スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

月のお話し。

月のお話し。

昨日は仲秋の名月でした。まん丸のお月様が見られましたか?
少し曇っていましたが傘を被ったお月様が見られました。

昨年も書いたので今年は月にまつわるお話を探してみました。
占星術では月はもっとも人に影響を与える天体でこれの満ち欠けによって身体にも
かなりの影響を与えると言うことは知られています。
そこで水生式占星学から月の話を持ってきました。

月の話 vol.1


 夜の支配者――月は、あらゆる意味で太陽と背反します。
 太陽が表の顔なら、月は裏に潜む本性を示唆するのです。
 太陽は決定された一つの形を焼き付けますが、月は刻々と変化し続け、一つの形を
 とどめることは決してありません。

 シェイクスピア悲劇のロミオとジュリエットの台詞のように、夜毎形を変える
 不実な天体なのです。
 「変化」こそが月の持つ特質の最重要キーワードであり、過去から現在、現在から未来へ
 流れていく「必然」」の道筋を管理しています。

 いわゆるバイオリズムというやつですね。

 一つの生命が誕生し、徐々に成長していくプラスの変化も、成長過程を終えて
 少しずつ老いていくマイナスの変化も、全て月の支配下にあるのです。
 
   vol.2

 太陽が人生の「おもて」の基本を示唆するなら、月は人生の「うら」の基本を
 示唆します――すなわち「欲望」を。
 生きるとは欲望を処理することであり、全ての人生は欲望を満たすための
 戦いに明け暮れます。

 空腹であれば食物を欲し、満たされれば次は好物を欲し、満足しきれば飽食。
 このプロセスが月の仕事です。

 異性に恋し、思いを募らせ、やがて実り、相手を味わい尽くすと冷めていく。
 …このプロセスもそう。

 ホロスコープ上で月の在るハウスは、欲望・興味・好意の向かう方向を指し示します。
 あなたのホロスコープの月が風のエレメンツ(3室・7室・11室或いは双子座・天秤座・
 水瓶座)にあるなら、あなたが好きになる人は風のエレメンツに華やかな天体
 (木星や太陽)を持っていませんか?

 あなたの月が木星に反応しているなら「理想の人」の要素が強く、太陽
 反応しているなら「運命の人」の可能性あり。
 月同士や冥王星に反応していると思われるなら、ちょっと生々しい関係に陥りそう。
 悪縁・腐れ縁につながる場合もあるから注意が必要かも。

    vol.3

 月は、欲望の向かう先を示唆すると同時に、他者の欲望を向けさせる誘因をも示唆します。
 何かを欲するということは、その対象に対しての受け入れ態勢が全開になるということで、
 イコールそこがあなたの「弱み」になるからです。

 「金が欲しい」人は「金に弱い」わけだし、「甘くて脂っこい食べ物が好き」な人はメタボを
 恐れつつも「霜降りステーキ肉300gや濃厚チーズケーキに弱い」わけです。
 あなたの欲望の対象が人間である場合――簡単に言えば誰かを恋した場合、相手からも
 愛されたいと強く願うとフェロモンの分泌が活発になり性的魅力(セクシー度)が増します。

 恋をするとキレイになる、という道理ですね。
 そして性的魅力が増せば、あなた自身が他者の欲望を引き付ける対象になります。

 あなたのホロスコープ上の月がアクティヴになると、欲望が強くなり、同時に
 魅力が活性するわけです。
 繰り返し述べてきたように、月は決して一つの状況に安住せず、常に変転する宿命を
 持っているわけで、緩やかな弧を描きながら増減し続けます。

 自分自身の月のバイオリズムを知るのはそれほど難しいことではありません。
 欲望が健全に、活発に、稼動している状況なら――食欲、性欲共に旺盛、金銭欲もバリバリ、
 並程度の嫉妬心や憧れを抱き、現状に満足できず、誰かに恋焦がれている
 状況なら――あなたの月はアクティヴであり、今現在、あなたはあらゆる飛躍の
 可能性を手にしているのです。

 「欲」がこの世の悪を生み出すものであることを否定はしませんが、人間の営みを
 生き生きとさせる原動力であることも事実です。
 「幸福の狩り」に参戦することこそ、人を魅力的に輝かせる最上の手段といえます。

 但し、月が引き付けるのは恋心だけではありません。
 劣情やよこしまな企み、暴力など様々な災厄も引き付けます。
 欲望の充足には常に相応のリスクが伴うということも覚悟すべきでしょう。

    vol.4

 月が象徴するイメージの基本は「女性」であることが多く、そこから弱々しさや
 艶かしさが連想されるわけですが、実は、月には別の暗い面もあるのです。

 月は「血と肉」に作用し、「凶行」や「流血」を主導する天体でもあります。

 受動的に身に降りかかる凶行だけでなく、能動的に他に及ぼしてしまう危害にも
 月は深く関与します。
 実際に力を行使するのは天王星の管轄であるため、凶行の加害者・被害者になるためには
 天王星と月との位置関係が密接である必要があります。

 月は言わば陰の黒幕――欲望から派生する嫉妬や劣情、悪意などを使って天王星の
 実行力を巧みに操り、その方向性を狂わせるのが仕事です。
 被害を受けるということから考察すると、水室の月はターゲットにされやすい
 状況――「狙われやすさ」を示します。
 この内、12室は変調が加わる人室に属すため、時に「過剰な排出」をもたらします。

 12室に月があり、天王星と同居するか、ハードなアスペクトを持つ場合、事件・
 事故による失血を暗示することもあるので注意が必要です。
 加害については、同様の考察から火室・人室に属す9室に天王星があって、月が
 ハードに絡んでいる場合に暗示が強まります。

 12室の月は、女性の生理を重くする働きもしますが、サイクル次第では多産や
 不労所得、多人数からの求愛にもつながり、悪い意味とばかりは限りません。
 9室についても同じで、「無敵の力」を示唆することもあるのです。

 月の光は見慣れた事物に気まぐれな陰影を与えてデフォルメします。
 物の形だけでなく、人の心も怪しく狂わせるのです。

 よく言われるように、満月の夜は危険がいっぱい…なのでしょう。

※ 12室 (12星座)(12ハウス)


 占星学の基本である12ハウスは、地球を中心点にして天空に太陽の通過軌道の円を描き、
 春分点を起点に30度ずつに区切った占星学上の架空の室空間です。
  12のハウスはそれぞれ人生を形成する特別なテーマを持ち、ハウス内の
 状況――入室星座や入室天体など――から人生テーマに沿った占い診断を下します。

と読んでいったらとっても面白い月の本性というか性格と言うか、が分かります。





確か兵庫県警(?)が交通事故と月との関係と言うのを何年か前に発表したことがあります。
 (記憶が定かではありません。)警察の事故との関係と言うのを新聞で読んだ記憶があります。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが『ボイド時間』と言うのがありました。

ボイド時間帯は、占星術の世界から生まれたものです。
月は、12星座をめぐって動いていますが、その運行中に他の惑星と特定の角度
(アスペクト)をもった位置関係になることがあります。
また、逆にどの惑星ともアスペクトを作らなくなることがあります。
月がアスペクトを作らなくなった時点から次の星座に移るまでの時間帯、
それがボイド時間帯です。


ボイド時間帯の注意点として次のようなことが考えられます。
  ■新しく計画をたてない。
  ■ボイド時間帯になると普段と変わったことをしたくなるので特に自重する。
  ■旅行の出発がボイド時間帯であると、トラブルが起こりやすくなるので注意する。
  ■この時間帯に「新たに知り合った人」とのつきあいは慎重にする。
  ■重要な会議は行わない。 

 兵庫県警が発表したものは見つけることが出来ませんでした。
 申し訳ありません。m(_)m
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

子供の頃から月の淡い光が好きで
部屋の電気を消して眺めていた事がありました。
家族旅行中、車の後部座席で寝転びながら
ずっとついて来る(様に思えた)月がとっても不思議で
「お月様がずーっとついて来てるよ」って
前の席にいた両親に報告した事をふと思い出しました。

あんなに綺麗なのに月にまつわるお話って死をにおわす話が多いですよね。
あんなに綺麗だからこそ、なのでしょうか。

昔は月を直接見てはよくないことがあると
池などに映った月を愛でたという事もあったようです。
月見酒は盃のお酒に映る月を楽しんだという。。。
ともすると忙しさに飲み込まれて忘れがちな昔の日本人の素敵な所を
たまには真似てみるのもいいかな なんて思いました^^

くまくぅさんへ

月は満ち欠けを繰り返すのでそれによって吉凶を占うからでしょう。
それに人間の体の60%が水分です。
月の引力に左右されるからとも言われています。
人の生死、お産の時も潮の満ち引きが関係しているといわれています。

またパワーも与えてくれます。
全身で月の明かりを浴びると精神面にパワーを貰えるので
一人静かに受け取ることもあるようです。

それだけ神秘に満ちているんでしょう。
お料理にも月をたとえて名前がつけられているものもたくさんあります。

どこまでも日本人は情緒を大切にします。
昔の人は月の持つ力をちゃんと知っていたんでしょうね。

私は今でも月がついて来ると思っています。守ってくれていると。
夜は怖くないんですが今は人が怖いですね。^^;

簡単料理をひとつ。
お豆腐の上をスプーンでくりぬいてほうれん草前に置きます。
めんつゆをかけてレンジで加熱。
熱々のところに卵を割りいれてそのままいただきます。
すくったところに卵を入れますがレンジの前でも後でもお好みで。

「田毎の月」です。
田んぼに写った月に見立てたものだそうです。

こんばんは☆

月の話、興味深く読ませていただいてます。
天体にまつわるお話は神話も含めてたくさんありますが、
歌や曲にもよく出てくるせいか月はとても身近な感じがします。
バイオリズムとも密接な関係があって占星学ってこんなに深いんですね※

Remさんへ

占いはあまり信じないほうですが
神話は大好きです。

信じないのにジョナサンの星占いは毎週見ています。
あたることはないんだけどなんとなく気持ちの持ち方を教えてくれるので参考になります。

色々な天体のお話も沢山ありそうです。
そうですね、音楽は月をテーマにしたものが多いですよね。

Fly Me to the Moonなんていかがでしょうか?(笑)

陰と陽

月にまつわる考え、思考も色々なものがありますね。普段はそんなこと何も考えたことないけど。読んでみてなるほどと納得できることもありますね。

こちらでは秋雨前線のため、毎日雨で残念ながら今年の名月はみれませんでした。15夜より16夜の月が真ん丸だと聞いたことがあるんですが。。どうですかね?

BUNBUNさんへ

ほんとに最近はよく雨が降りますよね。
今は台風の影響が出ているのではないですか?
今週はこちらに雨台風とやらでお越しになるそうです。そちらはいかがでしたか?

残念でしたね。こっちは傘を被っていましたが見ることは出来ました。

そうなんですか?十五夜が一番丸くなると思っていました。
もう一度調べてみなくては、ですね。
言われてみると何かで十五夜は必ず満月にならないと読んだような・・・。
十五夜というのも言葉遊びのような言い回しと書いてあったような?

すみません、いい加減なもので。^^;
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。