スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ビッグイシューってご存知ですか?

ビッグイシューってご存知ですか?

今日の夕方のニュースでホームレスの人が”ビッグイシュー”と
いう雑誌を売ってその売り上げで無事に家を借りることが出来てホームレスから
脱出したという事を取り上げていました。

この”ビッグイシュー”ってご存知ですか?

『ホームレスが売る雑誌』です。
一冊300円でそのうち160円が売り手の収入になります。
私が始めて知った時は安かったはずですが今は値段が上がって300円に
なっているそうです。前は200円だったかな?

※ビッグイシューは1991年にロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊されました。
ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。

例えば大阪では野宿生活者の約8割が働いており、過半数の人は仕事をして
自立したいと思っています。
『ビッグイシュー日本版』は働き収入を得る機会を提供します。

ビッグイシューの始まりは、国際的な化粧品会社ボディショップの創設者であるゴードン・ロディック氏が、
ニューヨークでホームレスの売るストリート新聞を見かけたことだった。
彼は、古い友人で後に『ビッグイシュー』の創始者となるジョン・バード氏に市場調査を
依頼し、バード氏はビジネスとしてならロンドンで十分成立するという結論を出した。

ホームレスの人の表現活動に重きをおく雑誌ではなく、誰もが買い続けたくなる魅力的な
雑誌をつくり、ホームレスの人たちにはその雑誌の販売に従事してもらうというポリシーで、1991年に
バード氏はロンドンで『ビッグイシュー』を創刊した。その結果、大成功を収めた。

続いて1992年に『ビッグイシュー・ノース』、1993年に『ビッグイシュー・スコットランド』が発刊された。
さらに、ホームレス問題が国際的な問題であるとの認識から、1993年にはビッグイシュー・ロンドンが
中心となりインターナショナル・ネットワーク・オブ・ストリートペーパーズ(INSP)を創設した。
現在INSPの事務局はスコットランドにあり、世界28ヶ国80地域のホームレス問題に取り組む
ストリートペーパーが加入している。

           (ビッグイシューのHPからの転載です。)

ここ

その中から一日30冊を目標に阿部野橋近鉄西通入口で販売をしてらっしゃる方のお話です。
今日テレビにも出てらっしゃいました。

施しではなく、寄付でもなく自身が働いて収入を得る、他にも方法はありますが
この方法は毎晩歩き回り空き缶を集めることもなく、空回りしないということ。
なかなか受け入れてもらえなかったそうですが、今年初めて黒字になったそうです。

前から読んでみたいと思っているんですが、都会に出て行く機会に恵まれません。
中身は結構充実しています。
最新号は大好きな「COLDPLAY」のインタビューも掲載されています。
内容も充実していて週刊誌を買うんだったら是非とお奨めしたい一冊です。

こんなことがありました。

先日買い物から帰る途中にスーパーにあるカートに荷物を積んで
その横でお年寄りのステッキカートに座って眠っている人がいました。
少し広くなっている歩道で柵に沿って並べてもたれるようにして
どう見ても眠っていました。

よく見掛ける人なんですが結構年齢も高く(そんな風に見えるだけかも)
カートには布団が一番上に載っていて、その下に所帯道具らしきものがあります。
もち手のところには袋が下げてあって上に着るものらしき物が見えています。

その前に見たときは、バス停の中で休んでいらっしゃったようです。
今日の台風の日はどのように過ごされているのかと気掛かりです。

まさかと思いながらも・・・ホームレスの方ではないかと。
見た目では70代の女性です。

こんな田舎にも・・・。

上の記事とは全然関係ないんですが、前の写真の続きです。

稲穂
そろそろ稲刈りの時期になりました。
一緒にUPするはずだったザクロ。ざくろの花

ザクロの実です。ザクロ

思いっきり蚊に喰われ掻き毟りながらついでにとゴーヤとケイトウのコラボ。ゴーヤとけいとう
黄色の小さな花はゴーヤの花です。

燃え立つような赤がとってもきれいでした。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

ニュースで見て、存在は知っているのですが
まだ手にした事はありません。
も一度読んでみたいと思ってます。

稲穂が綺麗にお辞儀をしていますねe-454
台風は大丈夫かな??

こちらは明日の朝にかけて近づくらしいですが
仕事に出る時間までには少しでもおさまっててくれると嬉しいのだけど。。。

くまくぅさんへ

ご存知だったんですね!^^

実は買い物に行った帰りに70代くらいのホームレス(?)のような方に会いました。
歩道でカートに荷物をいっぱい載せて布団も上に載っていました。
歩道の柵に沿ってカートを置いて小さなイスに座って眠っていたようです。

よく見掛けるんですけど先日は確信しました。
毎日見るわけではないのでどこへ言って行ったらいいのやら・・・。
とっても気になっています。
女性の方なんですけど。
そこにこのニュースでした。

ここは台風の影響はほとんどありませんでした。
おかげさまで。

今日は海の方へ抜けたようなので雨が少しというところではなかったでしょうか?

No title

ずいぶん前に海外の地下鉄で手に取った記憶があります。
おっしゃる通り日本円で100~300くらいの表示だったと思います。
'91年…ずいぶん昔からあるのですね。

ザクロ!久しぶりに見ました♪
懐かしい感じがします。空気が美味しそうな写真ですね。

No title

今ホームレスになってる方の大半はそれなりの事情があってのことだと思います。
ボランティアに頼らず自立するためのビッグイシューの制度いいと思いますね。
でも、それだけでは糊口をしのぐのがやっとでしょうけど・・・

日清食品の創始者の安藤百福氏が台湾にいた当時、もうけたとされる呉美和さんは実の娘だと名乗るも認められず、大阪でホームレスをしていますね。
もし血縁関係が認められれば莫大な遺産相続があるでしょう。
そんな彼女とは違い、ほとんどのホームレスはひもじい思いで徘徊してることでしょう。
東京は上野や浅草界隈のホームレスたちは今日もダンボール集めをして500円ほどを稼いでは飢えをしのいでいる。
リヤカーを引くのもままならない体力で、いつ死んでもおかしくない状況の人が多いと聞きます。
個人の責任もさることながら、社会の歪でホームレスになった者が多いんではないんでしょうか・・・

Remさんへ

私もこれが創刊された時に知ったのですが済んでいるところが田舎なもので
出会うことはなかったんです。

都会に出たら是非と思っていたんですがいつの間にか記憶の谷に埋もれてしまったままです。

販売地が決まっているのでわざわざそこまで出掛ける機会もありません。

ご覧になったことがあるんですね。羨ましいです。

私もザクロを見るのは久しぶりなんです。
ガサゴソと入っていったんで蚊の餌食になってしまいました。

昔はわりとそこいらで見ることが出来たんですが今では見ることもありません。

よその畑なんですが黙って撮らせていただきました。^^;

dejavuewordsさんへ

ビッグイシューの冒頭に人は何故ホームレスになるのか?というのがあります。
そこでhopelessになりhomelessになるとありました。
絆がなくなって・・・それを読んで妙に納得しました。

釜パトでも紹介されていますが最近は30代くらいの元派遣の人も増えてきているそうです。
釜というのは大阪近郊のホームレスの人が多く済んでいるところです。釜が崎のことです。
彼女は愛隣地区だったかな?

これに関わっている人は未だ良いほうです。
仰るとおり一日中空き缶を集めてもそんなにお金にはならなくて縄張りがあるので
かなり遠くに行かなければならない場合もあるそうです。

バブルの時期に地方に仕事がなくて景気のいい都会に出てきて身体を壊したりして
そのまま埋もれてしまった人が沢山いるようです。

この人たちを生み出したのもやはり社会の歪が創出したものだと私も思います。

そして”足るを知る”ということも大事な事かと。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。