スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

女神の天秤

女神の天秤

もう11月です。
早いものですね。2009年まであと60日です。

毒入り餃子から始まって、今年は添加物の問題がクローズアップされているように思います。
テレビを見ても面白いと感じる番組もなく、ニュース番組も、報道しなくてもいいと
思うものまで見せて、みんなが探偵か警察官にでもなったように錯覚させていると思います。

これでもかと毎日毎日、同じ事件を扱いニュースの域を超えていると思います。
ニュースは新しいからニュースであって、昨日のものはもうニュースとは呼べないのです。

最近私は何故か「女神の天秤」という番組をもう一度見たいと切に願っています。
ご存知の方も沢山いらっしゃると思うのですが、1996年10月から1998年3月まで
放送されていた番組でした。(TBS)
テーマは「犯罪、何故、魔をさしたのか?果たして罪の重さを量るものは?」ウィキより。

犯罪者の生い立ちから始まり、その動機まで詳細に語られていたように思います。
記憶では、あまりにも近い事件を扱い、被害者や加害者に近い人にまで迷惑が
かかるという事で終了したように思います。

今のように、これでもかと加害者周辺に立ち入り、家族まで巻き込んでしまう報道の在り方に
疑問を持ちつつも、この番組も言えば変わる事はないと思われますが、深く掘り下げて
加害者の心理、状況、もしかして少し時間が異なれば・・・と思わせる事も。

人の心に棲みつく魔が、どうやって動き始めるのか、知る手立てになったかもしれません。
だからといってどうにかなるものでもないのですが、人の持つ優しさや、醜さを
十分引き出していたと思います。
今のように面白半分に、追いかける物と違って真剣に問いかける事にもなりました。
と私自身は思っています。

この時代にこれだけのものを集めるのも、証言を得るのも並大抵のものではなかったかと
推測されます。この番組が打ち切られてのも、家族やその他の人々の反対があったのでは
ないでしょうか?色々な面で考えさせられた番組でした。
この番組が始めは海外のものを扱っていた事も知りませんでした
私が知った時は国内の重大犯罪などが扱われていました。


女神の天秤

これは、その時のものです。ごく一部ですけど
この番組が復活する事はないでしょうが、その生い立ちや心の動きを思ったとき
思わず涙が溢れてきました。
だからといって犯罪を犯しても仕方がないという事ではありません。
どんな事があっても犯罪は、犯罪です。罪は罪なのです。
その前に何故?と思ってしまうのです。

誰にもどこにも相談する事は出来なかったのか・・・と。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

そういう番組があったなんて知りませんでした!
犯罪者は犯罪を犯す前に、かなり精神的に追い詰められている状況になっていると思います。友人などに相談できる人もいれば、一人で抱え込む人も。こんな時は周りが(近所等の身近な人が)気づいてあげなくてはいけないんでしょうね~。
今の社会では近隣住民のお付き合いが希薄な気もするので、そこにも問題があると思います。

やんまさんへ

今から20年も前のことですから
ご存じなくても当たり前かと思います。

とってもいい番組でした。
考えさせられる事の多い番組だったと思います。
悔しくて涙が出たのを思い出しました。
今のおちゃらけた物と違って丁寧に作られていました。
天秤と言うくらいですからどっちの立場でもなかったように思います。
只事実のみを淡々と検証していくそんな感じでした。

もう一度、見てみたいと思います。
隣近所やまた、共働きが増えた事で余計にお付き合いも遠くになってしまったんでしょうね。
このあたりも同じです。

こんばんわ~

考えさせられました。
私も知りませんでした「女神の天秤」ですか?
ワイドショーなどで、うるさく騒ぐより、判決がどうだったかを合わせ、検証していく番組は貴重ですね。
放映する事があったら、見てみたいですわ。

マダムさんへ

ご存知無かったですかー。
丁度忙しい時期だったかもしれませんね。

中々見ることも難しかったのですがこのときばかりは何もかもほったらかして見てました。

これほど真剣に見た番組もありません。
これって家族の人は辛いかなーとか、加害者の方にも色々と・・・。

今はこんな番組は出来ないと思いますが夜中にでも再放送をして欲しいと思います。

No title

こんな番組があったんですね。
読ませていただきましたが、
なんと言っていいか分からない、
本当に複雑な気持ちです。
この境遇に、心情に、涙が止まりませんでした。
誰が悪いわけでもない、、、

ほんとうに何処に気持ちをぶつけていいものか。。。やるせないですね。

日本はあまりにも多くの問題を抱え込んでいるように思えてなりません。
高齢者に対しても、少子化問題にしても、、、
国が傾いてきている、そう感じてしまいます。
最近はお笑いやクイズ番組ばかりですが、
こういった番組も放送して欲しい気がします。

くまくぅさんへ

あなたは若すぎるくらいの年齢だからきっとご存知なかったと思います。^^;

この番組は本当に丁寧に作られていました。興味本位で出来ている今の番組とは全然違っていました。今、作るとしたらおそらくは無理だと思います。

きっとこんな番組があればもっと考えられる事もあるのではないかとも思います。

あまりにも急ぎすぎて、忙しすぎて、省みる事が出来ません。
もっと、振り返るゆとりが大切ですよね。自戒を込めて。

No title

そんな番組があったこと知りませんでした。
記事を読んでやりきれない気持ちでいっぱいです。
色々思う事はたくさんですが、言葉になりません。。。。
人が人として生きて行ける世の中であって欲しい・・・
自分に何が出来るのかな?

トリエルさんへ

色々な意見があったと思います。
後に関口宏さんが、この番組は再放送は難しいでしょうと仰っていました。
いきなりの打ち切りでしたから。
あんな風に事件の側面から捉えて問いかけてくる番組は出来ないと思います。
とても丁寧に作られていました。

犯罪を犯した人がそこにいたるまでに、ここがターニングポイントというところがあります。
それは、生かされていないと思います。
今見たら、私はどんな風に思うのか感じるのか、もう一度見たいと願って止みません。
きっと何も出来ないとは思いますが・・・。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。