スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

”本怖”が見たかった。。。

”本怖”が見たかった。。。

昨日、「本当にあった怖い話」を見たかったのに、見せて貰えず
途中から1人で見ることになりました。
後はそれぞれの部屋に引き取ったんです、理由は怖いから・・・。
息子はともかく、私はあなた(主人)の方が一番怖いです!あなたの思考についていけません。

怖い話は実際に体験しても、恐怖を感じるほど酷い目に遭った事はないからです。
昨年の七月の記事に体験した事を書いていますが、今日の話は怖く無いけど
同じような体験です。ある夏の噺

肺炎で長い間入院をしていました。 
退院してからも暫く通院していて、もうこれで大丈夫でしょう、後は体重が増えてきたら
言う事なしですといわれていました。
当時の体重は37キロ。今の事を思うと信じられませんけど・・・。^^;
1日六回くらい食事をさせられました。その甲斐あって42キロまでに回復しました。

だからといって体重の話ではありませんが、そんな時もあったと・・・。(笑)

暇なので車の免許を取りに行く事になりました。
今のようにオートマティックは無くマニュアルで、しかも路上教習もありませんでした。
当時学校もあったのですが、私は合宿を選びました。
そこで色々な方と知り合いました。
当時私よりも10歳くらい上の人で、学校にも満足に行ってなくて文字が読めないとの事。
トラックの助手をしていて、運転手の方がお給料も良いということで、奥さんがバーで働いて
お金がある程度貯まるとここに免許を取りに来ているという人がいました。

何だか、今思い出しても、切ないし、あの頃は未だ優しさがあったんだなーと思います。

そこはお風呂が無かったのでお風呂屋さんまで通っていました。
その帰りに、お店に寄って私以外の人は、ビールを飲んだり、お酒を飲んだりして色々な
話をしました。同じ部屋の人は、母親くらいの年齢の人でした。
ホテルの経営者で、駐車場に車を預かっても入れられないので
免許を取りに来たと話してくれました。
確かご主人は亡くなったような事を仰っていたように思います。

それに韓国人の方。しかも結構な年齢の人?思うより若かったのかもしれませんが当時は
老けて見えていました。
この方は、お金はいくら掛かっても良い、日本語を読めるようになりたいと言って
新聞やら教則本を持って「この字は、なんと読む?」と聞いてきました。(トラックの人も一緒に)
聞かれた文字にカタカナで読みを書き込んだりして過ごしました。

もうすぐ卒業という時に、台風が来ました。それで一旦家に帰ったのですが電話があり
「暫くはこちらに来ても車に乗れません。コースが流されてしまいました。
復旧次第連絡いたします。」
コースは河川敷にあって、川が増水して駄目になってしまいました。
今思うと、随分のんびりとしていたんだなと思います。

免許を取って間もない頃、用事を頼まれ和歌山まで、その人の車で出かけた帰りの出来事でした。
良いお天気で、道は混んでませんでした。対向車もなく、ゆっくりと走っていました。
普段は結構混むところで、そんな風に走る事は無いほどで、こんな時もあるんだなと
思いながら・・・。私が1人で運転していました。

突然、大きな声で名前を呼ばれて、ハンドルを思いっきり右に取られました!!
同時に鳴り響くクラクションの音!
私の目の前に大型トラックが迫っていました。回りに他の車は無く私とその大型だけ。
私の車は対向車線に入り、大型のトラックは私のいた、車線に入っていました。
クロスして対向していたんです。大声で何か言って通り過ぎて行きました。
元に戻って、暫く走って路肩に車を止めたんですが、足が震えて、しっかりハンドルを
持っていたらしく、指が離れませんでした。

私は居眠り運転をしていたんです。
家族だけが呼ぶ”あだ名”で私を呼んで、ハンドルを切ってくれたのは、母方の父
私のおじいちゃんでした。
それが無かったら正面衝突は避けられませんでした。
その瞬間に私は助けられていたのです。

危機一髪!!震えが来て恐怖が暫く離れませんでした。
それから眠くなったら運転はしないと硬く心に誓いました。
私と亡くなったおじいちゃんはほんの少しの間しか一緒に過ごした事はありません。
記憶には無いくらいです。
私が2歳くらいの時に自分の誕生日に亡くなりました。

うちの家でお葬式は出したのですが、布団に寝かされているおじいちゃんに
起きてと声を掛けても起きてくれませんでした。(これは覚えています。)
その時私は未だ小さいので(当たり前2歳です。)そのまま一緒に寝てしまったようです。
沢山の人がお焼香に訪ねてきて、その場で私が動き出したものだから、大騒動になったようです。^^;

え゛~~っ!!って。(爆笑)

こっちの方が怖い話かもしれませんね。
きっとおじいちゃんは死に損なった孫が心配で見守ってくれていたんでしょうね。
急性肺炎で1歳未満で死にかかった事もある私です。今までで、3回も。
しぶとい・・・。
憎まれっ子だから世にはばかっているのかも。ごめんね、長生きして。^^;





ネットの状態が良くなくて、一気にUPする事が出来ません。
今だったら良いかなという状態です。
未だ何もしていないので大丈夫かなと思っているんですが、ちょっと心配な状態。
でもこれだったらいけると思ってチャレンジします。

ま、そんなたいそうな事も無いのですが、冬の会談、違う、違うっ、階段、でも無い怪談です。(笑)

みんな誰かが守ってくれています。
私はある時、祖父が「もう、今までのように出来ない、ここまでがおじいちゃんの分。
変わるから気をつけるように・・・。」と夢の中で言われました。
私には普通のような出来事なんですが、回りには、一応霊感が強いという事になっています。
見たくても見ることは出来ません。私の場合は見せられるのです。

だから、意味があることなんでしょうが、それが理解できない悲しさです。

分からない事が、知らない方が良かったなんてありますから、そう言い聞かせています。
ちょっと変な私の体験でした。

また機会があったらお話します。



スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

私は見たくても見れません。

「ある夏の噺」読ませてもらいました。今回の話も。霊感のある人っているんですよね。
私は全くありません。昔、小樽の公民館のような所を借りて先行スタッフで泊まっていた時、唯一の女性スタッフが夜中に誰か布団に入ってきたと朝食の時に言いました。彼女の部屋は内側から落し金をする鍵のタイプで外からは開きません。そこで次の夜、私と霊感のあるスタッフ、霊感の強いコーディネイターの3人でその部屋に寝てみる事に。一度見てみたいと思ったのですが何事も起こらず朝までぐっすり寝込みました。「なんともないよ」とみんなに言うと、他の二人が顔を見合わせて言いました。「来たよ、60くらいのおじいさん。3人の布団のまわりをずっとあるいていたじゃないか」って。うっそ~、ってなもんです。私はなにも感じずに朝までぐっすりと寝てました。見えないものにはこういうことになるんです。聞いた後はぞくっとしました。しかし、その後も何ともなく北海道の仕事は終わりました。
見たくても見れませんが、見えない方が幸せだと思います。シェイドさんのような体験したら次の夜から寝れなくなってしまいそうですから。女性スタッフには人の後ろの守護神が見えるんですってこがいます。ただ、それは人を見て話します。でないとパニックになる人がいますからって言うこです。恐いので、実は自分の事は聞けません。どうやらご先祖様らしいんですが・・・

No title

ウラン父さん同様、「ある夏の噺」を読ませて貰いました。霊感のある人って、女性が多いですよね。・・・当てずっぽうですが。ある時、二階の階段から後ろ向きで落下した女房の話を聞きました。気絶していたとの事でしたが、全く不思議と打撲傷だけで済んだとの事。そんな話を霊感の強い人に話した処、会った事も無い私の親父が守護霊として、女房に付いているとの事。男の私は、ほーと聞いているだけでした。親父は、私が5歳の時に他界しました。

霊感・・無いです・・

こんにちはぁ~。

霊感がおありなんですね。
私は・・ウンン~随分・・前に一度だけ会いましたよ。
おじいちゃんに!
それ位かな・・・

今・・伊勢神宮のパワースポットなんてのが・・流行らしく・・みんなでバス旅行がありますが・・・
どうなんでしょうね・・・

こんにちは~

居眠り運転危なかったですねえ~
残念ながら僕はまだそう言う霊的な体験は
ありません・・というか有っても気付いていないのかもしれませんね(汗)
信じるとか信じないとかは人それぞれだけど・・割と信じてる方なんですよ。
人間の存在なんてこの宇宙のなかでは微々たるものですもんね・・

No title

こんばんわ。
小さい石がいっぱい。。ってお話ですよね。
覚えてますよ~e-444
自身、霊感はまったくないと思ってますが、
何かに守られているような気はします。

結婚してから、相方さんには
今まで守っていてくれたものの力が弱まってくるはずだから、
今までのようにはいかないんだから気をつけてね、
と、よく言われます☆
籍が変わったからといって繋がりが薄くなるなら、寂しいなぁと思うけど
そういうものかなぁとも思ったり。。
結婚してからまだ1度も帰省してなくて、その間ずっと
お墓参りしたいなぁと引っかかっているので
今年こそは行きたいと思ってます。
やっぱり何かしらご先祖様の守護を受けている気がするので・・・

ウラン父さんへ

割と普通なので、気が着いていないだけかもしれませんよ。
本当に普段と変わらない人の方が多いです。
テレビや映画で見れるような事は、私の場合はありません。

悪い事をするものと、何もしないものは全然違うと思います。
先ず、恐怖を抱かしたりしませんから。恐怖心を抱くものは駄目という基準です。(笑)

誰しも守られていると思うんです。意識するか、しないかは別問題で。
でもわざと心霊スポットには近づかない方が良いと思います。^^;
その時に波長があったら、目も当てられませんから。
君子は危うきには近寄ってはいけません。

アガタ・リョウさんへ

霊感なんでしょうか?
自分が知らないうちに誰かが守ってくれているんですよね。

奥様の事は、それだけ結びつきが強いという事になるんだと思います。
お父様のご加護のおかげですね。
奥様はきっと、仏様の望んだ方だったのでしょう。
”大事な息子”の為に守って下さったんですね。

ウランママさんへ

自分では無いと思っていても結構あったりしているものですよ。
おじいちゃんはきっと気になさっていたんでしょうね。

守護霊ってご先祖様が多いといいますから。私はずっとおじいちゃんを感じていました。
また機会があれば書かせていただきます。
たくさんあるんです。^^;

伊勢神宮のパワースポットツアーですか?そんなものがあるんですね。知りませんでした。

パワーを貰えるなら行ってみたいです。心霊スポットではなかったら良いと思うので。
厄払いが出来るでしょうか?

旅行会社も、色々と考えるんですね。

wulmさんへ

そうですよね。案外気がつかないものだと思います。
何だか嫌な予感がすると言うのは
導きがあるんだと思っています。

行かなくて良かったとか、しなくて良かったとか。
もしあの時、強い力でハンドルを取られなかったら、きっと私は存在してなかったと思います。

ご先祖様に限らず、自分の事を気に掛けてくれた人も助けてくれるようです。
信じないより、信じるほうがずっと良いと思います。
その分人生の幅も広がると思っていますので。

くまくぅさんへ

覚えていて下さったんですね。
ありがとうございます。
色々と不思議な事があります。
今では余りそんな事も頻繁には起きないようになりましたが、普通の人よりは多いでしょうか?

結婚しても、双方のご先祖様が守ってくださっているんだと思います。

昨年は大変な目に遭われたので、今年は暖かくなってから行かれると良いですね。

無理をせずに、ゆっくり身体を休めなさいという暗示だったのかもしれませんよ。
お二人はとっても、お似合いのご夫婦ですね。
そんな風に言っていただけると、安心できますね。

今年は是非思いが叶う事を、私も祈らせていただきます。

私も実は‥

私はご主人タイプかも‥^^;
怖い話は苦手な方です。テレビも見ません。
怖く無い話は平気ですが‥
シェイドさんは守られていましたね。良かった~。
でも、これからは気をつける様に言われましたね。
本当に気をつけて下さいよー!

No title

>信じないより、信じるほうがずっと良い
確かにその通りかも!!
そうするように努力しよっと:)

マダムさんへ

怖い話より、生きてる人間の方が怖いですよ。(笑)
私が怖いのは、寝る時に聞こえるポタッ、ポタッと水の落ちる音かもです。今はそんな事は無いですけど、蛇口のパッキンが弱っていたら絶対替えてもらいます。

これが耳について眠れなくなるんです。^^;
寝る時は明かりもいらないくらいだったのが、夜勤をするようになって、明るくても眠れるようになりました。(笑)
水滴は未だに駄目です。

wulmさんへ

いえいえ、wulmさんは努力なさらずとも、そうなさっていらっしゃいますよ。

人柄が伝わってきますもの。
私は努力しなくちゃいけない人間です。^^;
反省・・・。

こんばんは。

すれ違いの光景を浮かべながら読ませていただきました。
ご無事で何事もなくて本当によかったです。
対向車のかたやご家族シェイドさんの周囲のかたも救われたことになりますね。

No title

シェイドさん、お久しぶりです^^

お元気でしたか~?

自分は怖いのは苦手ですが、興味はあるんです^^;
怖いけど、TVは見たいっていう(笑)

それにしても、居眠り運転危なかったですね~。
自分も改めて気をつけようって思いました!

No title

私もずっと見たかったのですが、娘が嫌がったもので、ちょこちょこチャンネルを変えながらでしたが見ました。
なので内容がわからない部分がちらほら。^^;

あ、そうそう。私もダンナの思考はわかりません。(笑)
ダンナがいる時間はなかなか好きなテレビ番組は見られません。
趣味がかなり違うかも。^^;
最近は仕事で居ない時が多いので割と好きな番組見られます♪(笑)

それにしても不思議な経験を随分となさっているのですね。
怖くないですか?
私の友人もちょっとだけ霊感がある人がいます。
彼女曰く、「見えるんじゃない。感じるだけ」なのだそうですが。

私は、見えない方が嬉しいかな?(笑)
いや、ほとんどそういうことを感じる事なんてないですけどね。

ブログはお休みしてますけど、またお邪魔します♪

Remさんへ

かなり昔の話になりますが、ご先祖様は大切にしなくてはいけませんね。

あの時の事を思い出すとほんとにゾッとします。
怖い思いをしたら、指が離れないものなんですね。^^;
眠くなったら絶対にどこかに止めて寝る事にしています。

お互いに気をつけましょうね。

やんまさんへ

こんばんはー。
楽しんでいらっしゃいますかー?(笑)

怖いもの見たさで指の間から見るんですね。(爆)
案外男性の方が嫌がる人が多いですね。

車の運転をする時は、十分な睡眠を取ってから、それに眠くなったら、
少し仮眠を取る事も大切ですね。
私のような事になってはいけませんので気をつけてくださいね。

tenkoさんへ

最近テレビで番宣するから、見たくなっちゃうんですよ。
その時間になっても見せて貰えないんですけど。
怖いもの見たさで、息子が付き合ってくれる事もあるんですけど・・・。

ダンナの思考についていけませんって、おんなじですねー。(笑)

娘さんがいらっしゃったら怖がるから仕方ないですね。
でもこんな事はたいしたことはないんです。助け貰っているので恐怖心はないんです。

それよりもその意味を汲み取る事が出来ないのが悔しいです。

やっぱり感じてらっしゃると思います。
何もない時に優しい一陣の風がほほを撫でていったり、髪を巻き上げたりした時は、
大切に思ってくれている人からの合図です。

ブログのお休み淋しくなりますね。
出来るだけ早く帰ってきてくださいね。
リフレッシュ出来たら、素敵な言の葉をお待ちしております。
それまで、ゆっくりして下さいね。
今はお疲れ様でした。

No title

恐い~
シェイドさん、おじいちゃんが付いていてくれて良かったですね~

下手したら完全に衝突ですよね・・・良かったぁ、助かって。

私は飛び込んできたアブに気を取られて路肩に突っ込んだ事あります。
後1mで路肩の電線に乗り上げるか電柱に激突してたと思います。

もう随分前の話ですが・・・

トリエルさんへ

わー、それも大変でしたね。
虫とか、ちょっと変なものに気を取られて、ついって事ありますから・・・きっとそれも
ご先祖様のお導きかも知れませんよ。

軽く済んだのは不幸中の幸いです。
居眠り運転って後ろについていると良く分かりますよね。
そんな状態だったのかなー。

ほかの車が無くてほんとに良かったです。
今でも時々思い出し、お爺ちゃんありがとうって呟いています。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。