スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

今頃「14歳の母」です。

今頃「14歳の母」です。

今頃「14歳の母」?と疑問をもたれる事でしょう。

ここをクリック

私は見ていませんので内容の程はわかりません。
何故こんな事を書き出したのかというと、昨日岐阜県の遊技場の廃屋で13歳の少女が
15歳の少年に殺害された事件で少年院送致になったという記事を読んでの事です。
被害者側の母親が色々と言っていましたが、マスコミ報道の嫌がらせ等も話していました。

きっかけは少女から「妊娠した!」と告げられた事が原因らしい。
それを聞いた少年は激昂して首を絞めて殺してしまったという事でした。

あまりにも短絡的な行為です。
幼い性がもたらした物。

現代社会が生み出した事件ではないかとも思うのですが。
「寝るところが無いから泊めてくれる人。」と、携帯サイトで呼びかけると沢山の男性から
返信が来るといいいます。
その中から一つ一つに聞いてまわり条件のあうところで泊めて貰うらしい。
それが中学生、高校生、中には小学生(高学年)もいました。

親は知らないとインタビューに答えていました。
「身体の関係は?」と聞かれ「それは無い。」と答える子と「仕方がないか。」という子。
「女性からの声かけは?」の問いにほとんど無いと。
「その趣味の人からはあるときも・・・。」

聞いている人に親に連絡してあげたら?と思わず突っ込みを入れそうになりながらニュースを
見ていました。
巷では恋愛が全てと言わんばかりにコミックや週刊誌、テレビなどを賑わせています。
犯罪に繋がる事もしばしば。

その内容が大人顔負けの物もありそれが慣れてくると当たり前と錯覚してしまうのでしょうか?
知らせなくても良い事を知らせて、知ったらそれはそれで使いたくなる。
この国から恥じらいと言う言葉は消えてしまったのかとさえ思ってしまいます。

人気があるのは当たり前、高校生が企画から参加しています!!
今はこんな物が流行っています、流行りそうです。
早い人はみんな持っている!使っている!
全部売らんかなと言う姿勢です。

彼はこんな物が好み!あの子には負けない!
うたい文句は色々ありますがいい加減にしてほしいという気にもなってきます。
個性がないと言いながらみんなと同じではなくてはいけないと言うのだから
どうしようもありません。

もっと良い方向にそのエネルギーを向けられては如何でしょうか?
「14歳の母」からとんでもない方に行ってしまいました。

簡単に身体を許す事が愛情表現にはなりません。
そこには『妊娠』と言う事実も在るのですから、その先を考えた事があるのでしょうか?
先に書いた少女は「妊娠した。」と言えばどうにか為ると思ったのでしょうか?
ただの脅しだったのでしょうか?被害者の母親は「娘は妊娠なんかしていませんでした。
一方(加害者)の言う事だけで娘を愚弄されて娘の名誉を回復してあげたい!」と訴えていました。

ここをクリック

とにかくマスコミ(我が家の息子はマスゴミと称しています。)や学校は
奇麗事で済まそうとしていると思われます。
事実を事実として報道する事も時には必要だと思います。

「14歳の母」が世間に与える影響は大きいとどなたかが仰っていました。
ドラマなのできちんとした筋書きがあります。でも実際はどうなんでしょうか?
現実はそんなに甘いものではありません。
教育現場においてももっときちんとした教育をしなければいけないと思うのですが。
あまりにも簡単に手に入る情報ときちんと精査できるだけの知識も大切と思います。

何よりも踊らされない事が一番大切かと。

上手くまとめる事が出来ませんでした。
でもとりあえず更新。(笑)

 
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

こんばんわ~

私はところどころ見ていました「14歳の母」
私はDr.北村さんやジェイドさんとは違った捕らえ方をしていました。
ドラマ制作者の方は、このドラマで「親子の性の会話」を望んでいたのでは‥と思ったんです。親に対する警告も含めて。

高校生で妊娠する子はそんなに珍しくなくなりました。
女の子なのに、何日も家に帰らないというのも、ザラにあるそうです。
(私達の世代には考えられませんが‥)
流れは止められません。ますます性情報は手軽に流れ込みます。
昔の大人は子供の性は認めなかったけど、今の大人は「見て見ぬフリ」か、「ウチの子に限って」。
開かれかけた学校の性教育も、又閉じられてますよね。

性の知識を大人からキチンと得られる子は、数える程では無いでしょうか?
男の子のお母さんで、子供に避妊具を使うように教えられる人って少ないですよね?
私も、性教育はしたけど、避妊具の具体的な使用方法はサラッと流しました。ましてや男親は子供に具体的な性教育はしないでしょう?(思い込み?)

実際に頭は子供でも、身体が大人になれば性に興味が出て来るのは、自然の成り行き。
だからこそ「性」に安易に流されない、正しい知識と、恋愛に向き合う心構えを親から子供に伝えて欲しい。話し合って欲しいと思います。
その為にも、あのドラマは役に立ってくれるといいな‥と思って見ていました。
昔の金八先生のように(笑)
ごめんなさい、長くなりました。

シェイドさん
おはようございます。
まとめて記事を読ませて頂きました。
シェイドさんの記事は、いつも時間をとってじっくり読んでしまうので週末になってしまいます。
シェイドさんの抱えているたくさんの憂い・・・・それなのに、強くて人の事をいっぱい考えて・・・涙が出てしまいました。

私も頑張らなくちゃって思います。
どうもありがとう。

色々コメントしようとも思いましたが私が今出来る事じっくり考えてみたいと思います。
(この数行のコメントに1時間半もかかっちゃいました(^^ゞ )

どちらかというと、この手の話題は避けて通って育ちました。
友達も「ちゃんは知らなくていいんだよ~」とか言って★
自分自身、知るのが怖かったという事もありますが・・
今は「知りたい」「知りたくない」という自分の意思に関係なく、
情報の方から半ば強制的に入ってくるようになりましたね。。。

自分が親になりたいと思う今、
中絶や子を殺めてしまう事件の多さに愕然とします。
欲しくても子宝に恵まれない人もいるのに・・と哀しくなってしまいます。
若年層のこういった事件も
あまりにも自分の人生・身体を刹那的に捉え過ぎている気がしてなりません。

なんだか言いたい事がうまく言えないんですが・・
情報に振り回される事のないようにしたいと思います。
情報が溢れれば溢れるほど
正しい知識と判断力が必要になってきますね。。。

うまくまとめられなくてごめんなさい☆
書き逃げです(苦笑)

歪んだ実態ですね

マスコミ自体が政党やイデオロギーなど、何らかの形で規制されてるんではないでしょうか?
教育現場も同様だと思われます。
そういった現実に甘んじなければ生きていけない人がいる。
真っ正直だと、邪魔者扱いされる可能性がある。
実に厭な世の中です。

フランシーヌの場合は あまりにもお馬鹿さん
フランシーヌの場合は あまりにも淋しい
3月30日の日曜日   パリの朝に燃えた命ひとつ
フランシーヌ

本当のことを言ったら お利口になれない
本当のことを言ったら あまりにも悲しい
・・・

こんな昔の歌を思い出しました。

この事件の原因は時代とともに凶悪化していく人間の業だと思います。
でも、時代のせいにするだけではなく、一人一人がきちんとした心を持っていれば、こんな悲惨な事件は起きなかったんではないでしょうか・・・合掌

マダム半世紀さんへ

せっかく書いたのに消えてしまいました。0rz

私はこの頃仕事に行っていました。(夜勤です。)
会社でもこの話はほとんど出ていませんでしたね。
みんな韓流ばっかりで。

仰るように社会に対しての問いかけだったんだと思います。
でもそれぞれが違う方に向いていったと言う事に為るんだと思います。
うちの息子達には避妊や肉体的苦痛(中絶など)や女性の身体の仕組み
なども話して聞かせました。

未だ村社会が残っていた時は青年団などの集まりでそれなりに先輩達が
話して聞かせてくれていたんだと思います。
今は雑誌やテレビ、ネットから簡単に手に入れることが出来ます。
タブーは破られました。

一方的に押し付けてきて、モラルの事は何も話してこなかった事も原因の一つに
あると考えます。

金八先生の時のように明快にわかるように。
最近ではそんな番組も影を潜めていますが。
私もあの番組も、タイトルを忘れてしまいましたが田原俊彦さんとか水谷豊さんとか
熱血先生が大好きでした。

テレビはもっといい番組を作れると思うのですが。
私もマダム半世紀さんに一票です。

上手くまとめる事が出来たのでしょうか?
ごめんなさい。

トリエルさんへ

トリエルさんにそんな風に仰って頂くと私、何も言えなくなります。

長過ぎますか?(笑)
私はトリエルさんに学んでいます。
こんな風に話題を取り上げていったらいいんだとか・・・。

もっと色々です。
朝の大切な時間に惑わせてしまって申し訳ありません。m(_)m

こちらこそありがとうございます。

くまくぅさんへ

そんな人っていますよね。
かばってあげたいって言うか綺麗なままでおいておきたいっていうか。(笑)

でも段々とそんなわけには行かなくなってきますね。
情報は溢れかえっています。
跳ね除けても跳ね除けても一方的にやってきますから。
どれをとるかは本人しだいですがそれを見極める目も
大切になってきます。

安全な道だけ歩いていると何が危険かを見つけることは出来ません。
多少の冒険は必要と思います。

ただ言えることは自分を振り返ってみる事が道を見つける事に
なると思うのです。
あなたが歩いてきた道、それが正しかったら子供を見守るように
なれると思います。

あなたなら絶対大丈夫ですよ。

dejavuewordsさんへ

懐かしい歌ですねー。
フランシーヌの場合はですね。

問題になってるいる諸々の事はマスコミに踊らされた結果。
毎日解散解散と言っていますが、本当のところはどうなんでしょうか?
国民は本当にそう思っているんでしょうか?
毎日マスコミに言われてそう思っているという気になっているのでは?
マスコミの煽りは目に余る物がありますから。

同じでなければいけないといい、同じでは個性がないとも言います。
何がどうなっているのかわけがわからなくなってきます。
我慢する事を教えていない、物を大事にすると言う事も。

心が荒廃していくとこんな風になって行くんですね。
教育とは何かということを本当に考える時に来ていると思います。

こんばんは。
ホントにメディアが人の意識を変えてしまうことありますよね。
考えさせられました。
要らない情報も多く錯綜しているので選択が難しい時代だと思います。

Remさんへ

ちょっと気になったと、ネットで検索すれば直ぐに見つけることが出来ます。
テレビではこれでもかと言うほど同じで来事を流して、みている側も
それであるかの様に思ってしまいます。

溢れる情報を取捨選択しなければならないのにそれさえ
も間違っているかのような報道に戸惑うばかりです。

でもいい加減にしてほしいですよね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。