スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

食の安全はペットにも

食の安全はペットにも

北米でぺっトフードを与えた犬猫が腎不全で死んでしまっている、これも中国のメラミン入り
ペットフードの影響だそうです。
アメリカでは大きな訴訟も起されているという事です。

アメリカでは中国製品を排除しようとする動きがあるようです。
人のことが言えるの?アメリカ。と言いたいですよね。
狂牛病が出ても日本は輸入制限をしていますが肉骨粉をペットフードに入れて
動物園や他の飼料にも使っているんですから、それだけではなく犬、猫にとっては
特に猫にとっては致命傷にもなる”アセトアミドフェン”が入っていたというから
驚きです。

それだけではありません。
有名メーカーから発売されている物でしかもリコールの対象になっていない製品から
同じようにシアヌル酸が検出されているそうです。
アセトアミドフェンは猫はほとんど排出する機能を持たず、ゆえに致死に至るそうです。
腎機能や肝機能に影響を及ぼし、無気力になったり、普段食べないものを
食べたがったりするそうです。

それを隠すために(敢て出さないようにする為)国内の関心を中国のメラニンの所為に
しようと画策をしているといいます。
大事なペットに安全な物を食べさせたいと思っているのに、それが危険なものだったら・・・。

どうやらアメリカ製品はリコールも含めて考えなければいけないようです。
日本でもメラミンの入ったフードが売られていたようで、回収が進められています。

人の口に入る物同様にペットにとっても危険な物、非営利団体の人達は
困っているそうです。ペットフードを作っている会社から寄付を受けてフードを
保護した犬や猫たちに食べさせているそうで、それがわかって泣く泣く処分しているそうです。

安い物を生産しているフードには病死した動物の死肉や血管その他臓器なども含まれているので
最近は安全なフードをということで手作りしたものを与えている愛好家が増えているそうです。
人が食べられるものをペットにも、ということなんでしょう。
国産だからといって安心は出来ません。

私ももう一度かわいいワンコの為に内容物を点検してみようと思っています。

余談ですが先に飼っていたワンコにはアメリカ製のペットフードを与えていました。
今飼っているワンコは好き嫌いが激しくなかなか食べてくれません。
食べているフードの分析表を見ると書かれていました。
肉ミール、チキンミール、このミールが『?』何ですよね。

少し考えるほうが良いかもしれません。
病院で貰っていますと言ってませんか?そこにもおいてあるんですよ。

アメリカは中国を槍玉に挙げようとしています。
そして今日本は中国のことは言えません。
拝金主義がまかり通ってモラルなどどこ吹く風。

その為に企業や沢山の個人経営の人が困っています。
決して国産も安全とは言えないのです。
人にも動物たちにも安心して口に出来るように政府にお願いしたいと思います。






今回はどこのアドレスも記載しませんでした。
前からわかっていたことでペットフードが原因で亡くなってしまった子達について
飼い主さんがおかしいと思って検死をしてわかったことが多いそうです。
ペットショップで薦められたからとか、病院でということもあります。

アメリカから入って来ているものはほとんどが危険です。
未だヨーロッパのものは調べてはいませんが、見た範囲では
どこにも記載されていませんでした。
ジーナ
ペットは何も言ってくれません。美猫
飼い主である我々が  友人のワン常に気をくばって
あげなければいけないのです。

近所のワン
 いつでも安心して食べさせてあげたいですよね。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ペットも受難時代です

あるブログで病弱な犬のことが書かれているのを読んだことがあります。
そこではペットの診療医と相談し、ご自分でペットの餌を作っているとのことでした。
はっきり覚えていませんが、ビタミンやミネラルなどをペットフードに配合してるようでした。
でも、ペットフード自体があてにならなければ、それも無駄な行為になってしまいます。
何から何まで信用できない世の中になり、物を言えぬペットはどう思ってるんでしょうか・・・

困ったモンですよね・・・

人間にしても・・・
ペットなんて・・の世界みたいですよ・・・

アトの事があったので・・いろいろ調べてみましたが・・・でした。

もしよければ・・・アトが大丈夫だった フードお知らせしますが・・
アトは 添加物その他で 体にでてましたので・・・
大丈夫だと思うのですが・・・

凄く親切で いいお店でしたよ!
だた・・日持ちがしませんが・・

出来れば、何でも割りに食べられますので・・・手作りをオススメしますが・・

一度如何ですか?
夕食と ほぼ同じもので良いですよ!

ウラン、少し元気になりました。

dejavuewordsさんへ

中国では乳児の死亡は5名だけとしていますが、実際は認められていない乳児も入れると相当数にのぼると言われています。

私が連れて行っている病院では撤去されているようです。
今まで沢山おいてあったはずなのに何故かな?と思っていましたが
きっとそれが原因ではないでしょうか?ほんの少ししかおいてありませんでした。


何でも弱い者のところに行くようです。
子供達やお年寄りに出されたおやつにも入っているというからどうしようもありません。

ましてや物言えぬペットです。
今回のメラミン混入は中国の一流の企業だったと言うから余計にあきれてしまいます。

事故米と同じですね。
カナダの業者に作って貰っていたから何社も被害にあっています。

それだけではなく殺鼠剤や化学合成物質はアメリカが混入したとわかっていて出荷されたようです。

責任転嫁の上手な国と拝金主義の国の事どっちもどっちなんですが日本も中国の事を言える立場ではありませんが国民はもっと怒っても良いと思います。

ウランママさんへ

そうですよね。
日持ちがするのがおかしいですよね。

ホームセンターなどで安売りされているようなものは一切手を出していませんが
それでももう信じられなくなりました。

うちでも手作りで食べさせてあげようと思っています。
お野菜もたっぷり入れて。

きゅうりとかレタスは生でも食べるので少しずつ食べさせてみようと思います。
ほしがるので薄味で少しはやっているんですけど、夕飯に手を加えて食べさせる事にします。
わからない時は質問させてくださいね。^^;

ウランちゃん良かったですね。
これから良い季節になるのでもっと元気が出ますよ。
散歩に行こうといってくれてるようですね。

ほんとに良かったです。^^

No title

本当に、何を信じていいか分からない時代ですね★
自分さえよければ、という風潮があまりに強くて
ただただ自己主張が強くなっていっている気がします。
自分がしっかりした目、耳を持って
しっかりした知識・判断力を持たなければ。。。

ペットフードの事、そこまで危険なものだとは知りませんでした。
早速調べなきゃe-330

食の安全を確保するためには
自給自足しかもう手はないんでしょうか。。。e-441e-263

No title

本当にワンニャンを飼っている方々は人間の食べ物以上に気遣いしますよね。
人間の食べ物さえ、あの節操のないテイタラク・・・
最近買い物にとても時間がかかります。
どこ産かチェックしたりする事で・・・
どうしてこんな世の中になってしまったのでしょうね・・・
そんな業者ばかりでは無い筈なのに・・・
悲しい事です。

ビッグイシュー、勉強になりました。↓

No title

ご無沙汰しております。
文を拝見させていただいてビックリしました!病院から出されたフードも危ない可能性があるんですね!
うちのワンコも最近体調が悪く、血液検査では、腎不全気味だと言われました。
何を食べさせたいいんだろう。食の安全とはよく言いますが、消費者にとっては病院やお店の商品を信用して購入するしかありません。「法は犯していなくても」では通用しませんよね~。倫理の問題だと思います。

くまくぅさんへ

去年政府はもっと大きく報道するべきだったんですよね。
ペットの大量死を他国の事と言う程度にしか報道しませんでしたから。

もしこのときにしっかり検査していればメラミンはわかっていたかもしれません。

犬猫と国猫にとって猛毒のアセトアミドフェン入りはかなり回収されているようですが、
汚染米と同じでさらに別のところにも販売されているようです。
末端まで調べらないようですが。
それでく飼い主さんたちは今手作りされる方が多くなっているようです。

自分で作ったら安心ですものね。
材料も吟味できるし何より自分たちが食べるものと同じものを与えるので
安心できるのではないでしょうか?

さくらちゃんの食事調べてみてくださいね。
そこだけ閉じてあるところもあるそうです。

No title

こんばんは。
食品の問題は人間だけでなく動物にも大きな影響を及ぼしているみたいですね…
人よりも抵抗力が弱かったりするペットもいますし。。
可愛らしいペットを飼われてるかたにとっては心配事が増えてしまいますね;

トリエルさんへ

混ぜ物になっていると表示しなくても良い様になっているので困りますよね。

日本人もモラルはとうに崩壊していますが中国的な発想は無いと思います。

これ以上何も無い事を祈りますよね。
地産地消を心がけるようにしないと何をされるかわかりませんから。
お百姓さんも大変だと思います。

ビッグイシュー、チャンスがあったら手に取ってみてください。
私も一度は見たいと思っています。

やんまさんへ

お疲れ様でした。
十分楽しめましたか?

ムックちゃんは腎不全気味何ですね。
少なくても化学物質が混入していた時期は3年前かららしいんですが、
それでも狂牛病などの廃棄物を混ぜたり、肉骨粉などは動物の飼料として規制は無いと
いう事なので原材料として使われているので輸入物は怖いですね。

昨年日本はあまり報道しなかったので、(対岸の火事的意識)気がつくのが遅れたとか。

国内に入ってきて初めて気がついたようです。
ちゃんとした獣医師さんはきちんと撤去されていると思います。
有名メーカー軒並みだからほとんどおいてないと思います。

それを受けてという事はないと思いますが、手作りされている方が増えているそうです。

ウランママさんも仰っていますが
自分たちの食べる食事をあたえても良いのではと仰っています。

もちろん味は薄くして。

Remさんへ

ペットを飼っている人は我が子も同然です。
万が一のことがあったらと思うとそれも自分が良いと思って与えていたらなおの事です。

人も動物も安心して口に入れられるようにしてほしいと思います。
やっぱり中国製品は怖いですね。

日本人と違う発想の持ち主です。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。