スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
無罪判決  ←無罪判決 【--年--月】の更新記事一覧 →好きなもの~♪  好きなもの~♪
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

地蔵盆

地蔵盆

今日は地蔵盆でした。
当然早くから当番だから掃除の案内が来ていたはずなのに見落としていたと言うか
見ないようにしていたのか・・・お隣が声をかけてくれなかったら
知らん振りをするところでした。
誘ってもらえたので助かりました。(^o^)v

※ 長い夏休みも終わりにさしかかった頃に、最大で最後のイベント「地蔵盆」が
各地域で行われます。地蔵盆とは,町内のお地蔵さんをおまつりし、
子どもたちのすこやかな成長を願う催しで毎年8月23、24日当たりに開かれます。

地蔵盆は京都生まれで、近畿地方の行事として古くから行われてきました。
また、北陸地方や新潟、信州では長野市周辺で盛んに行われていますが、
東海や関東には、ほとんどないそうです。
なぜ関東には定着しなかったのでしょうか。それは地蔵信仰の歴史のちがいに
よるもののようです。京都では室町時代に地蔵盆が大流行しましたが、東京では
江戸時代になって、やっとお地蔵さんが作られたのです。

その上、江戸ではお稲荷お地蔵さんは民間の信仰の神様ですが、仏教に
属する地蔵菩薩です。
この地蔵菩薩はお釈迦様が入滅してから未来仏の弥勒菩薩がこの世に現れるまで、
人間界のみにあらず地獄・飢餓・修羅・畜生・天といった六道すべてに
おもむき、人々を救済しました。

平安時代以降に阿弥陀信仰と結びつき、地蔵信仰が民間に広がり、道祖神と同じように
村を守る役割も果たすようになります。
そして、地獄の鬼から子供を救うとして子供の守護神ともなり、現在にいたっています。
地蔵盆の主役は、子どもたちです。
京都では、各町内ごと地蔵尊の前に屋台を組んで花や餅などの供物をそなえ、
お菓子を食べながらゲームなどの遊び、福引きなどが行われます。

※ 地蔵盆より転載しました。

このあたりでは子供が生まれると提灯を作ります。
その子の名前を書いてもらいお地蔵さんのところに飾り付けます。
でも最近は提灯も数少なく我々のときのようにさお竹の追加をすることも
無くなっています。

色々な物をお地蔵さんの前にお供えしてお経が終わるとお菓子などを子供達に配ります。

今まではこの日に盆踊りなどをしていたのですが最近では行われていません。
地区のお年寄り(観音講)がでてお地蔵さんの前で観音経を唱えます。
ここには三つのお地蔵さんがありますが一体だけ向いている方向が
違うらしいのです。

何故なのかは知りませんがそのお地蔵さんのところに行くのには他所のお宅の庭を
通らなくてはいけません。
そのお地蔵さんは夜尿症を直してくれるそうで私たちはあまり知らなかったのですが
別の地域からわざわざこのお地蔵さんにお参りに来られる事もあって、それでこの
お地蔵さんを知ることが出来ました。

地元のお婆さんに聞いたら「ここに住んでてそんな事も知らないなんて」って
言われたことを覚えています。
私が聴いたこの人は地元の生き字引といわれていた人でした。
何でもズケズケと物を言う人でしたが何故か気に入られていました。
因みにうちの甥っ子が中々おねしょが直らなくてやはりこっそりと
お参りしたそうです。地元なのできっと恥ずかしかったのでしょうね。 

結構お参りする人が多いらしいです。(地元でも)
勿論、おねしょは直りました。(^o^)v

児童公園に提灯が張り巡らされていたのでもしかしたらまた盆踊りが
行われているのかも知れません。
でも今日は雨が降っています。中止になったのかも・・・。
それともカラオケ大会でも行われているのでしょうか?
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
無罪判決  ←無罪判決 【2008年08月】の更新記事一覧 →好きなもの~♪  好きなもの~♪
 

~ Comment ~

No title

地蔵盆、そんな行事があるんですね。

この時期はお墓参りの他というと盆踊りくらいしか思い浮かばないですが、
の実家の方でも町内の盆踊りは年々縮小されていて、
ついになくなってしまったそうです。
こういった行事、残せるものなら残していきたいものですね。

くまくぅさんへ

関東の方は無いようですから。
ここでは子供が生まれた家には必ず提灯屋さんが尋ねてきて名前を入れて
地蔵盆までに届けてくれるんです。
でも今は子供が少なくなった為に今はちょっと遠いところで作ってもらうようです。

自分の子供が小さい時に子供会としてお店やゲームなどで盛り上げた事もありました。

今でもその頃参加してくれた子は
あの時は一番楽しかったと喜んでくれています。

今はそんな事をする人も子供も激減しています。

こんばんは☆

地蔵盆というイベントがあるのですね。
何だかとても風情がありそうです※
子供さんたちに語り継がれるお話は大人が聞いても楽しいものがあります。
歴史もあるようなのでこういったお祭りは次世代にもずっと残していただきたいですね♪

Remさんへ

このあたりでは普通にあるので地域限定とは知りませんでした。

段々子供が少なくなっています。
用意するお菓子も昔と比べると半減しています。
どのあたりまで続ける事ができるんでしょう?
子供しだいと言う事になるのでしょうか?
嫁に行った人も子供をつれて帰ってきます。せめてもの慰めでしょうか?
大勢の方が賑って楽しいと思いますけど。

何時までも続くといいですよね。^^
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。