スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

「さくら道」ネイチャーラン

「さくら道」ネイチャーラン

さくら道ネイチャーランというのがあるそうです。
太平洋と日本海を結ぶ266kmの道を、桜のトンネルで結ぼうと決意した男がいた。

3月17日火曜日に「さくら道」というスペシャル番組があるそうです。

「佐藤 良二」この人が太平洋と日本海を結び桜を植え続けた人でした。
この人をしのんでこのさくら道ネイチャーランが始まったそうです。
愛知県名古屋市から石川県金沢市までの250kmを36時間以内で駆け抜ける
ウルトラマラソン。
郡上市白鳥町観光案内

この地球の上に天の川のような
    美しい花の星座をつくりたい
       花を見る人の心が1つになって
           人々が仲よくくらせるように

                          佐藤 良二

佐藤良二さんがこの庄川桜を見て、太平洋から日本海に桜のトンネルを作ろうと考えたそうです。

光輪寺の境内にきたとき、ふと、歩みを止めた。
「境内の片隅に、幹周一丈数尺はあろうと思われる桜の古木がそびえていた。
葉はすっかり落ちていたが、それはヒガン桜に違いなかった。
私の脳裡には、この巨樹が、水を満々とたたえた青い湖底に、さみしく揺らいでいる姿が、
はっきりと見えた。
この桜を救いたいという気持(きもち)が、胸の奥のほうから湧き上がってくるのを、
私は抑えられなかった」    高崎達之助(電源開発の初代総裁)
http://www.jpower.co.jp/sakura/tokoshie/index.html 

これから桜の季節です。
このタイミングだからこそ、この「さくら道」という番組を持ってきたんでしょうね。
桜に関わる男達の思いが1つになってゆく。
それぞれの人生でそれぞの関わりが実を結ぶとき、偶然ではなく必然であったのではないかと
思わせます。

高崎達之助さんが湖底に沈む老桜を、移植しようと思い立ち、笹部新太郎さんの元を訪ねて
齢400年という古木を蘇らせ、それを見た、佐藤良二さんが桜を植え始めた。
佐藤良二さんについて

この「さくら道」で全国の有名な桜の物語を見聞きしたような気がします。
枯れてしまいそうな桜にもう一度、勢いを取り戻したいと頑張る人々の姿を見て
頭が下がる思いでした。

こうなれば17日放送の「さくら道」をどんな事があっても見なくては。
別に宣伝しているわけではありません。(笑)

何かに向けて必死で続けてゆく事は時には、白い目で見られ、家族には受け入れて貰えず、
それに没頭しているので家族の思いには、気がつかなかったのか、気づかない振りを
していたのかもしれません。
後世には、名を残したかも知れませんが、当時の家族の思いは”とんでもない事”
だったのではないでしょうか?

こうして私たちが目にする美しい桜たちの姿は、どれほどの人の犠牲の上に成り立っているのか
先人の思いを確かに受け取って、また、後世に残して行かなければ為りません。
今年は桜を見る目が、きっと違うと思います。

飲めよ、歌えよの桜ではなく、桜守の思いを見つめる事にします。
先日福岡で桜の開花が伝えられました。
そろそろ、こちらにもあがってくる事でしょう。
今年はどこも開花が早いといいます。入学式までは持たないんでしょうね。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

桜の開花早くなりましたね※
だんだん入学式よりも卒業式に近くなってきそうです。
お花見の時期も早まって年度末にバタバタとなされるところもあるみたいですね。。

すごいマラソンですね!!
距離の数字を見て驚きました。。

おはようございます♪

桜は日本人の心の奥底にあるなにかを動かすみたいですね・・・
不思議ですが、擬人化されているように・・・魔力を持っているのかもしれませんね。

又、心騒ぐ季節(一部の方の?)がやってきました(笑)
花粉症の私はヒッキーですが。^^;
17日ですか?ビデオで観ようかな~

ダイチちゃん、良かったです。嬉しくなりました!

No title

こんにちわ

さくら、三月末が見頃で入学式には既に葉桜なんて所もありますよ。
そろそろ、桜見物の散歩になりますか

残念ながら、庭のしだれ桜は枯れてしまい、惜しいことをしました。

No title

あ~、桜の季節になってしまった~という気分
待っていたんだけど、桜を待っていただけど・・・あ、ちょっと、もうちょっと待ってね(^^;)って気分。

早いですねぇ~
もうすぐ四月なんて・・・・
今週で学生さんは学年が終わりですね・・・・
桜は見に行かなくちゃですよね。
私もその番組、見られるといいなぁ!!

Remさんへ

本当にそうですね。今までは入学式と桜でしたが、これからは卒業式と桜に
なるかもしれませんね。^^;

新人さんの初仕事の場所取りも、もう新人さんでは間に合わないかもしれませんね。(笑)

色々なマラソンがありますが、このネイチャーランははじめて知りました。
明日は忘れずに見ようと思っています。

マダムさんへ

私は何かで桜の木の下には、死体が埋まっていると読んだ事があるのです。
何故かこの一文が残っていて・・・さもありなんと。

夜勤で通勤していた所に桜並木があります。
夜の闇間に浮かび上がる桜に妖艶さを感じました。通る度に、埋まっていても
おかしくないと思って通っていました。妖しい雰囲気が好きです。

騒々しいのは苦手です。^^;

花粉症の人に小さなマスク。
鼻マスクだったかな?名前。
鼻の穴にするマスクです。
美人のアナウンサーが装着して見せていました。
具合がよさそうでした。顔を半分以上も隠すマスクと違って、話も出来るし、
使い勝手がいいと話していました。
一見の価値ありですよ。v-221

だいち君の事ありがとうございます。

ウラン父さんへ

ワーッ!もったいないですねー!!しかも枝垂桜って。

桜は根が浅いので2メール以内は立ち入ったらいけないそうです。
根が浮いていますものね。

近くに桜の小山が公園になっているところがあるんですが、ここ何年も行った事がありません。

お昼にでも行ってみようかしら?
うちのワンコは車を怖がるので歩いていけません。
車で行ったら置く所もないし・・・ヤッパリ一人しか無理なようです・・・。
一人は歩くには遠いです。。。

桜、卒業式には無理でしょうね。^^;

トリエルさんへ

花粉真っ盛り!!って嫌ですね。

最近は季節だけじゃなく、いろいろなものが早く変化するように思います。
気ぜわしいというか・・・ゆとりがないような・・・。

トリエルさんは若いからまだ良いですけど、私くらいになると毎日がマラソンのように過ぎてゆきます。早過ぎ・・・昨日までは二月だったの振り向いたらもう四月なんて、そんな感じです。

明日、この番組は見逃して為るものかと、いざというときのために録画も頼んであります。(笑)

No title

e-235、一番好きな花です。
でも見ると、なぜか不思議と泣きたくなってしまうんですがe-454e-330
毎年、この季節になると
死ぬまでに何度桜に出会えるだろうと思い
桜が咲くと、また出会えた幸せでいっぱいになります。
なんだか自分でも変だと思うのですが、
こればっかりは昔からの事で、なんででしょうねe-454e-330

高崎さんと桜の特集を、以前TVで見た事があります。
こんなにも桜に心を砕いた人がいるのかと感動したのを覚えています。
桜のトンネルを作ろうとした人のこと、道徳の教科書で習った記憶がありますが。。
佐藤さんのことだったのかな??
いつか見上げるほどの桜を見たいと思っています。
それが夜桜なら最高なんですがe-446
どこかに大木、あるかなぁe-235

↓だいち君、ほんとによかった!!
お母さんに見守られながら、
新しい家族と一緒にどうか幸せにe-53

No title

サラリーマン時代の会社のグランドには、見事な桜が取り巻いていました。春に為ると、伝統の行事として、グランドで社長以下全員参加のソフト大会をした後、花見がされていました。赤旗労働旗がたなびくストライキの中、ベースアップの出来なかった初代社長が、ポケットマネーで広い会社のグランドに、一人黙々と桜の苗木を植えていたと云う話を、ストライキに参加していたと云う先輩から聞きいた事が有ります。
何故か桜には、そんなエピソードが付いて回りますね。桜には古くから、日本人の心情を映す樹精があるんでしょうね。

くまくぅさんへ

死ぬまでに、数え切れないほど出会えると思いますよ。
きっと色々な思い出見つめる事になるんでしょうね。^^

私は満開の桜を前にすると軽い目眩を覚えます。
今日理由がわかったような気がしました。人の思いを受けているんだと思いました。

くまくぅさんも人の思いを受けているのかもしれませんね。^^
この佐藤良二さんは教科書にも載っているそうです。同じ人なんでしょう。
この道の桜を一度金沢まで行ってみたいものです。マラソンは出来ませんけど・・・。

夜桜は大阪は、造幣局の通り抜けですね。沢山の種類があるんです。
屋形舟からも見ることが出来ます。

大木というか古木で神代桜があります。樹齢2000年。
山を背にして、一本だけ見事な桜を写真で見たことがあるんですけど、いつなのか
どこなのか覚えていません。その姿だけを覚えています。


だいち君の事ご心配頂いてありがとうございました。
皆様のご声援のお陰で新しい家族の元へ行く事が出来ました。
これからは寂しい思いをする事もなくなりホッとしています。
可愛がってもらっているようです。^^

アガタ・リョウさんへ

花咲か爺さんの昔から、桜には人を惑わす魅力があるんですね。
毎年花をつけるのは、どの木も同じはずなのに。

植える人も、見る人も桜に何を思うのでしょうか?
また桜の季節が巡ってきました。
どちらで花見をなさいますか?

花見にまつわる、武勇伝などお持ちになるのではないでしょうか?
お邪魔して、読ませて頂たいと思います。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。