スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

嘆きと言うか・・・。

嘆きと言うか・・・。

うちの息子は仕事がありません。後頭部から背中にかけて大きな傷があります。
面接に行っても、必ず傷口のことを聞かれ言わなくてもいいのに話をするので
中々勤め先もままならず家でニートになっています。

暗がりの中では足元も不安定になるし俯いてさっと頭を上げると目眩がすると
言うので無理に行けとも言えず・・・。

私が勤めていたところで身体が大きくて少し動作が遅い子がいましたが
何もいえない性格で社員やパートのからかわれる対象になっている子がいました。
酷い事をされても黙っていて何も言わない事をいい事に蹴ってみたり物をぶつけてみたり
ある日、洗浄室で熱湯をかけられて火傷を負った事がありました。
それでも何も言わないので堪り兼ねて家の電話番号を聞きだし、親に連絡を取りました。
私と違う部署だったので見てはいなかったのですが、同じところにいる人は
誰も見ていなかったと言ったそうです。(みんな知っていました。)

上司も見て見ぬ振りをしていたと言うからあきれて物が言えません。
お湯をかけた社員は流石に気が引けたのか、千円札を手に握らせ「黙っといてな。」と
言ったそうです。番重(食材を入れる大きな容器)の積み上げている後ろで
泣いていたそうです。

親からの連絡で会社も重い腰を上げ内部調査が行われました。
一応示談にはなったのですが、社員はその場所から移動させられ、他の部署に
行かされたのですが、その時聞こえてきたのは「ドンくさいから仕方がない。」とか
「ここだから使ってもらってるのに。」とか信じられない話ばかり。
私の回りの人間にだったら「自分の子と思えばそんな事は言えない筈、あんなことを
言ったりしたり良く出来るね。」「うちの子だったら承知しないわ。」
といつも口癖の様に言っていたので私の前では酷いことも言わなくなりました。

色々な人がいるのも事実だし、認め合って仕事をしていけたらいいと思うのに
愚図だとかドンくさいだとか、そんなに言うなら自分で遣ってきたらいいと思うのですが
それはしません。言われる側にも確かに問題はあるのでしょう。
だからと言ってそれは言い訳にもなりません。

そんなことを思うと息子も哀れに思えてくるし、あの子と同じだと思う。
私の子だから大丈夫と思うけれどバランスが悪いのは傍で見ていてもわかるので、
無理に行けともいえないし・・・それでもきちんと家庭も持ってほしいと思う。
そうなればやはり仕事は必要でこのままにしてはおけないし悩ましいところです。

病気持ちだし、仕事はないし(今のところは)女っ気もないし・・・。
出るのはため息ばかりです。
家庭を持たせたいと願うのは親の我が侭なのでしょうか?
大変な病気に罹ってしまった事、健康な身体に産んで上げられなかった事、
悔やまれる事ばかりです。

学校から講師として招かれた人の所に面接に行く事になり、言われた言葉が「学校出たからって
仕事は出来ないんだから、今すぐ仕事が出来る人がほしいからいらん!」と。
学校では「人材を育てることも大事だから心配しなくてもいい。」と言っていたことが
まるっきり逆でそれにもかなりショックを受けていました。

二年ほど前にネットで職業訓練学校がスキルを身につけて再就職出来るようにとの
取り組みがあったので直接そこに願書を貰いに行った事がありました。
学校の方はわざわざ来て貰えたのが嬉しいと案内や申込書を持ってきて、受ける人数が
多いからがんばってくださいと言って貰ったようです。
ハローワークからの案内状が紹介状か?がいるらしいとのことで貰いに
行ったのですが、すごい剣幕で帰ってきました。
直接学校に行くんではなくてハローワークから行くべきところだったとかで
「どんだけ高いところから物言うねん!!」挙句に『受けさせない!』ようなことまで
言ったとか。それでも我慢して貰ってきたと言っていました。

ついてないと言うかあの子はそんなことが重なってだんだん人間不信に陥ってしまい
今度は勇気が出なくなったようです。
きっと私がいけないんでしょう。過保護にしたつもりはなかったんですけど・・・。

溜息ばかりの毎日です。 
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

 僕の職場は、組織が大きいために、本来の目的以外のところでも、いろいろな問題を抱えています。
 自殺やイジメ問題もその一つです。

 歳も重ねてきましたので、部下もそれなりにおり、15歳から20歳までの若者を教育する機関に2年いたこともあって、人を教育することの難しさは身に沁みているつもりです。

 それらを踏まえて、自分の子供たちに教えること。それは、次の3つです。
 1つ目は、素直であること。
 2つ目は、嘘をつかないこと。
 3つ目は、自分の嫌なことは、人にもしないこと。

 親としては、社会的な地位よりも、心の美しい人物になって欲しいと願うだけです。<(_ _)>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

びんさんへ

コメントありがとうございます。

大変な部署にいらしたんですね。
私がいる間に大人の陰湿ないじめでやはり二人も自殺者がで、無断退職者も何人か出ました。
会社の商品に甚大な被害を与えた人もいました。

大人も子供も変わりがないようです。大きな会社は隠蔽する事も出来るんですね。

私も息子達には同じ言葉を言い聞かせてきました。
優し過ぎて自分を殺す事を選んでしまうようです。
吐き出すことも必要と話してはいるのですが・・・。

ありがとうございます。改めて私自身にも問うてみたいと思います。

鍵コメさんへ

辛い事を思い出させてしまったかもしれませんね。
申し訳ありません。

優しい言葉をありがとうございます。
私もそうなるように願っています。ありがとうございました。

No title

本人が望んだわけでもないのにいろんな事情で現状がある。
知的、肉体的障害を健常者が苛めるというのは明らかに異常で、私にしてみれば、苛めるほうのが障害者ではないかと思ってしまいます。

僕は中学一年で転校した。
そのときどうして左利きなのかと聞かれた。
僕が生まれるとき母のお腹のなかで右腕がひっかかってうまく動かなくなったので、左利きになったというと、クラスの皆はそうなんだと納得してくれた。
それで苛めもなかった。

上のは銭湯に置かれていた小冊子のなかの中学生の「神様がくれた右腕」という作文です。
こういう子供たちならいい社会を作ってくれるでしょうが、現実として苛めはあります。
それを一人で解決していくのは大変ですし、一人と一人が手を繋ぎ、その輪を大きくしていくことがいちばんだと思います。
一人なら普通なのに、団体になると徒党になってしまう。
その輪から外れると仲間はずれとか村八分にされてしまう。
でも、それに負けず腐らずにやっていくしかありません。
自分の殻に閉じこもっているだけでは何も解決できないと思うんですが・・・

息子さんのおかれてる状況は大変だと思います。
そして、彼を見守るシェイドさんも。
勝手な言い分かもしれませんが、この記事を読んだ昨夜から、ひと晩冷静に考えて思ったことです。

dejavuewordsさんへ

大変コメントし難い記事でした。
いつもいつも頭の中にあってつい書いてしまいした。
自分が楽になるためではなくどなたかのアドバイスがほしかったのだとも思います。
やはり少しでも荷を降ろしたいと思っていたのかもしれません。

この中で書いた青年はご両親がおじいさんおばあさんと言ってもいいくらいに
年齢の離れた親子です。
やっと授かった子なので大事に大事に育てました、と仰っていました。
私は群れたくはありません。いつも一匹狼的に仕事をしてきました。

為すべき事をしていたら良いと思い共同作業なのでそれはそれでこなしていましたが
この時は流石に怒りが込み上げてきました。

そんなことをしたら会社に居られなくなるよと友人達は止めましたが
我が子のことが頭をよぎったのです。
何度も何度も内部調査で呼び出され話を聞かれましたが、社員も、パートも
みんな知っているはずだと言ったのに、結束は固く打ち破る事は出来ませんでした。

その部署に私より少し上の人がいてその人が一人だけ知っている事として
話してくれたのです。

私の友人も見たことを話してくれたそうです。
その為に余計なことを言ったと報復と言うほどの大袈裟な物ではなかったんですが
わざと物をぶつけられたりしました。あざが出来るほどにです。

私は「文句があったらかかってこんかい!!」ってオーラを出しまくりで毎日を過ごしました。

大人でも子供でも受ける側にしたら耐えられない事だと思います。
私には彫っておくことも無視する事も出来ませんでした。

うちの息子もそれに耐えるべきだと思うのですがなかなかその気にはなりません。
出て行く勇気を与えてやれたらと思っていますがなかなか、それが出来ないようです。

そんな人間ばかりではないと思うのですが自信をなくした人間には
自分の存在も否定しています。

いいお話をありがとうございます。
相手を思いやる気持ちをみんなが持つ事が出来たらもっといい世の中に為ると
思うのですが長々と書いてしまいました。
答えになっていないかもしれませんが・・ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

変な記事で申し訳ありません。

お心遣い大変感謝しています。
お礼の申し上げようもございません。ありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

鍵コメさんへ

わざわざご連絡いただきましてありがとうございます。

色んなことがあるんですね。
これからも頑張ってください。
私も楽しみにしております。

鍵コメさんへ

コメントありがとうございます。
仰るとおりですね。
お言葉が身に沁みます。私も同じように考えたりしています。

もっと本人も自覚する必要があると思いますが何とか導いていかなければと思っています。

本当にありがとうございました。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。