スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ブログパーツ  ←ブログパーツ 【--年--月】の更新記事一覧 →半夏至  半夏至
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

お蔭様でという言葉。

お蔭様でという言葉。

今日から新しい月に変わりました。
そして一年の半分が過ぎていったことになります。
半年の間になんて嫌なことが多かったのかと思います。

本来人は相手を思いやり優しいはず、それが本来の思いやりや
優しさを忘れ去っていて、そればかりか自分さえも見失ってしまっている状態です。

お元気ですか?の問いかけに「おかげ様で」と答える。
その『おかげ様』とは見えない相手を気遣い自分が今までに存在する為に
あったであろう繋がりの事。

説明下手なので・・・ 。 ←何時ものようにお分かりですよね。(笑)
ここからです。

 私と親とどちらが先にいたでしょう?
 あまりにも当たり前のことですが、私よりも親たちのほうが先にいました。

 親たちとその親たちのどちらが先にいたでしょう?
 もちろん、親たちの親たちです。
 私よりも先に親やその親やご先祖さまがいました。

 私と私の食べる植物や動物のどちらが先に存在していたでしょう。
 植物や動物ですね。

 何度も繰り返してきたことですから、ここでは細部は省略しましょう。

 ともかく、それらの無数のつながりの中で=おかげで、私が生まれてくることができた、
 私が私になることができたわけです。

 つまり、私が生まれてくる前に、私が生まれる条件になっているさまざまなものの
 つながりが先にあったのです。

 個々のもの(者・物)が存在する前に、つながりが存在しています。

 これは、ふだん私たちが思ったり、議論したりしないこと、つまり不思議なことで、
 でも気づいてみると確実な事実ですね。

 個々のものの存在に先立つつながりの世界、あるいはそういう世界を
 見るものの見方を「依他性(えたしょう)」というのでした。

 ばらばらを見る見方=分別性に対して、つながりを見る見方=依他性です。

 依他性の世界が先立つ事実である以上、そちらを先に見る
 ものの見方のほうが正しいといわざるをえません。

 ばらばらを見る前につながりを見るのがより正しいものの見方だ、というのが
 仏教の基本的な主張のひとつだといっていいでしょう。

 個々のもの、特に私から始めてものを見たり考えたりするのをやめて、まずかかわり・
 つながりからものを見たり考えたりできるようになってくると、
 覚りの世界に大きく近づいたことになります。

 ここで、改めて私を私にしてくれている実に無数のかかわり・つながりのことを、
 できるだけ詳しく思い浮かべてみてください。

 そうすると、きれいごとや儀礼や強制的倫理としてではなく、自然な認識に
 基づいた自発的な思いとして、「私の自由でしょ」、「オレの勝手だろ」ではなく、
 「おかげさま」という言葉が心に浮かんでくるのではないでしょうか?

 依他性というのは、わかりやすくいうと、事実としての「おかげさま」の世界に
 しっかりと気づくということです。

 昔は若気の至り――自分の性格のせいと戦後個人主義教育のせい――で、
 「私は私だ(哲学用語でいうと「実存」)」とか言っているのがかっこよくて、
 「おかげさま」などという虚礼のセリフなんて下らないと思っていたことが、
 ほんとうに恥ずかしくなります。

 「おかげさまです」――それにしても日本語にはいい言葉があるなあ、と
 思うようになったのは、いい意味で「歳のせい」だと思います。

 いい取り方なら、歳は取るものですね。

        伝えたい!いのちの意味 岡野 守也様の公開授業+aよりのコピーです。


ここにきてくださるみなさまの支えがあって続けることが出来ています。
おかげさまでありがとうございます。m(_)m



 

シュナままさんのところにお邪魔してワンコの誘拐があることを知りました。
自宅の庭で飼われていたワンコ。
勝手に人の家の中まで入ってくると思うとゾッとします。
番犬なんて言葉は通用しません。
今ではペットは大切な家族です。

ここから「ハルに思うこと」からのコピペです。

それがどこの誰かもわからない人間がおぎわんさんのブログに遊びに行って知りました。
お店に繋げて連れ去られるって事件ばかりだと思っていたら
自分の庭で誘拐されるって知ってびっくりです。
そこまでして繁殖の為に犬が欲しいのかと憤ってしまいます。

信じられないことが起っています

5月30日にボーダーコリーが誘拐されました!


福岡県大野城市の自宅から、白黒のボーダーコリー「武蔵(ムサシ)くん」が
ジャックラッセルテリアの小次郎君と共に深夜連れ去られました。

小次郎君は6月6日に篠栗で無事、保護されました。
しかし、「ムサシくん」は未だ不明です。
ご近所で、迷っている犬や、最近飼われている犬でこの子に似ているかも?
と心当たりの方は↓下の連絡先よりご一報下さい。

連れ去り詳細
●ボーダーコリー
●武蔵(ムサシ)君
●2才のオス
●体重18Kg
●首のカラー(白)太め(右肩部分が特に広い)


どこかに繁殖犬として売られている可能性もあります。
もしくは、善意の第三者へ(盗難犬と知らない人)へ渡っている可能性もあります。
全国規模で捜索したいと思います!

連絡先 BCRNメール: b.c_rescue@hotmail.co.jp

皆様のご協力をよろしくお願いします。

武蔵君の左の口元にホクロのような点があります
詳しい情報はBCRNに載っています

一日も早く武蔵君がご家族のもとにもどれますように。
そして、皆さんのワンちゃんが庭から連れ去られないように、
係留やケージでの飼い方など再確認してください。


夏になるとお留守番させるのにベランダを網戸にして出かけるのよね。
うちはもう2わんおばばだけど、 今年はちょっと考えさせられます。


武蔵君の写真を手に入れてません。
良かったらリンクの「ハルに思うこと」の27日の記事を読んで
いただければと思います。

変な話ですが、あるところで犬を食用にしていると言う話を読みました。
まさかとは思いますが、ここ最近はおかしな事件が多すぎます。
人間だけではなくペットも誘拐の対象になっているので
充分に目を光らせていてください。
 
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ブログパーツ  ←ブログパーツ 【2008年07月】の更新記事一覧 →半夏至  半夏至
 

~ Comment ~

No title

なんだかほんと、思わずため息が出るような事件や
耳や目を疑いたくなるような事件が多いですね。。。


日本語には素敵な言葉が本当にたくさんあると思います。
私が私になることができた理由をしっかり受け止めて
感謝の心で過ごして生きたいと思いますe-53
もいつか
次に『つながり』を渡せるように。。
早くそんな日が来るといいなe-446

No title

おかげさまです。深い意味ですね~。本当に為になりました。そして改めて大切にしたい言葉だと思いました!ありがとうございます^^

犬の泥棒ですか?!信じられませんね。。。
善意の第三者に渡った場合は、民法では第三者は保護の対象になるはずですが、犬はペットの枠を超えて家族ですから、事情を話せば何とかなるような気もします。ですがまずは見つけないと意味がないですよね。武蔵君、どこにいるんだろう。言葉が話せないのでもどかしいだろうな~。これがムックだと思うといたたまれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

へりぐだるというのですか・・そういう人いなくなりましたよねえ・・こっちが相手たててるとさも当然の顔して見下される事が多い(笑)お前違うんだよなあってやつの多い事、参ります(笑)

地球は我々の物って言いますけど、誰かが言ってました・・我々の物じゃ無くて少しの間間借りしてるだけだから・・レンタカーみたいなもので、車わざわざ傷つけて返すヤツはいないのに・・って
なるほど~と思いました

くまくぅさんへ

嫌な事件ばかりで見るのも聴くのも嫌になりますね。
もっといい話は無いものでしょうか?

マータイさんの「もったいない」もそうですしこの「お蔭様で」と言う言葉も重みがあると思います。
>感謝の心で・・・くまくぅさんはすでにそうなさっていますよ。
私はなかなか真似ができません。

そうですよね。一日も早くその日が来ることを私もお祈りいたします。
でも焦らないことです。v-22

やんまさんへ

そんな風に言っていただいたら私も嬉しいです。m(_)m
何気に使っている言葉もこうやって見ると本当に生きてきます。
もっと大切にしなければと思いました。

おかしなことが起きますよね。
ペットの誘拐だなんて。
タチの悪いブリーダーの餌食になっていなければいいのですが・・・。
仰るとおり今はペットは家族の一員です。
きっとおぎわんさんも大変心配してらっしゃると思います。

ムックちゃんにも気をつけてあげてくださいね。
おうちの中だから大丈夫だとは思いますけど。

鍵コメさんへ

教えていただいてありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。m(_)m

wulmさんへ

そうですよね。
礼儀知らずが多くなったというか
人の気持ちを汲めない人間が多くなったと言うか一体何様?と言う人が多すぎます。

下手に下出に出たらそれ見たことかと言わんばかりの態度に出る人が多いから。
だからと言って上から目線ではいけませんし、困ったものです。

環境もそうですよね。
エコエコと言いながら貧しい人が泣かなければいけないなんて酷すぎます。
地球に優しい人は本当は未開の地の人かもしれません。
何も汚すことはしていませんから
今の生活を見直すときにきているのかも知れませんね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。