スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

なせばなる

なせばなる

明るいニュースと言うのをここ暫くは聞いた事がありません。
強いて言うならハドソン川に下りた飛行機の不時着のニュースくらいでしょうか?
誰も死ななかった・・・パイロットの的確な判断、操縦技術かなり前に息子と話した事が
あります。飛行機に乗るなら元空軍のパイロットが操縦する飛行機に乗りたいね、と。

ある番組で奇跡的な生還劇を見せられた事があります。
その時のパイロットが空軍の機長だったことから万が一の事があってもこの人のだったら
納得できるね、と見ていたことがあるからです。
今日(16日)もそうでした。元パイロット、現パイロットから沢山の賛辞が寄せられています。
一つ間違ったらと思ったらぞっとしますね。大惨事に至らなくて本当に良かったです。
無事に生還できた乗客は安堵の吐息をもらした事でしょう。

最近は派遣切りだけではなく、一般にも皺寄せが来ています。

現実は否応なく襲い掛かってきます。望もうと望むまいと・・・。
母がよく言っていた言葉に「なせばなる、なさねばならぬ何事も、ならぬは己がなさぬなりけり」と
お爺ちゃんが(母の父親)よく言ってたと「親の意見と茄子の花は千に一つの仇もない」
この二つをよく口にしました。

成せば成る・・・これは良くご存知ですよね。
『上杉鷹山』の言葉です。ふと母のこの言葉を思い出し、名前しか知らないのでちょっと
調べてみようという気になりました。


今の政治家に欲しいくらいの人物でした!!
知らなかったのはおそらく私だけと思います。日本史苦手、勿論世界史も。
とにかく歴史は苦手なんです。^^;自慢しちゃいけないんだけど。

世界史と日本史が重ならない、江戸時代に世界はこうだったと言う事が理解できない、
別々のものとしか考えられない、馬鹿なんですね、早い話。

「民の父母」の中にこんな行があります。

藩主とは、国家(=藩)と人民を私有するものではなく、「民の父母」としてつくす使命がある、
と鷹山は考えていた。

しかし、それは決して民を甘やかすことではない。
鷹山は「民の父母」としての根本方針を次の「三助」とした。

・ 自ら助ける、すなわち「自助」

・ 近隣社会が互いに助け合う、「互助」

・ 藩政府が手を伸ばす、「扶助」

今まさにこれを必要としているのでは?とおもいます。

「上杉鷹山の功績」

日本人である私は恥ずかしながらこの人の事を知りませんでした。
先に書いた「なせばなる・・・」の名言を残した事だけ。
日本人記者団は1961年、第35代大統領に就任したジョン・F・ケネディに、「あなたが
日本で最も尊敬する政治家は誰ですか?」の質問に「上杉鷹山(ようざん)」と答えたそうです。
ビル・クリントンも「鷹山。」と答えているそうです。

今、日本人に一番欠けているもの、この「三助」ではないでしょうか?
思えば、母の言う「親の意見と茄子の花は千にひとつの仇もない。」とは
こんな事を言うのでしょうか?

茄子の花は咲けば必ず実がなるように、親が子を思っての忠告も必ず役に立つので、親の
意見はよく聞くべきだということ、だそうです。

今、一度母の言葉を思い出して、ここ一番と踏ん張る時がきているようです。





スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

その言葉、私も中学時代に校長先生からよくきかされました。
やれば出来る、って自分を信じる事、とても大切な事ですよね。
ついつい、結果が恐くて逃げたり、やる前から「ダメ」だと決めてしまう・・・
絶対に無理って思っていたこともやってみたら、出来た!!そんな事で人生が救われた事もありました。
その時、実行できたのは、先輩の言った「やってみて、失敗しても命までとられる訳じゃない」という言葉・・・それで背中を押されました。
親は勿論、先に生きている人の意見は、実行するしないは別にしても聞いて損は無いですよね。
小さい頃親に教えられた事は、ある意味人生を左右するほど大きい様に思います。

上杉鷹山の話お勉強になりました。「三助」なるほどです。

こんばんは☆

“生せは生る 成さねは生らぬ 何事も…”
有名なことばですね。
日本人古来の精神が漂うような感じです。

本当に近日のメディアが流すニュースは人の恐怖感を刺激したり、
同じ映像の繰り返しに見えることがありますね。
それに踊らされるかたもよくいらっしゃるみたいで。

飛行機の生還劇があったのですね。知りませんでした。
命を救うことができた勇敢な場面だったようですね。

トリエルさんへ

小さい頃から両親に特に母親には聞かされてきました。
またかいって思うときもあったり、素直に聞いたこともあってどっちかいうと耳たこでした。

>・・・命までとられるわけじゃないと言うのもよく言われました。

諦めない、挑戦する、努力をする
何もしないで決め付けない・・・親って有難いですよね。
何よりも人生の先輩ですものね。

鷹山は素晴らしい人だったことを改めて知りました。
なかなか出来ない事ですよね。
私利私欲を捨て民のために為す、一番難しいと思います。
私にとってもいい勉強の機会になりました。

Remさんへ

あ~よく聞く言葉だわー、知ってる、知ってる程度のものでした。
よく調べてみたら今に通じるものと言うより無くしたものに当たるのではと思いました。

分かっていても人の事まで構ってられない、関わりたくないと思ってしまいます。
人が信じられないと言う事にも繋がってくるのでしょうか?

ニュースでは、ほんとに嫌なことばかりです。
これでもかと同じ内容のものが繰り返し流されます。
明るいニュースが欲しいですよね。

この機長は今は英雄扱いになっているようです。
誰も死なす事がなかったから
。バードストライクって怖いですね。

No title

こんばんは~

マール君いかがですか?元気になってくれてるとうれしいけど。

朝のnewsで墜落かと思ったら不時着だったんですよね。びっくりしました~
ほんとこの機長絶賛されてるけど・・すごいですよねえ。一瞬の判断であれをやり遂げた訳ですからスーパーマンです。
乗客は怖かったでしょうけどこの機長で良かったですよ~

No title

その言葉、有名ですよね~。
しかし、三助は知りませんでした。
そんな昔に、現在でも理想と考える事のできるような思想を持った人がいたんですね~!
驚嘆しました!

下の記事で、マール君順調なようですね~!
もうすっかり元気ですか?
また、写真でも見せてください^^

No title

好い記事ですね。何も考えずに、二度読みました。
やはり、好い記事です。有難う御座いました。

wulmさんへ

今週に入って、もう抜糸が待ちきれないくらいです。
散歩にも行くようになり、元気を持て余しているようです。^^;

この機長さんってすごいですよね!
アメリカでは空軍出のパイロットが多いようで、何度もテレビで見ています。

常に冷静に行動できるわけですからパイロット仲間も大絶賛でしたもの。
水上タクシーもいるんですってね。そちらにも被害が及ばずに本当に良かったです。

やんまさんへ

私の中では言葉だけが独り歩きしていました。
読んでみて吃驚!!
この人はすごい!!と感動しました。
上っ面だけしか知らなかった事を恥ずかしく思いました。

マールも随分と元気になりました。
散歩のときの写真でもと思うのですが一人で行くとカメラは使えません。

ありがとうございます。
近々UPする予定です。見てくださいね。(^_^)v

アガタ・リョウさんへ

お恥ずかしい・・・ご無沙汰しております。
自分の無知を晒してみました。

今の世の中にこれほどの人がいたらと思います。
今でも『上杉公』と呼ばれていることに、時代を超えて尊敬される人の尊さを思いました。

地元の人もきちんと理解していてそれが受け継がれている事にも驚きました。
私利私欲でない「民の父母」と言う言葉に無償の愛を感じました。

勉強させて頂きました。

もちろん、この「成せば為る‥」の有名な言葉は知っていましたが、上杉鷹山は存じませんでした。
それこそ「道徳」で教えても良いのにね。^^

日本のように小さな国は、経済の建て直しにも小回りが効くはず。
利点を生かして、心が豊かな国を目指したいですね~

とっても、勉強になりました。
ありがとうございました。^^

マダムさんへ

良かったー、仲間がいて。(笑)
ついでにこんな事もした人だよって教えて貰っていたら少しは興味を
持ったかもしれません。(無い、無い)

もう一度、道徳や教育を違った面で見直して欲しいと思います。
情操教育って大切だと思います。

私のような出来の悪い人間が少しでも減ると思うのですが・・・。

私にもとってもいい勉強になりました。

お互いに頑張りましょうね。^^;

No title

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
N4oibGfr

hikakuさまへ

古い記事へのコメントはわかり難く、サイトの意味もわかりません。
申し訳ありませんが、私の書く物とは内容が全然繋がらないと思います。

よってリンクのお話はお断りさせて頂きます。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。