

今、猟犬でも同じことが起きています。
飼うと言う事は、命に責任を持つと言う事だと思います。
当たり前の事が、当たり前に出来ない・・・そんな人は飼う資格は無いですね。

最近ご飯が足りないと、傍に来て鼻で突付きます。
痩せる気が無いようです。^^;

この子達のお陰で本当に救われます。
動物って癒しになりますね。

お陰さまで随分と楽になって来ています。ありがとうござます。


ryuさんへ

こんばんは!
私はryuさんを見ていると、お気楽でいいなと思ってます。
いずれ思い出に変るのでしょうけど、思い出したくないものもあります。
例えばryuさんのこととか。(爆)

こんな嫌な人はないなと思っています。(嘘ですよ)

まだ刀折れ、矢が尽きるところまで行ってないと思います、かな?

私とryuさんとの決定的な違いは性別です。
明けない夜は無いですね。頑張らすにがんばります。。。


ハハハ、いっぱい、いっぱいです。^^;

No title

一生懸命生きたんでしょうね・・・
優しい人に見つけられてホントに良かったです。

天に召されてしまったんですね。
でもいい人が見取ってくれて良かった・・・

一度は飼って捨ててしまうなんてどんな事情があるのかなぁ・・・

悲しいですね・・・
でも、この方に、優しい愛をたくさん貰って、たくさんの愛をあげられたんですね!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

yukoさんへ

私はおはるちゃんを読んで、”かぁちゃん”の言葉でブラッキー君を
yukoさんを思いました。こんなにも愛されて、本当の家族に出会うために、14年の
歳月が必要だったのではと。
ブラッキー君、ウイリー君がこんなに愛され、また彼たちからいっぱいの愛情を
貰っていると仰っていることに、何時も心が満たされています。

大切な家族を亡くされた方にとっては、思いは何時も同じ。
送った子を思って、泣きました。。。

> 裏切られても尚人を憎まず。
> 動物ってどうしてこんなにも健気で愛おしいんでしょう。

私もそうお思います。

> 立ち止まってもいいよ。次は少しづつ、前へ進もう^^

ありがとうございます。(涙)

鍵コメさんへ

14歳の春ですね。
本当の家族に会うために、14年もの時間が必要だったんですね。
じーっと見つめるおはるちゃんの眼差しが痛い!
幸せな時間を過ごす音が出来て本当に良かったです。^^

後でご連絡させていただきます。

アマゾネスさんへ

マールを見たとき、絶対この子は売れない!と思いました。
それから気になって、気になって・・・うちにつれてきました。
あと少し遅かったら、マールはこの世にいなかった。

ジーナが助けて、と私の変わりだ、とそういったような気がしました。
お陰で、毎日慰めてもらっています。
ベイちゃん、3回忌ですか・・・みんな、その時出来る事をしていると思います。
でもやっぱり、あれもこれもと思うんですよね。(泣)
思いっきり愛しい・・・願わくばもう一度と。。。

ベイちゃん、こんなに愛されていたんだよ、早く戻っておいでね。^^

一年の間に何度か来るものに、何時も打ちのめされます。
全然大丈夫な時の方が多くなっているのに、負けるときも。。。

もう直ぐさくらの季節ですねー。
私よりずっと大変なアマゾネスさん、何時も励ましていただいてありがとうございます。

> シェイドさん・・・お花見一緒に行きたいね~

ありがとうございます。v-421

トリエルさんへ

”捨てる神あれば拾う神あり”ってこんな時に使ってはいけませんね。
こんな酷い事になって捨てるなんていったいどんな気持ちなんでしょうね。
怒りがこみ上げて来ます。

こんなに愛されて旅立つ事が出来た事、本当に良かったと思います。
怖い思いをしたことは、これで帳消しになったと思います。
幸せな犬生だったと。。。

病気になるとお金がかかるし、世話も大変になってきます。
そのどちらも嫌だったのでしょうね。
それだったら、飼わなきゃいいのに。。。

そんな人には、天罰が下れと祈ります。

鍵コメさんへ

大変な思いをされたんですね。(ーー;
辛い事を思い出させてしまい、申し訳ありません。

お姿を、拝見する限り、そんなご様子にはみえませんでした。
私も見習います。

いつもありがとうございます。
ご無理をなさいませんように。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

声も無く、ただただ涙が……。

ほんとうに、
「ありがとう」
ですね。

 これ以上、
何と言っていいのか、
言葉を失います。

 (祖母ラン・孫娘ボニーが一緒に、
今もボクの傍らで寝息を……。)

鍵コメさんへ

ご心配戴いてありがとうございます。
すっかりとは言えませんが、大丈夫です。

経験者の言葉って、重みがありますね。
犬飼いとして、ズンズンと心の中に入り込んできました。
ペットだけではなく、みんなの心の中にあるものなんですね。



デザート・ムーンさんへ

我と我が身に当て嵌めてしまいますね。
この方が全てを代弁してくださいました。

何時も傍にいてくれた、それだけが嬉しいんですよね。

ランちゃんもボニーちゃんも、何時までも元気にいてもらわなくちゃ。
特にランちゃんは、シェルティの鑑です。

ランちゃんの為に、春よ来い、はーやく来い!ですね。


  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。