スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
暇つぶし  ←暇つぶし 【--年--月】の更新記事一覧 →温暖化?  温暖化?
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ワンコとの生活

ワンコとの生活

昨日(17日)久し振りに、「ダッシュ村」を見ました。
TOKIOのメンバーが農業指導者、苗字は忘れましたがアキオさんに、ついて色々な野菜やお米をつくり
それにともない、古材を使い家を建てたり、かまどを作って、昔の日本の家屋を、作っています。
毎週日曜日の午後7時からの放送です。

ご存知の方も多いと思いますが、昨日はワンコ特集のようでした。

山口達也君がアメリカに渡り、数年前にも行っていますが「プリズン・ドッグ」
犯罪者がセンターに持ち込まれた犬達の面倒を見て、時間を掛けて躾をし、公募して里親を見つけると
いうものです。其処に来る犬達は、酷い環境におかれ、人を信じる事が出来なくなった犬、殺処分に
持ち込まれた犬など、訳ありの犬達が連れてこられるのです。

また誰でも、犬の面倒を見られるのかというと、そうでもありません。
資格は難しい物なのです。こうして犬と関わった者は、二度と犯罪を犯して戻ってくる者はいないそうです。


『プリズン・ドッグ』

プリズンは英語で「刑務所」のことです。

罪を犯した人が罪を反省して社会に戻るために自分を見つめなおして過ごす場所です。
プリズンドッグはアメリカなどにいて、刑務所で罪を犯した人たちに世話をしてもらい、一緒に過ごします。
犬の世話をすることによって分かることはたくさんあります。

自分以外の弱いものを大切にするということ。
きちんと世話をして、それに答えてもらったときのうれしさ。
命の大切さややさしさの本当の意味、などなどです。
犬の世話を通して、もう二度と罪を犯さずに生きていく強さや勇気を取り戻してもらうのが目的なのです。

日本でもこんな取り組みが行われる事を切に願います。。。

当日はワンコの躾など、専門家を招いて、番組は進んで行きます。

今回も、ダメ犬、デブ犬克服作戦がありました。
これが涙ぐましい努力をするんです。見習わなければ・・・あ、うちのワンコです。(涙)

「鉄腕ダッシュ」

2、3年前になるでしょうか?このプリズン・ドッグを見たのは。
山口達也君と松岡昌宏君がワンコの躾やダイエット作戦をしていくんですが、さてどうなるでしょう?

この番組の中で、是非、ご覧になって頂きたい物があります。

「プリズン・ドッグ プロジェクト」

数年前にも放送されたのですが、今回も山口君が訪問しています。

「3本足のジュンジュン」

大変な病気に罹ってしまったジュンジュン。
飼い主とペットとの関わりを、見る者にこうあるべきだ!と教えられているようにも思いました。

理由も無く放棄される犬や猫たちの多い事、彼らは何も悪くないのに・・・。
一日も早く、プリズンドッグのような試みを、1日も早い殺処分ゼロを目指して。。。




この電話台もそんなに長く持たないかな?マール眠いです。。。

齧られてボロボロ。何でも齧って、靴、スリッパ、袖口はよく噛まれました。
去年は、この時期、手術が終わって、包帯ドレスを着ていたんですよね。

ニュースタイル 一年前の事です。この頃からα症候群らしき物が出てきて困らせましたが
徐々にですが、マシになって来ています。今はたまに出るくらいでしょうか?

チッチの時も傍に来て、脇の下から頭を突っ込んで、腕を持ち上げ教えてくれます。
少しは我慢も出来るようになっています。
この子達がいるから頑張れる!

              マールとセーラ青空 全てのワンコやニャンコが幸せな日々を、過ごす事が出来ますように。。。

スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
暇つぶし  ←暇つぶし 【2010年01月】の更新記事一覧 →温暖化?  温暖化?
 

~ Comment ~

No title

おはようございます。
TOKIOっていろんなことにチャレンジしていますよね。
ず~っと前に農家で自給自足で暮らしいてるのを見ました。
最近全然めていませんが・・・・

動物を大事にする心は人を助けるんですね。
動物を飼っている人に悪い人は居ないと思える世の中だと良いのだけど・・・・

↓面白いですね。目の錯覚。最後の三色のがとても不思議。立体形が実はこうというのは何となく納得できるのだけど・・・色のはなんか不思議(^^;)

人とのお付き合いもちょっと見方を変えれば嫌いな人も好きになるかも知れないですね。

No title

僕も見てたよーーグレートデンをおそった骨肉腫の話・・

エルビス・プレスリの曲に「アメリカの祈り」という名曲があってね。
こんな歌詞なのよ。
幼い赤ちゃん、泣くのはおやめ
父さんは死んでいくのだから
でも主よ、これでやっと試練が終わる

ハレルヤ、栄光あれ
主の真実がやってきた

ひともワンコもいきゆくサマをシミジミと感じるね。

No title

鉄腕ダッシュはこの地区ではオンタイムで見れないんです・・・
再放送をたま~に見ますが、プリズンドッグの話は見てました。
若い囚人が「全面的な信頼に(ワンコの)応えられる人間になりたい」
・・・的なやりとりがあって、とても心惹かれました。
再犯防止にも役立つって事ですから日本でも是非やって欲しいですね。
無駄な命なんてないんだから。
ジュンジュンの話は・・・やめとこ~e-263

トリエルさんへ

こんばんは!

うちの家族はこの「鉄腕ダッシュ」が大好きです。
見ながらテレビ局のお金でこんな事が出来て、しかも出演料ももらえて
羨ましい!!と、話しています。(笑)

見ながら、こんな風になっているんだと、勉強にもなります。
昔の人の知恵をしっかり見させてもらっています。


> 動物を大事にする心は人を助けるんですね。
> 動物を飼っている人に悪い人は居ないと思える世の中だと良いのだけど・・・・

残念ですが、そうで無い人もいますね。
何の罪も無い動物達を入らないから、厭きたからという理由で愛護センターに
持ち込む人もいますので。1日も早く殺処分の無い日が来る事を願っています。


> ↓面白いですね。目の錯覚。最後の三色のがとても不思議。立体形が実はこうというのは何となく納得できるのだけど・・・色のはなんか不思議(^^;)


そうですよねー。見ているとなるほど!と思うのですが、本当に不思議です。

> 人とのお付き合いもちょっと見方を変えれば嫌いな人も好きになるかも知れないですね。

これが一番難しいですね。
私が1つ思うことは、自分を分かってもらうより、相手を理解するように、
努力をする事。これが一番簡単です。
それでも理解不能という人もいますけど。^^;


ryuさんへ

こんばんは。

ご覧になってたんですね。
ご家族の優しさを思って、涙がでました。

犬によって、それぞれ罹る病があるようです。
それでも犬を飼いたいですよね。
ワンコの病気の事はどこのワンコのことでも辛くなります。。。


> ひともワンコもいきゆくサマをシミジミと感じるね。

そうですね。何も無い事が一番良いんですけど・・・。

アマゾネスさんへ

こんばんは~♪

所によって放送時間がかわるんですね。

> 鉄腕ダッシュはこの地区ではオンタイムで見れないんです・・・
> 再放送をたま~に見ますが、プリズンドッグの話は見てました。
> 若い囚人が「全面的な信頼に(ワンコの)応えられる人間になりたい」
> ・・・的なやりとりがあって、とても心惹かれました。

前にこの番組ではないのですが、黒人の青年が犬を通して、本人も成長するんですが、
番組で、その子が、訓練した犬が里親を見つけることが出来なくなって、最後に1人
その子の飼い主に名乗り出たのは、育てた本人でした。
人が嫌がる仕事でも嫌な顔1つせず、一生懸命働いて、その子を引き取りたいという
思いで頑張って、自分も犬が飼えるととても喜んでいました。

犬もとっても喜んでいました。

> 再犯防止にも役立つって事ですから日本でも是非やって欲しいですね。
> 無駄な命なんてないんだから。

ですよね。特に日本の若者には、必要な事だと思います。
温もりと、命の尊さを知って欲しいしです。

> ジュンジュンの話は・・・やめとこ~e-263

辛い話でした。でも、とても救われる話でもありました。泣きましたが。。。

No title

こんばんは☆
鉄腕ダッシュは見てないのですけど、昨日、ビートたけしの番組でもペットの特集をやってました。
法律の問題ももちろんあるかと思いますけど、非常識にペットを購入して、捨ててしまうような飼い主の多い事にもびっくりします。。こうやって、番組やニュースで取り上げられるのはいいことですね。

まよまよさんへ

こんばんは!
そうなんですよ。見逃してしまいました。
また探してみようと思います。

見た目だけで、可愛いからと買って、大きくなって可愛くないとセンターに
持ち込む。犬も猫も病気にも罹ります。
ご飯もおやつも食べます。ワクチンやフィラリアなどにも、お金がかかります。
散歩にも行かなければなりません。後々の事も考えてから、飼って欲しいです。

簡単に捨てる事が出来るのにも、驚きですが。。。
人のモラルも低下したものです。

プリズン・ドッグ良い方法だと思います。

>こうやって、番組やニュースで取り上げられるのはいいことですね。

私もそう思います。彼らにだって生きる権利はあるのですから。

見ましたよ。^^

確か日本でも真似して 犬の世話をさせようという案が出てましたよね?
ただ保健所に持ち込まれた犬ではなくて「盲導犬の候補犬」・・・って話でしたが。
なんだかそれを聞いてちょっとがっかりしましたけど。

いや、別に盲導犬を否定している訳ではないのですが・・・。
日本の盲導犬は、まだまだ負担が多すぎるような気がしてならないんです。
なんで犬にそこまで完璧を求めるのでしょう?
ま、人間のため・・・に他ならないのでしょう。
でもその犬のために日本がどこまで親身になってますか?って問いたくなるんです。
(もちろん訓練士さんやパピーウォーカーのご家族など関係者の方の努力には頭が下がる思いです。)

元々 盲導犬は飼い犬だったと聞いた覚えがあります。
犬と暮らすのが当たり前の生活の中で、犬が飼い主のことを思い
自然とそうするようになったと。

日本でも生活の中に犬がいることが当たり前になるような、そんな社会になること願います。


なんか堅い話になりましたね。^^;
ちなみに聴導犬の候補犬は保健所から引き取ってくるそうです。




こんにちわ~

「プリズン・ドッグ」なるほど・・・そんな素敵なシステムがあるんですね。
動物にふれあい、育てる気持ちの中には「愛」が生まれますもの。
とっても良いシステムですね。

動物の持つ力に、今更に驚きます。^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

tenkoさんへ

こんばんはー、ご無沙汰してます。^^;

> 確か日本でも真似して 犬の世話をさせようという案が出てましたよね?
> ただ保健所に持ち込まれた犬ではなくて「盲導犬の候補犬」・・・って話でしたが。
> なんだかそれを聞いてちょっとがっかりしましたけど。

それって分かります。何故先にやれることをしないのでしょう?
盲導犬ならば、前々からあるのですから、1番に出来る事と思いますが。
大きな金額を掛けて、殺処分するなら、青少年の育成に利用できるなら、試してみても
良いと思うのですが。。。

昨年でしたっけ?
日本で盲導犬を初めて訓練した人の話。
沢山の関係者がその人を讃えて、日本中から集まったパーティの模様を
放映していました。勿論、ドラマもありました。

家庭犬が飼い主の為に盲導犬の訓練を受けて、盲導犬になりました。
飼い主も、犬の為に止めてくれと懇願するシーンもあったように思います。
でも彼(訓練者)は続けた。その結果立派な盲導犬になり、飼い主の手足となりました。

彼らの嗅覚を利用して、訓練を重ね、盲導犬、聴導犬、ガン検知犬、麻薬探知犬、等々。
私はある意味これは虐待であるかもしれないと思っています。
犬は喜んでやっているのでしょうか?

人の役に立つから!これこそが驕りだと思うのですが・・・。
携わっている方の努力、犬を受け取られた方の喜びを思うとき、危惧であることを
願っています。彼らの結びつきは、感謝と喜びに溢れている物と思うからです。

> いや、別に盲導犬を否定している訳ではないのですが・・・。
> 日本の盲導犬は、まだまだ負担が多すぎるような気がしてならないんです。
> なんで犬にそこまで完璧を求めるのでしょう?
> ま、人間のため・・・に他ならないのでしょう。

tenkoさんが仰るのはよ~く分かります。
> でもその犬のために日本がどこまで親身になってますか?って問いたくなるんです。
> (もちろん訓練士さんやパピーウォーカーのご家族など関係者の方の努力には頭が下がる思いです。)

それは私も同感です!

> 日本でも生活の中に犬がいることが当たり前になるような、そんな社会になること願います。

飼う人のモラルが、1番問題になりますね。
なんらの資格が必要になるかもしれません。

> なんか堅い話になりましたね。^^;
> ちなみに聴導犬の候補犬は保健所から引き取ってくるそうです。

はい、それは知っていました。
うちのマールは聴導犬としてはきっと優秀だと思います。
知らないものには、警戒するし、音にはとっても敏感です。←怖がりとも言う。v-388

マダムさんへ

こんばんは~☆
お互い動物ネタになっていますね。v-410

良いシステムだと思いませんか?
動物はひたすら向き合ってくれます。
そうなると少年達は、ほっとけないと思うんです。

政府はこんな事にお金を使うべきです。
殺処分に税金を使うのではなく、これなら一石二鳥です!

> 動物の持つ力に、今更に驚きます。^^

私もそう思います。^^

鍵コメさんへ

こんばんは☆

ジュンジュン君、気の毒でした。
ご家族が親身になってお世話していらっしゃったのが心に残ります。
病に罹ると、本当に辛いです。
大変でしたね。

うちのマールも1歳前に大きな手術をしました。
今でもその為に病院へ定期検査に行きます。
病気は嫌な物です。


良かったら、たまに覘いて楽しんでくださいませ。


No title

あっこれちょっとだけ見ました...
グレートデンでしたっけ??でもなんか最後まで見られなかった
シェイドさんがいつも言われるように犬は死ぬなんて
考えない..生きる....
飼い主さんの愛情も素晴らしくて..
もう少し見ただけで泣けちゃうのです。
現実から眼を背けるなって友人には言われますが...
背けてる訳じゃあないんですけど..

wulmさんへ

こんばんは~☆
wulさんは優しいから、感情移入せずによいしょっと、横に置いといて、
ゆっくり見ましょう。ただ淡々と。そう言いながら、私も涙でした。

どうしてもね、自分と送った者を重ねてしまうんですよね。
この飼い主さんも、wulmさんのようでした。

wulmさんは優しいから・・・

何時も傍に居る者がいないと・・・わかります。。。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。