スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
地蔵盆  ←地蔵盆 【--年--月】の更新記事一覧 →ペットが毒蛇?  ペットが毒蛇?
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

好きなもの~♪

好きなもの~♪

11人いる!と言うコミックをご存知ですか?
1994年に単行本になっているようです。

ググって見ました。wikiより

漫画雑誌「別冊少女コミック」1975年9月号から11月号に連載された。
   
       第21回小学館漫画賞受賞。

宇宙大学の入試最終テストの試験会場、外部との接触を絶たれた宇宙船を舞台に、
宇宙のさまざまな国からやって来た11人の受験生が、疑心暗鬼のなかで
反目しつつ、友情と恋を培うさまを描く。

発表当時の少女漫画では稀な、本格的なSFだと衝撃を与えた。
緻密な設定と魅力的な登場人物、緊張感のある構成は完成度が高く、これ以降の多くの
漫画が参考にしているほど影響力も高い。

また「11人いる!」という題名も評価が高い。

続編に『続・11人いる! 東の地平・西の永遠』、番外編に『スペース ストリート』がある。
またテレビドラマ・映画・舞台にもなっている。

作家は萩尾 望都(萩尾 もと)さんです。
10人一組で53日間宇宙船の中で過ごし迎えが来るその日まで色々な出来事に
遭遇しそれぞれが力を合わせて乗り切るというストーリーですが、宇宙船に
それぞれが辿り着き全員が「11人いる!」と言うところから物語が始まる。

これが卒業の為のテストであり、一人でも脱落者が出ると全員失格となる。
いざと言うときの為に非常ボタンがある、これが唯一連絡を取る方法であり
またそれを押すと全てが失格となる。
そしてまた改めて次の年度から卒業試験にむかわなければならない。

発表されてからなんと35年の歳月が流れているのにも驚かされています。
今発表されたと言っても何の遜色もなくレベルの高さが伺われます。

思うのですが大概色んな人たちが出てくるシチュエーションで必ずと言って
いいほど関西弁の登場人物がいますがこれはなんなんでしょうね。
関西弁って宇宙人?そんな事はないと思うのですが、何故東北とか沖縄の
言葉ではないんでしょうか?

それだけ親しみやすいという事で納得する事にします。(笑)
個性が強いのかなー・・・。

映画にもなっているんですね。
かなり古いので中古しかないだろうなと思いながらブックオフで調べました。
ついでにAmazonも。
なんとAmazonには新しいのがあったんです。
ブックオフは中古品しか(あたりまえです!)なかったのに新品であったので
『ポーの一族』も合わせて注文しました。

『11人いる!』は今年の1月に38回目の『ポーの一族』は2月に24回目の
発行になっているんです。いかに人気のある本であるかと言うのも頷けます。
興味のある方はTSUTAYAなどのレンタルコミックでご覧になって下さい。

本ってほんと~に面白いものですね。(o´・∀・`o)ニコッ♪


今日は偶然にもサザンのコンサートの模様がハイライトで紹介されていました。
それを見たいたんですが嬉しいやら淋しいやら・・・。

何度も見たコンサート(直接行ったことはありません。)でも昨日の物は
感無量といったところです。
これでもう暫らくは新曲も聴けないし、全員揃った姿を見る事も出来ません。
つい、色々な事が思い出され涙がポロリ・・・。

大好きなサザンは前日(23日だったと思います。)全国のラジオ局が一斉に
サザンの特集を組みました。
春にもラジオ局ジャックと称してサザン・ディがありました。

それぞの年代に愛されたバンドで、私は桑田圭祐さんの日本語を大切にしている
姿勢に惹かれました。
言葉を大切にして日本語の良さをとてもよく理解されている方と思っています。

「I AM YOUR SINGER」
 
くりっく



一日も早く次の曲をリリースして下さい、待っています。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
地蔵盆  ←地蔵盆 【2008年08月】の更新記事一覧 →ペットが毒蛇?  ペットが毒蛇?
 

~ Comment ~

No title

面白そうな漫画ですね^^
宇宙船で53日過ごすという夢のあるお話に魅かれました。
卒業試験が絡んでくるというところが気が利いて(!?)ます^^
クラシックSFだと思ったらずいぶん昔に作られたんですね。
気になります。。

サザンがずいぶんブレイクしていますね♪
今夏はradioなどでほとんどの曲が流れているような気がします。

Remさんへ

この本はかなり年数が経っているので驚いています。
今読んでも少しも見劣りしません。作者のレベルがかなり高かったのでしょうね。

少なくても20年くらい前と思っていました。とにかく斬新です。

大好きなサザンもテレビであんな風に見てしまうと胸に迫るものがあります。
毎日一回は必ずかかっていてそれを聞き終わってから車を降ります。
本当に聞くことが多いですよね。

No title

思わず「ポーの一族」に反応してしまった私です。
ただ始めの方しか読んでないんですよね。
今、なるしまゆりさんの「少年魔法士」を集めてますが
一年に一巻出れば良い方・・・かな?^^;

本はもっぱら中古です。
読めればいいかなって感じなので。
たまに待ちきれずに新しいものを買ってしまうこともありますが。

tenkoさんへ

ポーの一族をご存知でしたか。
嬉しいです。私はこのシリーズも好きなんですが11人いる!は
特に印象に残っています。
少女マンガで宇宙物しかも心理戦を扱ったということ、斬新でしっかりした構成も良かったと思います。

リボンの騎士などもいかにもそのお年頃のと言うのも好きだったし
ポーの一族はバンパイアと言うテーマもかなりあこがれました。

「少年魔法士」タイトルからして面白そうです。今度読んでみます。

No title

面白そうな本♪。
単行本で読んで見たいです。
ポーの一族は聞いたことがあります。
ちょっと興味あり!!

ホント、サザンの曲聞かない日はないですね!!
凄い偉業ですよね・・・
30年が過去にならないアーチストって・・・
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。