スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

八朔

八朔

このあたりでは9月1日は八朔(はっさく)です。
最近はこの八朔もご近所からクレームがくるようになりその月の第一土、日に
行われるようになったそうです。

知らなかったもので折角行ったのにやってないことが何度かあって
さびしい思いをしたことがありました。
忘れていたのにひょんな事から思い出して仕事仲間が近くに住んでいるので
聞いてみたら先述のごとく日替わりしたとの事神事も生き神様には勝てないと
言うことのようです。

八朔とは、旧暦8月1日(朔日)の事で、このころ台風や病害虫の被害をこうむる事が
多いため、風雨を避け、順調な五穀豊穣、家内安全を祈ることを目的として、
130年前の明治18年からある祭りで、以前は9月1日に行われ、昭和51年以降
現在では、9月の第一日曜日に執り行われています。

八朔の由来と起源

風雨順調・五穀豊穣を祈る事を目的として、明治の時代から当大社の公式祭典として
斎行されてきたお祭りです。
以前は9月1日に行われておりましたが、昭和51年より現在のように、9月の
第一日曜日に執り行なわれています。

この「八朔祭」の起源は、古来からの習わしで、いわゆる「八朔」または「怙恃(たのみ)の節」
、「たのみの節」といわれてきた人々の年中行事に遡るとも言われています。
この「八朔」には、ひとつには「田の実りをお供えする」と言う意味と、「稲穂の豊穣を祈願する」と
いう二つの意味合いがあり、室町時代の一條兼良の「公事根源」、江戸時代の黒川道祐の
「日次紀事」などによると、旧暦の8月頃になると早稲の穂が豊かに実るので、農民の間には
その初穂を貴人、恩人に送る風習が古くからあったと言われています。

この「八朔」の紀元について、一条兼良は「公事根源」の中で、鎌倉時代の
後深草天皇の建長の頃か、後嵯峨天皇の頃か定かではないがと紹介しておりますが、
民間儀礼の一部として農民の農耕儀礼にその源を発し、次第に武家から公家へと
浸透していった模様です。

また江戸時代においては、幕府は、この日は徳川家康が天正18年(1590)8月1日に初めて
江戸城に入城した記念すべき日であり、この日を特に正月に次ぐ祝日としたと言うことです。
さらに朝廷においても、「後水尾院當時年中行事」に「八朔」が恒例の行事として
紹介されており、江戸時代に至っては貴賎の別なく盛大に行われていたようです。


松尾大社(京都)の八朔祭りより抜粋しました。

八朔祭り
女神輿

PCが動いている間に松尾大社の八朔祭りの様子です。
ここではこんなに派手なものではありませんが地味に夜店などが出て
それでも遅くまで賑わっています。

色のついたヒヨコたち今思うと懐かしいものです。
結構大きくなりましたがイタチに襲われて死なせてしまいました。(涙)



PCの調子が悪くてコメントを入れようとしても上手く行かずエラーになったり、
固まったり、バージョンアップをしてから今まで行ってたところもいけなくなったり
EXP7よいったい何なの?というわけでしばらく手元を離れることになりました。

作ってもらったPCに移して(多分)修理に出します。
もしかしてお邪魔できないかもしれませんが戻ってくる日までしばらくは
日和見するかもです。

一日にUPするつもりが日付変わっちゃいました。^^;
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

シェイドさんの記事は、有り難いですね。土地土地に伝わる故事・行事が紹介されていて、純な気持に為れます。便利・豊富な世の中に暮らしていても、心の奥には地道な生活の純な部分を、持ち続けたいと感じて居ります。

アガタ・リョウさんへ

慣れないPCで使い難く画面も小さいしやりにくいです。

ところによって色々と違いがあって面白いです。
ここであることは全国的に同じだと思っていてもあったりなかったり・・・。

本当はネタがないというのもありますが狭い地域での祭事や行事を
書き記していると改めて思うこともあります。

ある意味自分のためでもあります。いつか人が少なくなっても変わらずに
続いてくれたらと思っています。

仰る通りですよね。
心穏やかにすごしたいと思います。

こんばんは☆

写真感動しました。
すごく綺麗ですね※ 賑やかな音も聞こえてきそうです。

歴史もずいぶん長いみたいで、来年も楽しみですね。
小学生の子供さんたちも宿題の山から解放された1日目なので人もたくさん集まりそうです。

No title

古くから続くお祭りにもクレームが来ちゃうんですね。。
なんだか寂しいなぁ☆
本来の意味も分からず受け継いでいるものって結構ありそうですね。
こうやって元々の由来や起源を知るのも
なんだか興味深いです。

Remさんへ

豊穣のお祭りですがこのあたりのものとはぜんぜんちがいます。
由緒正しき京都ならではの様子ですね。
女神輿も珍しいですよね。
松尾大社の写真をお借りしました。

このあたりも小さいながらお寺なんですが故事来歴を人形が見せてくれます。
それも結構古いもので大切にされているのが良く分かります。

楽しみは勿論夜店です。
懐かしい射的なんかもあるんですよ。(笑)

くまくぅさんへ

ここに行くと昔の服装をした人形が故事来歴を説明してくれています。
ゆっくりと見て回ったりするんですが人が多すぎて立ち止まって見ることも出来ませんでした。

祭りに夜店はつき物で参道から小さな路地までたくさんのお店が出ますが
参拝客のマナーが悪過ぎるようです。

終わったあとの散らかりようは人の庭の中にもごみが投げ捨てられ
塀の上には空き缶空き瓶が並べられ道端には袋が散乱してそれはそれは大変なようです。

音もうるさいらしく周りの人は眠れないと苦情がでていたそうです。マ
ナーが悪いと余計に寂れていくと思いますね。

行く人ももっと考えなければいけないと思います。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。