スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

読むと見るどっちが先?

読むと見るどっちが先?

久しぶりに洋画を見ました。「グリーン・マイル」です。
「グリーン・マイル」「ショーシャンクの空に」とどちらも好きな本です。
始めにグリーンマイルを読んだ時に、これは映画には出来ないだろうと
思っていました。

一気に6巻を買い込んで(と言うと大げさですがたいしたことのないページ数です。)
一気に読み終えました。
映画では描写が難しいところもあり、略されているところもありますが
本ではかなり細かく書かれています。
あの大きな黒人、コーフィーを演じる人はいないだろうと思いましたが
さすがハリウッド。
いるんですね。大きい人が・・・。

あの病気を治すシーンも本では想像できるものではありましたが
表現するのは難しいと思っていたので、映画では表現できないだろうと
思いましたがそれなりに出来るものだと思い自分の想像力のなさが
情けなくなりました。

表現者にはなれませんね。(>へ<)

私はスティーブン・キングをあまり好きではありませんでした。
このグリーンマイルを読むまでは。

その前に「ショーシャンクの空に」を読んでいました。
映画も見ました。これもボロ泣きでした。
いつもなら作家は見るのにこれはまったく気にしてませんでした。
「ミザリー」を読んでミザリーの時はキングとわかって読みました。
これはあまり好きではなかったんですけど。

マイルを読んでそしてショーシャンクがキングの作品と知りました。
マイルのおかげでキングを見る目が変わってきました。

今ではキングとあったら買ってしまうというところまで傾倒しています。
今、「ミスト」と言う映画も始まっています。(未だ?)

これは本を読まなければいけません。
読んでから見るか、見てから読むか、悩ましい限りです。
まぁ、引きこもり主婦としては答えは出ています。
読んでからDVDコースになるんですけど。

今読みかけている本もあるんですけど・・・2冊ほど。
読まなければいけない本も数冊有るんですけどこの状態では
つん読になっています。 

時間だけはたくさんあるんですけど読めるときと読めないときが
あって、気分が乗らないと言うか。
どちらを先に読み終えたらいいのか・・・。

うっかりすると別の本を手に取りそうです。(^^;)
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

こんにちは!

ホントに読書家でいらっしゃいますね☆
あの病気を治すシーンはすごかったですね※
それぞれの演技も独特の味があって♪
小説のほうも読まれていらっしゃるみたいで。活字で読んだ後と映像とのギャップも楽しめますよね^^
“ミスト”楽しみです!

Remさんへ

ご覧になってらっしゃるんですね。^^
ついでにトム・ハンクスも好きなんです。(^o^)v
だからあの映画はいろんな意味で大好きです。

同じところで泣いてしまうんです。
わかっているのに・・・。

Remさんはほんとに色々ご存知なんですね。
私も「ミスト」楽しみにしています。

No title

グリーンマイル、2度ほど見ましたが。。
泣けて泣けて仕方がありませんでした☆
今回は仕事で見られなかったのですが
残念なような、良かったような。。e-454e-330

原作と映画を比べると、どうしても映画は原作に勝てなかったりするのですが
グリーンマイルはどうだったのでしょう??

も読書するには波があって
読む時はほんと これでもかっ てほど読みまくりますが
そうじゃないと手に取る気も起きないという。。(苦笑)
ちょっと前に「チーム・バチスタの栄光」を読んでから
今はピタリと読まないモードに突入しているですが
そろそろ本屋さんのぞいてみようかな・・☆

くまくぅさんへ

おはようございます。
グリーンマイルはいつ見ても泣けますよね。^^

本については同じ意見です。でもいつでも何か読めるように
本はいつも手元においてあります。
最近はミステリーにこだわらずに読むようにしています。

「チーム・バチスタの栄光」は未だ読んでません。(><)
読みたい本のひとつです。

グリーン・・・は本の内容にに沿って忠実に作られています。
ただ細かい描写は本のほうが優れていますがなんら遜色は
ありませんでした。

ただ、看守(ポール)がコーフィーの無実を信じて彼の無罪を
証明する努力は割愛されていましたが、それを彼の思い入れとして
映像化されていました。

とても好きな作品です。

No title

どちらも面白い映画ですね~!
大好きです!
自分は本はもっぱら日本人の作者しか読みません^^;
なので、洋画は原作の本は読まずに、いきなり映画を観る派ですね~。
どうも、洋書を翻訳したものが合わないというか。
でも、そういう人に限って、読んでみたらとまらなくなるって事もありますよね(笑)

自分は本は読むけど、その映画は見ないって言うパターンが多いかもですね~。
何故かそこで満足してしまって、余韻に浸って終わってしまいます・・・。
今度、何か観てみようかな!

No title

最近は映画には縁がないですね~。
田舎の小さな町なので二つあった映画館はとっくの昔に消えて今はありません。
見ようと思えば車で40分もかかるし、すっかり忘れていました。
でも映画もいいですね、見てみたくなりました。

やんまさんへ

私もどちらも好きな映画です。
日本の小説はあまり読んだことがないんです。
なんといっても「フランダースの犬」が自分で読んだ最初の本です。

それからずっと洋物です。

やんまさんだったら映画を見に行こうと思ったら
さっといけるんでしょうね。

私はかなり気合がいります。^^;

立山羨ましいです。v-263

BUNUBNさんへ

このあたりも結構な田舎なので映画館はとおの昔に
スーパーになっています。
私も出かけるときはシネマコンプレックスに出掛けます。
それぞれが好きなものを見れますから。
その後に買い物してと言う順番で。

でも車で30分もかかるんですよね。
その点は同じです。

でもほんとにたま~~にだったらいいものですよ。
落ち着いたらお出掛けください。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。