スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
マール君  ←マール君 【--年--月】の更新記事一覧 →エア・メール  エア・メール
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

改めて書いてみました。

改めて書いてみました。

少し書くことがあって、その内容に頭を痛めています。
大雑把には出来上がっていたのですが、何故かそれではないような気がして、没に。

もう少し考えて元の木阿弥になりそうな気もするし・・・。
その間にちょっと、ここには、ワンコやニャンコを飼ってらっしゃる方がきてくださいます。
また、可愛いから飼いたいと思ってらっしゃる方も、もしかしていらっしゃるかも。

そこで、きっとご存知の方も沢山いらっしゃると思うのですが、「犬の十戒」を記しておきたいと
思います。昨年ジーナが亡くなったときに、友人が携帯から贈ってくれました。
読みながら号泣しました。

最後の章の最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」
なんて言わないでほしいのです 。

だってジーナの膀胱への管の確保の為に生で縫われました。少し体は反応しました。
熱があるためにアルコールを全身にスプレーして、気化熱で熱を下げる
何度も何度も繰り返し行われました。

レントゲンを撮ります。血液検査をします。エコーを撮ります。
熱が下がりません。クーラーを入れて熱を下げますので、向こうの部屋に変わって貰えますか?
寒い時でした。何も着る物を持っていませんでした。
看護士さんがカーディガンを持ってきてくださって、こんなものしか無いけれどと、貸して頂ました。

横道にそれてしまいました。

『犬の十戒』です。(作者不詳)

1、 私の一生は10~15年くらいしかありません。
   ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
   私のことを飼う前にどうかそのことを考えて下さい。


2、 私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。


3、 私を信頼して下さい...それだけで私は幸せです。


4、 私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
   貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
   でも...私には貴方だけしかいないのです。


5、 時には私に話しかけて下さい。
   たとえ貴方の言葉そのものはわからなくても、
   私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6、 貴方が私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。
   私はそのことを決して忘れません。


7、 私を叩く前に思い出して下さい。
   私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど
   私は貴方を噛まないようにしているということを。


8、 言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に
   私がそうなる原因が何かないかと貴方自身考えてみて下さい。
   適切な食餌をあげなかったのでは?
   日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
   心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?


9、 私が年をとってもどうか世話をして下さい。
   貴方も同じように年をとるのです。


10、最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
   「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」
   なんて言わないでほしいのです 。
   貴方がそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
   そして...どうか忘れないで下さい。
   私が貴方を愛していることを。

「ハルに思うこと」 のシュナままさんが以前仰っていました。

ワンコにとっての幸せは、どれくらい長生きできたかとか、
どれくらい手厚い医療を受けたかとか、どんなにいいものを食べたかとかではなく、どんなに
愛する飼い主さんと心の通う時間が持てたかだと思います。

ワンコ達は、自分の病や寿命を知っても、決して嘆かないと思うのです。
最後の一日まで、精一杯生きようと頑張ってくれます。
愛する者との別れの悲しさにくれないと思います。
シェイドさんや家族の為最後まで頑張ってくれたことでしょう。

私がシュナままさんから頂いたコメントの一部です。
その通りだと思いました。最後の章も同じ意味合いだと思います。






虹の橋には別のお話もあります。

虹の橋のたもと <作者不明>

天国とこの世を結ぶ橋がある。

その橋は、様々な色合いから『虹の橋』と呼ばれている。
『虹の橋』の一歩手前には草地や丘、青々とした緑あふれる谷がある。
大切なペットは、死ぬとその場所へ行く。
そこにはいつも食べ物と水があり、気候はいつも暖かい春のようだ。

歳をとって、からだが弱っていたものは、ここへ来て若さを取り戻し、
からだが不自由になっていたものは、元どおりの姿になる。
そして一日中いっしょになって遊んだりしている。
橋のそばには、様子が異なるものもいる。

疲れ果て、飢え、苦しみ、誰にも愛されなかった動物たちだ。
他の動物たちが一匹また一匹と、
それぞれの特別なだれかといっしょに橋を渡っていくのを
ものほしそうに眺めている。

彼らには特別なだれかなどいない。
生きている間、そんな人間はだれひとり現れなかった。
しかし、ある日、動物たちが走ったり遊んだりしていると、
橋への道のかたわらにだれかが立っているのに気づく。
彼はそこに繰り広げられている友の再会をものほしそうに眺めている。

生ある間、彼はペットと暮らしたことがなかった。
彼は疲れ果て、飢え、苦しみ、だれにも愛されなかったのだ。
そんな彼がポツンと立っていると
愛されたことがない動物が
どうして一人ぼっちなのだろう、と近づいてくる。

すると、不思議。
愛されたことがない動物と愛されたことがない人間が
互いに近づくにつれ、奇跡が起こる。
なぜなら、彼らは一緒になるべくして生まれたからだ。
この世では決してめぐりあえなかった特別なだれかと大切なペットとして。
今、やっと『虹の橋』のたもとで彼らの魂は出会い、
痛みや悲しみは消え、友はいっしょになる。

そして、いっしょに『虹の橋』をわたり、もう二度と別れることはない。

私が今書こうとしている事は、前からお話があって、是非知って戴きたい事なんですが、読んで
欲しい人には読んでもらえないんですよね。
読んで下さるのは、何時も可愛がって大事になさっている方ばかり・・・。
でもめげません。たとえ1人の人でもいい!目に留めていただけるのなら。
そんな思いです。何時になるのでしょう。出来るだけ急がなければと思っているのですが・・・そこは
ほら、私のことですから。

あてにならないというか・・・。でも乞うご期待!!(大きく出たぞ!^^;)


おまけです。要らない?botan-up

去年の写真、牡丹です。時期外れ、デモね、赤が綺麗だったの!

スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
マール君  ←マール君 【2009年07月】の更新記事一覧 →エア・メール  エア・メール
 

~ Comment ~

No title

犬の十戒の映画を1年程前に見てきましたよ。おそらく犬を飼ってらっしゃる方は大泣きだったような気がします。一緒に行った子がワンちゃんを飼っていて、ボロボロになっていました。
ペットを「モノ」として捉えてる人もいるんですから、そんな人は理解できるまでしっかりこの十戒を読んで欲しいですね。

こーしろーさんへ

こんばんは。

私の友人は携帯からこれを贈ってくれました。ジーナの死が受け入れられなくて、苦しんでいました。
この十戒は更に涙の量を増やしましたが、ここに書いてある事は極々当たり前の事でもあるんです。

それでも涙します。号泣しました。人に飼われていた子は一人では生きて行けません。

どんな事があっても最後まで飼い続けて欲しいと思います。
家族ですものね。

お忙しいご様子ですが、無理はなさいませんように、ご自愛くださいませ。

No title

今まで、涙する事の分かっているものは見ないできました。
本当に大切な事の勉強も必要ですよね。
今ここで寝てるこの子のためにも。。。

あぢゅさんへ

おはようございます。
今日は皆既日食ですね。
そちらでは見ることが出来るのでしょうか?

こっちは曇りですが、今陽が射してきました。見れるかな?

動物のことは1つ開くとあれもこれもと出てきます。
読みながら涙するなんてそんな可愛い物ではありません。号泣します。
でも、それが1つでも、役に立ってくれると信じています。

かけがえの無い小さな命ですから、守ってあげなければと思います。
それに知識は邪魔にはなりませんもの。持ち歩けますしね。(笑)

MICKYE君もこれから暑いので大変ですけど、みんなの期待を背負わせちゃって
頑張ってもらわないと。(^0^)v

また泣けちゃいました

これを読んでからなるべく腹を立てずにブルに接しようなんて思って.....
でもついつい腹立てちゃったりして..あいつもなんで怒ってるのかなってそう言うとき
首かしげるんですよね..
あっだめだあまた泣きそうになってきた..

No title

犬の十戒も虹の橋も愛護のことも、耳を傾けてくれるのは気に止めてくれるのは
犬ねこを家族と思ってくださ方々ばかりなんだよね。
ただの番犬か物にしか思ってない人には届かないんだよね。
ってかそう接していられる心根が理解できないわ。
でもいつか伝わるといいな。と思うんだけど
うちのマンションの一塊の住人さんは、どんなに説明しても「嫌いなもんは嫌い」
この人達は自分より小さい、短い命をどう受け止めているんだろうか。
共生出来る日はいつなんだろね。

いつも読み逃げばかりですいません。
マールくんのことのほうが大変なのに、風香を気にかけてくださってありがとうございます。
抜糸まで服をきせたりお留守番には包帯グルグル巻きだからか
このジメジメ梅雨であせも作らせちゃって。
早く抜糸が終わったらニンニク風呂入れなきゃだわ^^;

wulmさんへ

そうなんですよね。読んでるときは、あー、ちゃんと考えてあげなきゃとその時は思うんですけど
喉元過ぎればの口で・・・ブル君も首を傾げていましたか。ジーナもです。

ジーナは1人っ子だったので、今のように兄弟がいたら良かったかなと思います。
ブル君と違ってフレンドリーなところって何にもありませんでした。
人が怖い、他所のワンコも怖いで、近づく事もありませんでした。
人に触られる事なんて無かったんです。

私達も悪かったんです。うちの周りは犬が怖い人ばかりだから、すぐに中に入れていたので・・・。

ブル君はみんなに愛されていて、本当に犬柄(?)が良かったんですね。
泣いたっていいんですよー。
だって大切な家族なんですもの。
残してくれた物の大きさを、改めて感じていらっしゃる事だと思いますから。

ワンコにまつわるお話を読むと、駄目なんです。直ぐに涙です。

シュナままさんへ

あらら、可哀想!
仕方が無いですよねー。勝手に抜糸なんてされたら困りますもんね。

きっと二人で頑張るんだろうなー。(苦笑)

うちの近所の方で息子さんが飼っているワンコが亡くなった時に、ホッとしたと聞いて
何も言えませんでした。毎日ご飯を遣って散歩もさせて、病気で亡くなったんですけど、
ホッとした・・・って、あんまりじゃ無いのと。

これで散歩に行かなくてもいいからって、食事の支度もしなくて済むし、あの仔の為に
バタバタしなくて済む。それを聞いて愕然としました。

ワクチンやら病院へはちゃんと連れて行ったりしていたんですけどあの子との交流は
無かったんでしょうね。
死んだあの子が可哀想になりました。

そんな人達に知って欲しいんです。小さな命の事を。
内容を思案中です。少しの間ワンコ関係が続くかもしれません。
自分にも言い聞かせなくちゃ。

フーちゃん早く良くなって欲しいですね。マールは暫くは薬でなので大丈夫だと思うことにしています。蒸し暑いし未だ梅雨明けしてませんので、ままさんもご自愛下さいね。

読み逃げ歓迎です。私も一緒ですから。(笑)

No title

おはようございます。
この間は どうもありがとうございました。
と^^;ごめんなさい^^;
まだ^^;ですが~^^;
もう少し 頑張りますね~♪
最後は~我が家で^^

本当に。。。
読んで欲しい方や 心を動かして欲しい方は^^;
気になさらないんですよね^^;

優しい気持ちが 無くなるのかなぁ。。。
自分自身が一番の世の中なのかなぁ~。。。
寂しいですね。。。
  • #3305 ウランのお母さん 
  • URL 
  • 2009.07/23 08:20 
  •  ▲EntryTop 

ボクも胸に手を当てつつ……、

我が家の高齢、三世代シェルティーSに接していこう……と、
改めて思いました。
 目覚めたら、まずワンSの排泄……の生活で、ボクの医者には
「朝晩の血圧を計って……」なんて言われますが、
高齢ワンS中心の生活では無理ですネ。
 今はオムツが取れていますが、
寒い冬には、オムツを濡らさないように、夜も数時間毎に排泄。
 床ずれなど、今後はもっと大変になることでしょうが、
改めて覚悟を決めました。 良い機会を、有難う御座います。

 マールさん、早く良くなってね~!

ウランママさんへ

年齢的に結構きついですね。私より更に上の方なので・・・。

自分の事なら、何でもできるでしょうけど、言葉が話せないというだけで、何も知らない子を散歩に連れて行くように、センターに置き去りにしていく飼い主の、気持ちが分かりません。

あまりにも高齢で、里親探しも出来ないので、最終部屋に入れられたワンコに泣きました。

身勝手すぎますよね。
そんな人には、飼う資格なんてありません!
それ以上見ることが出来ませんでした。
私も頑張りますね。

デザート・ムーンさんへ

デザート・ムーンさんはとても立派に娘さんたちのお世話をされていますもの。
なにも言う事は無いと思います。

家族のように見てくださる方は本当に頭が下がる思いです。
そうでない人に、伝えて、知って欲しいと思います。

動物も同じ命を持っているのだと。自分が歳をとるように、動物も歳を取ることを
忘れて欲しくないと思っています。

三世代シェルティsは幸せだと思います。愛情を一杯貰っているんですから。
今日は久し振りに、会えてとっても嬉しかったです。

No title

ココに来ると、ワンニャン達を大切にしている方達ばかりで・・・・頭が下がりっぱなしです。


牡丹ですか?とても綺麗な赤です!^^

マダムさんへ

マダムさんも大切にしてらっしゃいますよー。動物はしゃべる事が出来無いので、飼い主さんが
きちんと責任を負うべきなんです。

マダムさんだって、外猫さんの面倒をみてくださっていますし、ありがとうございます。
それも押し付けがましくも無く自然体で、それこそ頭が下がります。

牡丹の花です。とっても綺麗な色でしょう!!
お向かいさんの庭に咲いているんですよ。雨が降ったら早く駄目になると言って傘を着せています。
でもこの時は未だ着せていませんでした。

No title

私はワンちゃんもニャンちゃんも飼っていません。
正直・・・以前は関心なかったです。
でもブログを始めて、飼い主さん達と触れ合ってみると、家族として動物を紹介してくださいます。
シェイドさんもその一人。
その思いが伝わって、この十戒はとても心に染みます。
いつか私もワンチャンと暮らしてみたいと思うまでになりました。

シェイドさんちのワンちゃんたちの記事がとても楽しみです。

トリエルさんへ

ワ~ォ!凄い成長!!

好きな人もいれば苦手な人もいます。また興味の無い人も。
それでいいんじゃないでしょうか?無理やりに好きにならなくても。

トリエルさんが、もっと歳を取って、時間が出来て、小さなワンコをひざに抱いて、
ブラシをかけてあげる、そんな時が来たら良いですね。

温もりが愛しいと思えますよ。

こんばんは☆

あらあら。。
いつの間にかテンプレートが爽やかな夏色になって♪
素敵です!!
ワンちゃんの意思がつたわるみたいですね。
読ませていただいてなるほどと納得です※

こんばんは~♪

久し振りに可愛いテンプレを見つけたので使わせてもらっています。
ペンギンさんが色んな事をしていて、楽しませてくれます。
色が夏らしくっていいでしょう!

犬の十戒は、極当たり前の事なんですが、忘れがちです。
何時も読み直すと涙が出ます。

飼っている人が忘れないように、しっかりと心にとどめて欲しいものです。
ペットも同じ家族として、最後まで面倒を見て欲しいと願います。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。