スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

迷子?

迷子?

今日は28日、このあたりはお不動さんの日になります。
日中は夏のように暑く少し動いたら汗ばむくらいでした。
明日はうちの子供と義母の月命日。

仏間を片付けて仏壇を綺麗に拭いて明日の準備をします。
花も変えやっと準備が出来ました。

夕方は花に水を遣るために外に出て行きました。
何故かお隣とお向かいさんが見知らぬおばあさんを連れてきていました。
「気をつけて帰りや、この横を(うちの駐車場)通らせてもらって
この道をまっすぐに行ったらいいから・・・。」お隣さんが「悪いけどここ通したってな、」
顔も上げずに「いいけど・・・。」と返事をしました。
おばあさんはそのまま歩いていった様子でした。

水を遣り終えて「どうしたん?」と聞くと道がわからなくなって
生コンのところに暫らくたってて「千代○に帰りたいんだけど道をおしえて」と
言われたらしく一度説明してそっちのほうに行ったのにまた戻ってきたらしくて

私が出て行ったときは3回目だったそうです。
丁度お隣のご主人が畑から帰ってきたので交番に電話を入れてもらいました。

2.3ヶ月前に未だ寒い頃、お婆さんが昔住んでいたところの住所を言って
徘徊と言うにはあんまりなんですが帰るところがわからなくなって
始めは保護されたんですが二度目は誰も気がつかなくて・・・。

警察犬も出て大騒動になったことがあるんです。
その日は寒くていなくなった頃から冷たい雨が降り始めていました。
その雨で匂いも消えて犬も同じところを探しまわる結果になりました。
結局見つかったのは一週間後でした。

そんなことがあったのでみんなそのお婆さんを見守る形に
なってうちの横を通って行ったのにまた違うほうへ行ったので
走っておばあさんを迎えに行ったりして騒ぎになりました。

みんなの思いは同じです。
前の事があったのでどんなことがあっても目を離してはいけないと
おまわりさんが来るまでここに連れてきて待ってようと迎えに行ったのです。

お婆さんだからそんなに早く歩けませんし、おばあさんがつく頃に
おまわりさんもやって来ました。
「お不動さんにお参りに行った人から通報があって千代○方面に
帰るという人が教えたほうと全然違うほうに行ったから見に行ってくれ。と
いう事であっちこっち探していました。」と仰って

その千代○の府営住宅に住んでいるということでした。
2年前にご主人がなくなってからずっと一人暮らしで今日は(28日は
お不動さんの日です。)お参りに来ました。と仰っていました。
事情聴取とやらで色々聞いていましたが、我々に向かって「ちゃんと家まで
送り届けますから、私は3時半ごろから探していたんです。ありがとうございました。」
とミニパトに乗せてあげていました。

3時半から五時過ぎまでお婆さんは何度も同じところを行ったり来たりしていた
事になります。

無事に帰り着くとは思いますが、これからの事を考えると少し不安が
残ります。前述した方もお婆さんと言ってますが未だ68歳だったんです。

近くだったらわかっているところだからいいのでしょうが
少し離れた所では地理もわかっていないでしょうし、不安だった事でしょう。
おそらく警察からご家族の方に連絡が行くことになるでしょう。
余計なことですがどなたか一緒に住んで下さる方が
いらっしゃったら安心出来るんですけど・・・。

それぞれに事情と言うのもありますので・・・とにかく今日は
何もなかったことが一番の喜びです。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

なんだかとっても切ないですね。
お年寄りの一人暮らしと聞くと、話し相手にでも。。。
と思ってしまいますが、おばあさんからしても
見知らぬ人だとそういうわけにも行かないでしょうしe-351

家族と一緒が一番ですが、お近くにいらっしゃるのかしら。。。
なんだか心配になっちゃいますね。
こういったことは色々含めて難しい問題なのでしょうが
そのおばあさんが、危なくないようになる事を願ってやみませんe-441

くまくぅさんへ

私もとても気になります。
きっと生活圏では大丈夫なのではないでしょうか。
住んでらっしゃるところからかなり遠いところまで
こられていますので疲れが重なって余計に
迷われたんではないでしょうか?

きっとご家族の方もどなたかがいらっしゃるか
またはお連れになると信じています。
永く住まったところから見知らぬ土地へ行くと
言うこともまた辛いものがあります。

友人も見知った人もいなくなってしまいますので
それもお淋しいことかと・・・おばあさんにとって
一番いい結果であることを願います。

くまくぅさんは優しい方ですね。

鍵コメさんへ

コメントありがとうございます。
お心遣い感謝しております。

これからもよろしくお願いいたします。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。