スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

私が勤め始めたころ

私が勤め始めたころ

私が勤め始めたころの事を思い出して、ちょっと書いてみました。

コンビニ向けのお弁当の製造をしていました。
コンビニも淘汰される時期にあり、いくつもの店舗が生まれては消えるそんな時でした。
私が働いているところは、その時期に、事業所として営業していたのを、傘下に移行しようと
していた時期だったのでは、と終わってから思い返しました。
完全に子会社に移行するために人員整理と統廃合をすることになりました。

そんな話はパートであるはずの私達は一切聞くこともなく、年単位で話が煮詰められてゆきました。
私がその話を聞いて、だいたい、二年後にそれは施行されました。
その時点で私は勤め始めて、5年未満。一応パートはそのまま仕事は続けられるということに
なっていました。全部が切られたら仕事にはなりません。
完全子会社に引き継がせるということになっていた為、それまで働いている人達へ
退職金が支払われることになりました。

対象は5年以上。ここでもたった一ヶ月ほど足りないと言うことで私は撥ねられました。
ここに勤め始めてたった一回だけ時給が上がりました。

6円です。

1円の人もいたので良いほうと言われたら何も言えません。
勤め始めて一年が過ぎた時で、後は上がることはありませんでした。
ついてないといえばそれまでですが、いつでも基準から外れます。
仕事にしても条件はまったく同じ、入った時期がすこしちがうだけで、対象外になっていました。

その時分は私が一番長い人達についで古く、私の後に来た人達とは丸二年は空いていた事になるので
アルバイトの子は入ってもパートでは取っていませんでした。
中途半端な時に入ってしまったものだと後日何度も後悔しましたがそれも私が悪いわけではなく
会社の規定とやらに翻弄されただけです。

子会社化されてボーナスがなくなるといわれてその分時給を見直すという話が出ましたが
ここでも、差が生まれます。
子会社化された段階で、一律と思っていましたが、前の会社からの引継ぎで、また篩いに
かけられてしまい、年数は考慮するということになりました。
退職金の時にも古い方が私が気の毒だと上司に聞いてくださった方がいて、会社はどこかで
線引きをしないといけないと言われたそうです。私にも同じことが言われました。
私はそれならば、私の時間を切り売りしている分だけ働こうと思いました。

その時間は自分が出来ることをして頑張る、でもそれ以上のことはしない。
いくら頼まれても、それは私には関係ないことだからと、そう思うことにしました。
私は22時から5時まで、それまでは契約に基づいて与えられた仕事は精一杯頑張って
残業はしない、休日変更も認めない、何もかも会社都合で動いてゆくことに対しての
私の小さな抵抗でした。

その当時はとても忙しく私の就業時間帯が一番の稼ぎ時なので、ラインのスピードも
早くベテランの人でも中々大変な場所でした。
そこへ昨日今日、入った人が出来るわけもなく、私は別のラインにいたのですが、
そこでのいじめにも遭っていました。
入ったばかりで何も分からず、もう一人私と一週間遅れで入った人にだけそのラインに
行かされて何も出来ずに課長に怒鳴られたことがありました。
「役にたたん者をここに入れるな!!」
人見知りが激しく、話も出来ない私が、納得行かないことは承服できません。

止めてもらい、課長に言いました。
「私とこの人は来たばかりです。そんな私たちにここに入って遣れというほうがおかしい!
だったら課長がここに来て手本を見せてください!」と語気を強めて言いました。
ラインは止まったまま。課長は改めて私たちの顔を見比べて、「あ~そうだね。
気がつかなった・・・。」
これが後々ますます、私の立場を悪いものにする結果になりました。
人見知りは激しいのですが気は強い!特に上からものを言う人は、大嫌いです。


会社はほとんど女性が多く、かなり虐めにも遭いました。
女性がたくさんいるところは、かなり陰湿で陰険で私より後に入った人は、いつの間にか
辞めてゆくか、場所替えをしていなくなっていました。
当時は本当に酷いものでした。

私は群れません。

いつでも一匹狼状態で、どの派閥にも所属はしませんでした。
傘がない人間は、全てを享受しなければなりません。
その代わりに、仕事の中身を掌握し、どこに何があって、どうなってるかも知り尽くしました。
強くならなくては、一人では大変ですから・・・。
これが逆に私の立場を強いものにして行きました。

それから周りの目が変わっていきました。

二年前くらいから派遣の人が入ってくるようになりました。
私たちのいるところには応援で入ることは出来ません。慣れてなかったら無理だからです。
休憩時間が同じになった時、食堂に案内してと頼まれたりします。
そんな時に仕事に対しての不安とか、時給の事とか話をしたことがあります。
携帯に連絡が入りどこどこに行くように指示があって行くそうです。
会社は一人につき大体1500円から2000円の時給で支払っているようです。
手元に入るのが1200円という人や1000円という人も。
交通費は支給されないそうです。

みんな不安がっていました。今日は仕事があっても明日はどうなるか分からない。
「パートでいけないの?」と聞いても若い人が欲しいとか、長い間は要らないとか
色々と口実をつけていたようです。
若い人はバイト感覚できていましたが、そうでない人もたくさんいました。
ここでパートにして欲しいと頼んでみたらと、言ってみましたが、パートは要らないから
派遣さんに応援に入って貰っていると言っていたそうです。

40代の男性と話をしたことがあります。
残業がなくなって、週休二日になり、休みだけが増えて給料が減っていくだけで文句を言うと
やめてもらっても良いといわれるし何年も給料は上がらないしボーナスもカット。
食べていけるわけもなく、別に仕事を捜しても今ほどの給料は出ないので、休みを利用して
派遣で夜勤の仕事をしているという人もいました。

一旦断ったら次がないとも言っていました。
出来れば同じところで働かせてもらえると有難いけれど、我侭とも言われるらしいです。
しかも早いもの順番だそうで、こちらからは一切言えなかったそうです。

悪名高い、グッド○ィルのところからの人達でした。
そのころから、派遣さんはいつも不安に苛まされて仕事をしていたわけです。
中にはこれではねー、という人もいました。
派遣ばかりで仕事をしているとこんな風になるんですよといってる人もいました。
ただ時間だけ過ぎたら良いという人。どこにでもいますけど。
それが目に着くと中々パートにしてということも出来ないようです。
上司に言ったことがあるんですが、やっぱり派遣の人間は今だけで良いという感じが
否めないとも言っていました。

食品会社でもあるため食べ物には困りませんが、勝手に持ち出していく人も
多数いました。帰りに上司がおにぎりとか、サンドイッチなどをお疲れ様の
言葉と共に過剰分をあげていたようですが、それでも早い話、”盗っていく”人もいました。
パートでも平気でする人もいましたからそんなところはちゃんと見習うんですね。

今はあの職場は慣れているだけに懐かしいとは思いますが、男女問わず
派閥が出来ることが嫌ですね。
子会社になってからリーダー制度が出来て、リーダーとサブが対立しているそうです。

時代は変わります。
でも人の心は変わって欲しくないもののひとつです。
助け合って一つの仕事を成し遂げていくのに・・・でも私がいたところはみんな個性が強く
唯我独尊的な人が多く、お世辞にでも、仲が良いとは言えませんでした。
それなのに、時間が迫っている、人が足りない・・・という時、何故かぴたりと息が合う、
これが本当に不思議でした。

今は昔です。もう私の与り知らぬ事。
友人と毎月食事会をしていますが、相変わらずのようで、更に酷くなっていると、
先日、話してくれました。

長くなってしまいました。
長文読んでいただいてありがとうございます。


スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんわ~

シェイドさんがなさっていたお仕事は、かなり大変そうです。
パートだと規定時間以上働くと、厚生年金加入をする事が上からの勧告であった様ですので、会社側はパートでは無く派遣を欲しがるのでしょう。
コストの一番かかるのが、人件費ですから、そこから削っていく‥
でも、人件費を削れば、仕事は荒れてきますよね。
今の職場でも‥「役員報酬を削れ~!役に立たない上の人間を減らせ~!」と、良く皆で吠えてます。但し内輪で聞こえないように‥^^;

No title

以前は正社員でしたが、今は派遣で働いているので、
この社会的地位(?)の違いはものすごく感じます。
以前からそうだったけど、特にここ最近じゃひどいものです。
使われているものの弱みで、クライアントさんから理不尽な事を言われる事も多々あります。
でも正社員だろうと派遣だろうと、一生懸命働く人は働くし、そうじゃない人はそうじゃない。。。
いずれにしても会社には「社員だから」「派遣だから」とかいう枠組みで見ないで欲しいとは思います。
だからといって、「私が!私は!」という
少し変な個人主義を振りかざす人もちょっと違うと思うのですが・・・
個性の尊重と自分さえよければという我侭を履き違えてる人が
あまりに多くなってきている気がしてなりません☆
でも、雇う側も雇われている側も『どっちもどっち』と感じることも多々あるんですけどね(苦笑)

あまり周りに翻弄される事なく、自分がしなきゃいけないことはきちんとやろうと思います。
もあまり群れませんが、シェイドさんのように主張できないのが情けない時が多々あります。。。

なんだか言いたい事がうまくまとめられないし、何が言いたいのか分からなくなってきちゃいました☆
いつもですね~ゴメンナサイe-466e-330

鍵コメさんへ

コメントありがとうございます。
大変ですね。それってわかります。でも負けないで頑張ってくださいね。

マダムさんへ

私たちにもそんな話がありました。5時間以内で交代にするとかしないとか。夜勤で働いていたので、強制加入だったので、余計に大きかったと思います。

夜勤者は200人ほどいましたし、早朝とか、夕勤さんは保険も年金も無かったので。
子会社になって150人ほどに減りましたけど。そして社員はほとんど居なくなりました。
全部パート任せでした。

一番先に人件費がカットされますから、良い品物など出来るはずもありません。
それなのに天下ってきた人が課長で何人もいましたよ。親会社から。その分仕事しろとよく言いましたよ。入って手伝ってくださいって。

大きいところは余計に利益を上げることを優先しますから・・・。

いつも思うのは生ごみになって処分される物。かなり少なくなっては居ましたが、ホームレスの人に上げたら喜んで食べてくれるのにといつも思っていました。
もったいない・・・。

毎月クラウン一台分が捨てられていると朝礼でずっと言われていましたね。

くまくぅさんへ

くまくぅさんなら、みんなに可愛がってもらえますよ。
私は、一年ほどは本当に口を利きませんでした。
きけませんというほうがあっています。^^;

うちにも居ましたよ。派遣さんに遣ってもらったら良いと山のような洗物をさせたり、自分たちでも嫌なことを遣らせたり、そんな時は目にあまったら、注意しましたが、陰険な人はいますから。

ある程度の事を教えて私が変わってあげたり、捻くれ者のところから離して、出来そうなところに変えてあげたり私の横に置いてあげたり。

ほとんど私たちのところには入ってもらえませんでしたが。
声の届く範囲で、ちょっと可哀想かなと思うと口出し、しました。

派遣の人もパートも条件は同じ。
気持ちよく仕事が出来るほうが良いですものね。

一匹狼の良いところです。(笑)
その変わりに、必要なものを全てそろえて次に望むので誰も何も言いませんでした。

くまくぅさんなら大丈夫、頑張ってくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

女性ばかりの職場でしたから、余計に難しいところもありました。
知人の紹介で行ったので辞めては相手の人にも迷惑が掛かるとひたすら耐えました。

でも何でも慣れるものです。
自分はあんな風にはなりたくないと思いました。
だから新人さんが入ってきたら、必ず私の横につけました。

意地悪な人に潰されないようにしてあげないとそれが役目でしたから。
誰にも初めてはありますから、それを忘れないでいて欲しいと思います。

萎縮させないようにしなければなりませんから。
自分が体験して分かることって多いですね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

転職をするということ

転職というと年配者の方はあまり快く思われないかたが多いと思いますが、私は転職自体はいいことだと思います。海外ではLinked-inという転職のためのSNSも存在し日本より仕事を変えるということに対して寛容な文化です。転職をする上でのポイントとして、年収、職種、自分...

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。