スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

教えてくれたもの。

教えてくれたもの。

先日書いたように未だ怖い話しを読んでいます。
怖い話しというだけで実は少しも怖くないんです。
読みながら思ったのですが子供の時に外で遊んでいて遅くなると
暗くなる前に帰ってくるようにといつも言われていました。

※「コトリがくるよ、早く帰ってくるように」これが私たちに 
掛けられる言葉でした。

※コトリとは小鳥ではありません。子盗りなんですね。
大きくなって知りました。

夜、近所の友人の家に行こうとすると人攫いが来て連れて行かれるからとか
悪いことをしてはいけないとか・・・。
誰も見てないと思っても必ず神様は見てるから悪いことはしてはいけない。
嘘をついてはいけないと。
そんな他愛も無いようなことばかりでした。

山の怖い話はそんなことが多く書かれています。
畏敬の念をもってあることに対し敬意を払う、過ぎてはいけない事等々。

思い出したら色々と注意を受けていたことなどそれがそれぞれの神に対する
畏敬の念であったことを今更ながら身に沁みて感じ入ってます。

今の子供達に欠けているものはそういうものに対しての
”畏敬の念”ではないでしょうか?
いたずらに心霊特集などを掲げて興味をそそるも、昔からあった心の中にある
神仏や物に対しての愛情とか大切にする心が失われているのではないかと。

ご飯を食べてお茶碗の中にご飯粒が残ります。
お茶碗についたご飯粒も一粒残さず食べなさい、お米にはその文字の通り
八十八の手間がかかっているからお百姓さんに感謝して
一粒残さず食べなさい、と。

お箸の持ち方が悪いからと何度も直され注意を受け正しい持ち方が身に
つくまで注意をされました。
食べ物を口に入れて話しをしない!など。
躾と同時に色々な自然現象も織り交ぜて人はこうあるべきと昔の人は
教えてきたのかもしれないと気がつきました。

山の中で色々な現象に出会い命からがらに逃げ帰ってきて村の年寄りに
話すとそれは獲物を必要以上に獲ったからだ、三ヶ月は山に入ってはいけない。
行ってはいけないところに入ったからだ、とか。

きっと子供の頃はそんな話しを聞かされて育った事も忘れてしまっていて
今更ながら恥ずかしいと思います。
自分の子供に昔話を読み聞かせ、その中にある人の思いや物に対しての
思い入れなど、神が宿り大切にすることなど話して聞かせてきたことなどを
思い出し、今の自分にそれが無いことに気がつく。

時は過ぎても人の心は変わってはいけないのではと恥ずかしくも思います。
山の怖い話しは私が忘れていた幾つ物の事を思い出させてくれました。

その中から一つ。

奇妙な獣道


  彼は祖父に可愛がってもらっており、よく一緒に山に茸などを採りに行く。
残念ながら、松茸の取れる場所だけは、いまだに教えてもらっていない。

山道を歩いていると、奇妙な獣道に時々出くわすのだという。
小動物が歩くのがやっとの幅なのに、白い玉砂利で美しく覆われているらしい。
しかも見つけるたびに、道はその場所を変えているのだそうだ。
不思議に思い祖父に尋ねると、次のような答えが返ってきた。

 これはわしらのための道じゃないから、知らなくていいことだ。
 こっちから首を突っ込まなければ、向こうも関わろうとはしないからな。

向こうというのが何物なのかは、実のところ祖父もよく分からないという。
彼は今でもたまにその道を見かけるそうだ。  


スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

今日は。此方は、雷がするだけで、雨に恵まれずです。

すーと、しんみり読ませて貰いました。示唆に富んだ、すーと入り込んで来る文章・想いですね。
現在の若い人達は、古臭いと感じるのでしょうか? 若い世代の人でも、こんな何気ない充足感に満ちた文章と想いをお持ちで・・・読んで居て、気分がホッとしています。

読んでいて、普段着の似合う人は、気持ちが和む物です。こんなページに出会えると、ホッとします。得をした様な気分に包まれます。

No title

自分も忘れている事が沢山あるんだと思います。
改めて教えられたことの大切さが身にしみます。
ご飯粒を人粒残さず食べる。当たり前の事なんですが、自分もそうやって教えられました。何気ない生活の中で結構忘れてしまっている事ってあるんだな~って、感じました^^;

アガタ・リョウさんへ

音はすれども姿は見えずほんにあなたは○のような・・といったところでしょうか?(笑)

こちらは長く雨が降っていません。そろそろ一雨ほしいところです。

私は決して若くはありません。
こんな事を書くくらいですから。
あまり年齢は変わらないと思います。

こんな風に言って頂けると穴があったら入りたいような気分です。
お褒めに預かり恐縮しております。
語彙も少なく拙い文章ですが
自分の思いを書き留めることが出来たと思っています。
少し表現力には欠けるとは思いますが・・・。これからもご指導のほど宜しくお願いいたします。

やんまさんへ

やんまさんもそんな風に言われて大きくなったんですね。^^
そんな小さなことの積み重ねがとても大切なことなんですよね。

自然に身の内に取り込まれて知らないうちに普通に出来るようになるんだと思います。
それが何も言われなくて育っていたとしたら平気で粗末にしてしまうと思います。

でもいつの間にかそれをどこかに忘れてしまっているようです。
もっと気持ちを引き締めなければと読みながら思いました。

No title

久し振りにお訪ねして気の注がれる文章を目にしました。

私の実家は下町の小さな街中の寺ですが、
幼い頃から良否にかかわらず言い聞かされた言葉は身に染みているようです。
コトリの話もご飯粒の話もおはしの話も一緒です。
街中ですから山の話は有りませんが、
自分が空に向って吐いたつばは必ず自分に帰ると教えられました。
信仰は自分が素だとも、
自分が有るから喜怒哀楽も感じることが出来ると。
まるで般若心経ですね。
難しいお話は長くなりますが、
金縛りは何べんも掛かりました。そんなに悪いことしているのかしらん?(^_-)-☆

KIKOさんへ

ご無沙汰しております。
いつも読み逃げで申し訳ありません。随分と楽しませて戴いております。

やはり同じようなことを言われていたんですね。
どうなんでしょうか?
今時こんな事を言ってる親っているんでしょうか?
私が子供の頃はいつも口うるさく言われていたように思います。
お蔭で子供にも同じことを言って子育てしてきました。

子供達はどう思っているんでしょうか?(笑)

KIKOさんも金縛りに会われるんですね。^^;
悪いことをしていなくてもあいますよー。最近は少なくなってきましたが、わかるんです。
ちょっとやばいなーって。^^;

でも慣れてますから。(笑)

No title

「コトリがくるよ、早く帰ってくるように」これは初めて聞きました!
が、それ以外は全て聞いたことがあります。
畏敬の念、今の自分にも欠けていることかもしれません。
考えさせられます。

No title

読んでいて、なんだか心が静まった気がします。
そういえば遠い昔、お祖母ちゃんが色々教えてくれたっけ。。。
理不尽なニュースを見聞きするたびに何が欠けているんだろうと
考えていましたが、「畏敬の念」
ほんとこれに尽きる気がしました。
自分の事を思い返しても反省です。

もし、子供が生まれたら
こういったことを読み聞かせしたいと思いました。

「奇妙な獣道」
なんか、、深いですね。
今の人間社会はきっと驕っているような気がしてきました。

まさぽんさんへ

何だか今日は嫌な予感がするとか、何かいいことがあるかも!と
言う期待感とか、俗にいう第六感はみんなが持っていてそれが人に残された
唯一の感覚になってしまったのではないでしょうか?

科学に流され何もかも説明がついているように思えますが
説明のつかないことのほうが多いと思います。

目に見えないものに対しての思い
も大切なんではと思いました。

くまくぅさんへ

個室化や個食化、そして核家族。
全て最小単位になってきています。昔のように大家族なんてありえません。

でもその中から色々な学ぶ事は沢山あったんじゃないかと思います。
特にお年寄りのいる家庭ではそんな事を話してくれますので。

見ないものに対していつも敬虔な気持ちをもたなければいけないのではと改めて思いました。

「奇妙な獣道」私も読んでそう思いました。

全くその通りですね。

「説明のつかないことのほうが多い」本当にそうですね。飛行機が飛ぶ原理を、学者たちが厳密には説明できないと聞いたことがあります。実はそういった「説明できないこと」の上に成り立っているのが、私たちの生活なのでしょうね。全てわかってしまったような高慢な態度では人類は先に進めないのでは、見えない世界に対して「畏敬の念」謙虚な気持ちが大事なのではと思います。

hirosiさんへ

仰るとおりだと思います。
人智を超えたところで『何か』が働いていると思います。
人の驕りが全てを招き寄せているのかもしれません。

自然を大切にする事が敬うことにも繋がっていくのではと思っています。
旬と言う言葉もあまり聞くことはなくなっています。
余計に謙虚さが失われていくのではないでしょうか?
いつでも手を伸ばせば届く所にあるのでは気持ちも失せてしまいますから。

今しかない(旬)と言うことも知る必要があるのではとも思います。

No title

昔ながらの教訓ってホントにいろいろな事を学ぶことが出来ますよね。
ことばを追うだけで“なるほどなぁ…”と感じたり…
尊敬することの大切さを改めて感じました。
今は情報や考え方が錯綜しているので子供さんたちの指導される環境でもずいぶん違ってきますよね。

まだまだ暑い日が続きそうですがどうかお体にお気をつけて過ごされてくださいね。

Remさんへ

先人から学ぶことは沢山ありますね。
思い返してみると思い当たることばかり・・・。
文明に毒されてもっと大事なことを忘れてしまうところでした。
科学などでは説明のつかないことが多いと言うこと、感謝の気持ちを忘れない事だと思います。

何気に過ごしてきたことを恥ずかしく思いました。

お忙しいようですね。
お身体を労わってくださいね。
あまり無理をなさいませんように。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。