スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
日々の事  ←日々の事 【--年--月】の更新記事一覧 →雑多に  雑多に
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

誰もみたことのない彼に逢える。

誰もみたことのない彼に逢える。

「マイケル・ジャクソン、THIS IS IT」

「THIS IS IT」

”誰もみたことのない彼に逢える。とのキャッチフレーズで
世界同時公開となりました。

彼が生きていたら、もっと、もっとたくさんの音楽とダンスを楽しませてくれたに
ちがいありません。世界中で2週間限定での公開。
日本では4日間であの「崖の上のポニョ」を抜いてのダントツ1位!

普通ポニョと比べるかな?

日本からただ1人”プラチナチケットの招待状”が届いた、スマップの仲居君。
この際、何故?とか何で?とか、もっとほかの人でもとか、そんな事はどうでもいいんです。
この国からも招かれていたと言う事が嬉しいじゃないですか?!
きっと彼だと当たり障りが無かったのかも。。。ごめんなさい。

世界中の人たちが待ち焦がれていた映画。
世界に向けて、配信された「新曲」がポール・アンカとの共作だったことがわかり、
ポール・アンカ側からクレームがついて、和解したと発表されました。

「新曲は共作だった」 CNN.co.jp様より

"I Never Heard"  サファイアが歌っています。
聞き比べてみてください。

「THIS IS IT」 マイケル・ジャクソン

ポール・アンカに、売り上げの半分を渡す事で、話がついたようです。
マイケル


この映画が好評なため、もっとマイケルを知って欲しい その願いが聞き入れられ、
更に2週間延長されています。
彼の人となりを知るには良いチャンスかも知れません。
この夏に行われるはずだったロンドン公演。
このコンサートの為のリハーサルが収められているのですが、彼に関する記事を見ても絶賛の嵐!

私も見に行きたいのですがどうなる事やら・・・。
世界中で彼への拍手は鳴り止みません。最高の賛辞を!!
最高のエンターティナー、最高のミュージシャン!
彼は唯一無二です。 

(見てないのに・・・^^;)

THIS IS IT  マイケルジャクソン

これは 本物だ 今 僕は、誰よりも光り 輝き 気分は最高
今 感じてる この愛 はっきりとわかるさ 本物だって
何千回も君の顔を見つめて来たような気がする
君も僕を知っていると言った・・身を任せる 風を選んだというけれど
結局 風任せにすることにしたんだね
君の噂など 聞いたことも無かったのに 恋におちるつもりなんて
さらさら 無かった 君の恋人になるとは 思いもしなかった 
お願いだ 分かってくれ まぎれもない愛 僕には 分かる
僕は君の光だ 僕しかいない 僕たちなら 出来る
これは 本物だ 恋におちるたび 感じるんだよ
君のこと 千年も前から 知っていたような気がする
君も僕の顔を見たことがるという。もう逢いたくないと君は
言うけれど何度 言われても僕は 一緒に いたいんだ 

君の噂など 聞いたことも無かったのに 恋におちるつもりなんて
さらさら 無かった 君の恋人になるとは 思いもしなかった 
お願いだ 分かってくれ これは、本物だ 胸の奥で 感じる
僕は誰よりも光り輝いている これは真実の愛
僕の歌を一緒に歌おう お願いだから 耳を傾けておくれ
感じた事のない瞬間を。


世界中が彼に大きな賛辞を送っています。
映画が終わった後に大きな拍手が起こっているそうです。

スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
日々の事  ←日々の事 【2009年11月】の更新記事一覧 →雑多に  雑多に
 

~ Comment ~

Re: 誰もみたことのない彼に逢える。

マイケルだ~♪
私は、TDLの「キャプテンEO」を見たい。^^
おまけでもいいから、放映してくれたら、行っちゃうけどな~
本当のファンではないのかもしれませんが、あの頃のマイケルが大好きだわ!

未だ現実感が無いのですが、スターは映像の中で生きているからこそ、スターなのかもしれませんね。

Re: 誰もみたことのない彼に逢える。

何故か昨日映画館が1000円だったので私も既に二度見てしまいました。
いつも空いている近くの映画館の行列を初めて見ました。

2週間延長されたんですか??
じゃぁ、そんなに慌てなくてもいいかなぁ・・・
映画館の会員になって一度ただになるので、もう一度見ようかと思ったりして・・・(^^ゞ

ホントにステキでした。
本当のステージは、もっともっと素晴らしいんでしょうね。
ファンの歓声と彼自身がもっと高揚して・・・
泣き叫ぶファンの気持ち、初めて見た時は全く理解できませんでしたが
今では少し判るような気がしました。

でも彼が亡くならなかったら私はそれを知らなかったかも知れません・・・・

マダムさんへ

TDLのマイケルのことも書かれているものもありました。
彼はその時々で、時代を先取りしていたのかも知れません。
多分アメリカのDLでは、彼へのトリビュートとして再設置されるかもと
言う記事が出ていました。
カリフォルニアまでは遠い?

もしかしたらTDLでも、設置されるかもと言う感じで書かれていました。
後はファンの勢い次第と言うところでしょうか?

映画はかなり評判が良いようです。
見にいけませんが、誰か一緒に行ってくれるなら行きたいです。

亡くなってもスクリーンで、画面の向こうで、歌って踊る姿が見れると言う事は
現実感は薄れるかもしれませんね。
でもこれで新しい物は見ることは出来ませんが。。。

やっぱり彼は凄いです!

トリエルさんへ

こんにちは~☆

> 何故か昨日映画館が1000円だったので私も既に二度見てしまいました。
> いつも空いている近くの映画館の行列を初めて見ました。

凄いですね!もう二度も見ているんですか!羨ましいです。
妹に行こうと誘っているんですけど・・・都合がつかなくて。。。

> 2週間延長されたんですか??
> じゃぁ、そんなに慌てなくてもいいかなぁ・・・
> 映画館の会員になって一度ただになるので、もう一度見ようかと思ったりして・・・(^^ゞ

チャンスがあれば見てください。
私も延長されたようなので、もう一度妹に話してみようと思っています。^^

> ホントにステキでした。
> 本当のステージは、もっともっと素晴らしいんでしょうね。
> ファンの歓声と彼自身がもっと高揚して・・・
> 泣き叫ぶファンの気持ち、初めて見た時は全く理解できませんでしたが
> 今では少し判るような気がしました。
>
> でも彼が亡くならなかったら私はそれを知らなかったかも知れません・・・・

その時は、それぞれが同じところにいても、興味が別のところにあれば、知ることは
無理だと思います。私は音楽は雑食ですから、流行り物は一応聞きます。
深く知るか、浅く知るかは、その範疇にあるか、ないかだと思います。

今そのときが来たんだと思います。
今だからこそ、なのかもしれません。
やっぱり彼は凄いですよ。
父親が彼にもっと優しかったら、彼はこんなに愛に飢えなかったと思います。
だから愛の人に成ったのかもしれません。と思います。^^;

Re: 誰もみたことのない彼に逢える。

マイケルにとって、2008年のネバーランド売却は、結果的に生きる糧をなくすことになってしまったんじゃないかな。
2009年7月、あと1週間ちょっと目前に予定していたロンドン公演。リハーサルを繰り返すだけ、抜け殻になっていく自分が見えすぎてしまったような気がするね。

エルビスも拒食症から、薬物依存になったし・・・
公式には死因は不明ということになっていますが、マイケルもエルビスも輝いてた自分と、現実の自分を見つめたとき、自殺という手段をとったのではないかと・・思っています。
つまり、ふたりとも鬱状態だったのでは・・・

だから、この映画を見るのは、辛いねー

Re: 誰もみたことのない彼に逢える。

こんばんは☆
マイケルさん♪ホントに素晴らしい音楽とダンスを作られましたね。
画像からbeatが刻まれてきそうです。

Re: 誰もみたことのない彼に逢える。

マイケルは優しすぎたのでしょうね。
ショー・ビジネス向きではなかったのでは・・・と思っています。
君は独りぼっちじゃないよ(You Are Not Alone)
http://www.youtube.com/watch?v=zZc6VZmbkJU

名曲です。聴いてみてね♪ 本当は、ベンのテーマも聴いてほしいね
映画 「ベン」のテーマ
http://www.youtube.com/watch?v=g40WCBaUXR4

Re: 誰もみたことのない彼に逢える。

特に音楽が好きではなくても
昔から彼の存在は当たり前のように知っていて。。。
今、改めて見るとほんとにすごい人だったんだなと思います。
ダンスも歌も・・・何年も前のものも今見ても全然古臭くないから
それが彼の才能すべてを物語っていると思います。
ファンではなかったのに
とても大きな喪失感を覚えてしまう。。。
今更ながらに彼の偉大さを知りました。

もっともっと、地上で輝いて欲しかったですね。

ryuさんへ

こんばんは!
これで3回目です。
なぜか消えてしまって、同じ事は書けませんし、疲れました。v-436

この映画は芸術だと思います。
良かったらぜひ見に行ってくださいませ。

あまり好きじゃなかったという人から、感動しました!とか
興味もなかったけど、見に行ったら凄すぎ!!とか色々と賞賛の声が
あがっています。

> だから、この映画を見るのは、辛いねー

きっと見れば好きになると、思います。^^v-265

Remさんへ

こんばんは!

> マイケルさん♪ホントに素晴らしい音楽とダンスを作られましたね。
> 画像からbeatが刻まれてきそうです。

ホントですね。v-410
v-516v-517e-289常に新しい物を作り上げて楽しませてくれました。
もっと、たくさん見せて、聞かせて欲しかったです。

ryuさんへ

優しいのはわかりますが、彼はショーを作り上げる人で、人を楽しませる術を
知っていました。ビジネスの面では疎かったのかも知れませんね。
回りも彼を助ける人ばかりでは、なかったようですし、父親がその最たる者でしたから。

私の過去記事の中に彼のビデオクリップがあります。
その中に二曲ともあります。
改めて聞くとやっぱりいいです。好きですから・・・。

年齢的にもダンスは大変です。でも作曲は出来ます。
生きていたらこれから先、どんな曲を聴かせてくれたでしょう。
そう思うと切ないですね。。。


> マイケルは優しすぎたのでしょうね。
> ショー・ビジネス向きではなかったのでは・・・と思っています。
> 君は独りぼっちじゃないよ(You Are Not Alone)
> http://www.youtube.com/watch?v=zZc6VZmbkJU
>
> 名曲です。聴いてみてね♪ 本当は、ベンのテーマも聴いてほしいね
> 映画 「ベン」のテーマ
> http://www.youtube.com/watch?v=g40WCBaUXR4

Re: 誰もみたことのない彼に逢える。

マイケルも、まもなくみなさんの記憶からも、消えてしまうでしょう。
だから、あえてもう一度、言いたいね。
彼は、純粋すぎるがゆえ・・・優しすぎるがゆえに・・亡くなったと・・
最後に、個人的に彼の代表作は、スリラーではなく、幼少の頃、天才少年といわれた「ベン」のテーマ 曲だと思っています。
彼の後のどの曲よりも、彼の純粋さが出ていて素晴らしいね。
この曲は、世代を超えて、アメリカン・ポップスのエバー・グリーンとして愛されるでしょう。
詩の内容も心に染みるしね。

くまくぅさんへ

前略です。

元々、別にファンてわけでもなかったけど、せっかくだしのノリで、
映画の日ってこともあり観にいったわけだけど‥

‥コレが。
‥まず。

‥泣けた。
‥冒頭から。

マイケルごめん。もっと優しくしてやりゃよかったとつくづく反省したょ。
人類にとって惜しい人を失ったとさえ、思っちゃったね。マジ。
たぶん、また観に行くと思う。

これはあるトピで発言されていたんですが、こんな風に思っていらっしゃる方が
多いように思います。ちょっと大袈裟かもしれませんが・・・。

人それぞれで好き嫌いはあると思います。
くまくぅさんも仰るように、

> ダンスも歌も・・・何年も前のものも今見ても全然古臭くないから
> それが彼の才能すべてを物語っていると思います。

この言葉に尽きると思います。

> ファンではなかったのに
> とても大きな喪失感を覚えてしまう。。。
> 今更ながらに彼の偉大さを知りました。

> もっともっと、地上で輝いて欲しかったですね。

私もそのとおりだと思います。
もっといい音楽を聴かせて貰いたかったです。

Re: 誰もみたことのない彼に逢える。

こんばんは。

私もチャンスがあったら観に行かなきゃ!
あ~でも無理かなぁ~

「誰もみたことない彼に逢える。」
なら、やっぱ観たいかな!

亡くなってしまってからの方がとても気になる存在に変わりましたよ。

ryuさんへ

こんばんは!

で、ryuさんは、マイケルはお好きですか?

マイケルはとっても才能のある人。
彼の育った環境が違っていたら、少しは違ったものに、なったかもしれません。
でもやはり、彼は彼だっただろうと思います。

きっと彼は急ぎすぎたんだと思います。
才能を使い、生命を懸けて、人生を駆け抜けたんだと。
優しさも、純粋さも何もかも、永遠でいる為に、美しさを残したまま
逝ってしまったんです。

鮮やかにファンの中で生き続けます。
当分の間、彼のようなエンターティナーは、現れないでしょう。

>最後に、個人的に彼の代表作は、スリラーではなく、幼少の頃、天才少年と
いわれた「ベン」のテーマ 曲だと思っています。
彼の後のどの曲よりも、彼の純粋さが出ていて素晴らしいね。

私はその時代、時代を先取りしているように思います。
私は「スリラー」が代表曲とは思っていません。
音楽にストーリー性を持たせた物であると思っています。

マイケルは語りつくせませんね。^^
それぞれのマイケルがあります。


あぢゅさんへ

こんばんは~☆

マイケルなんて興味ないけど、話のタネに見に行って来た。
こんなに凄い人間だったんだ!とか見方が変わったとか、あちこちで
書き込みされています。人気のほどがわかりますね。^^

「THIS IS IT」を見てファンになったという人もいて、結構盛り上っています。
二週間伸びたのでチャンスがあれば、ぜひ!

やっぱり彼はカッコいいです!

Re: 誰もみたことのない彼に逢える。

これで、コメント4通目ですね。
好きかと言われれば、好きだから、亡くなる前にムーン・ウォークを初披露した時の貴重な映像(「Billie Jean」)を収録したDVDも付き、2008年期間限定生産商品で、ジャケットはゾンビ仕様のスリーヴケース20Pブックレット付属と豪華仕様Thriller: 25th Anniversary Edition を購入したくらいですから・・
「スリラー」が僕にとっても一番印象深いのですが・・
でもね、これからも聴きつずけるのは、この曲だな。
やはり、ベンのテーマを、聴いていてると、複雑な気持ちになってしまいますね。この曲は、特別な曲ですよ。 ファンにとってはね・・・
歌詞も目にされることもないかと思いますので、見てください。
やはり、この曲での彼は、純粋で、優しいマイケルそのものだね♪
でも、生涯この曲の歌詞のような信頼できる人間と出逢えなかったというのが、不幸でしょうか。
そういう意味でも、マイケルの晩年を暗示した曲でもあり、涙を誘います。

ベン、僕たちはもう友達を捜さなくてもいいね
お互いに自分が求めていた人をやっと見つけたんだから。
「友達」と呼べる人がいるから、もう独りになることはないよ
ベン、よく聞いて、君にも僕という友達がいるんだ

ベン、君はいつもあちこち走り回って
誰からも必要とされてないって感じてたんだろう?
いつか振り返った時に、見たくない物を見たとしても
これだけは覚えて置いて。
君には僕という帰る場所があるんだ

僕はいつも「I(僕は)」や「me(僕の)」という言葉を使っていたけど、
これからは「us(僕たちの)」「we(僕たちは)」という表現ができるね

ベン、他の人は君を邪険に扱うけれど、
僕はそいつらの言うことなんか聞かないよ
みんな君の良さをちっとも分からないんだ。
君をきちんと見てみたら、考えが変わるだろうって思うよ
ベンみたいな友達がいれば、人の価値がちゃんと分かると思うんだ。

Re: 誰もみたことのない彼に逢える。

私も彼の派手なパフォーマンスが強くイメージされていて
楽曲を「ついで」みたいに流して聞いてたような気がします。
改めて曲だけ聴いてみたら彼の並ならぬ才能で鳥肌もんです。
時代を引っ張っていったピーターパンは
時のない国に旅立ちましたが
この彼の「置き土産」たちは愛され続けるだろうと思います。
もっと早くは・・・気付けなかったんだろうな~
きっと今だからこそ・・・って人も多いと思うわ~。

ryuさんへ

多趣味ですね。
マイケルもお好きだったんですね。

この人のこの1曲というのはありますよね。
ryuさんにとってのマイケルは「ベンのテーマ」なんですね。
私はこれというものがありません。全部でもあり、なしでもOKです。

これと言えるものは、そのときに聞いている人が、どんな状況にあったかと
いうことに尽きると思います。
だからryuさんが「ベンのテーマ」を聴いたときに、心に何かがあったのではないでしょうか?

仰るとおりだと思います。
きっとこの曲はマイケル自身の事だと思います。
本人もそう思って、書いた物だと思います。
彼は父親に「何で僕はみんなと同じように遊べないの?」と尋ねています。
父親に他の兄弟よりも冷たく扱われ、曲を作れ、と言われ常に閉鎖的でした。
「BAD」のクリップを見るともしかしてと思ったりもします。

愛の人と言われる所以もその辺りにあるのかもしれません。

アマゾネスさんへ

ねぇ、凄い人ですよね。v-218

アマゾネスさんは同年代ですものね。
彼のパフォーマンスは最高ですよね。

今我々が手にする、CDの映像が見られるのは
全部彼のお陰。当たり前のように見ていますが、これがあるのとないのでは
雲泥の差です。

彼ももう二度とステージに上がることはなくなりましたが、仰るように
たくさんの子供たちを残して行きました。
これからもたくさんの人たちに愛される事と思います。

> きっと今だからこそ・・・って人も多いと思うわ~。

そうですよね。”今だからこそ”知る人も、多くなっているのかも知れません。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

ありがとうございま~す。

懐かしいですよねー。私だけ?
若い人は知らないかもしれませんね。

いい時代だったのかもしれません。v-492



  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。