スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
花の季節に  ←花の季節に 【--年--月】の更新記事一覧 →春の味  春の味
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

3886人の思い

3886人の思い

傍聴席を求めて集まった人の数です。(光市「母子殺害事件」)

昨日、山口県光市に「母子殺害事件」に広島高裁から
判決が下りました。

「良かった」と思う反面、なんとも満たされない思いが残りました。

もし、”ドラえもんが何とかしてくれる”と言うような考えを
持った人間が普通に道を歩いているとしたら、その方が恐ろしい。

かなり時間が過ぎてしまいました。
少年だからといって、罪の深さは同じ、亡くなった人は戻らない。

多分更生されることはないであろうと思われるからです。
勿論決め付けることなどできません。

私には忘れることの出来ない別の少年事件があります。
主犯のA、サブリーダーのB、C、D、それ以外にも少年院に
送られた少年達がいます。

同じようなことをしたのに罪を問われないまま釈放された10数人の少年達。

どうしても忘れることが出来ない事件。

『女子高生コンクリート詰め事件』です。
 
大人では考えられないような残酷で悲惨な事件でした。
これが少年だから起こした事件ともいえるのではないでしょうか?

時間が経ち、日が過ぎて人々の記憶から薄れてゆく年月が過ぎ去ろうとしています。
今年、その主犯格Aが刑期を終えて出所する予定だそうです。

18歳の時この事件を起こし、無期懲役を求刑されたものの
17年の懲役刑で服役中です。

彼らは少年法で守られています。

少年B(当時17歳)は刑期を終えて出所してからまた事件を起こしています。
その時に相手にすごんだ言葉が「オレは人を殺したことがある!一人も二人も
かわらない!」といっていたそうです。

Bはそのままの名前では普通の生活も出来ないだろうから、
名前を変えてやり直しなさいと言ってくれた保護司の方と
養子縁組までして名前を変え、そして裏切っている。

あまりにも凄惨な事件内容なのでここで書くことは出来ませんが
当時色々とメディアにも取り上げられた事件でもあります。
あまりにも酷いということで、ある週刊誌が実名報道をしたことでも
知られています。

少年事件を考える時、必ず更生という言葉聞かれます。
それは殺人事件それに近い事件などは省かれてしかるべきであると
私は思います。

17年の時を経て成人して出所してくる元少年Aは保護司と
養子縁組をして名前を変えていると聞きます。
亡くなった少女は17歳のまま。

亡くなられた弥生さんと夕夏ちゃん、そして女子高生だった彼女に合掌。
(-人-)

 ※ これは私の個人的意見であり考えであっていかなるものも
   誹謗中傷するものではありません。

この判決を聞いた時に何故か涙がこぼれました。
本村さんのご苦労を持っての涙なのか、二度と戻ってくることが
出来ないお二人のためなのか、また少年への哀れなのか・・・。

先にあげた事件の関係者で少年院送致になった少年が
結婚をしようと相手の両親にあったときに両親から激しく糾弾され
断られたと言うことを読みました。

本人は「少年院にも行った、だからもう罪は償ってきた、
あんなことで言われるなんて信じられない。」と言ったそうです。
あんなことで・・・少年院に行ったからもう終わったこと。だそうです。

「もし今までのように罪を認めていたならば無期ということもあったかもしれない。
まったく違った内容になった為に自らそれを選択したと。」思う。
という本村さんの言葉に同感です。

命の持つ重さ。
もし彼が死刑になっても辛い思いをするのは親。
本村さんが受けた悲しみ苦しみは本人が受けなければ理解することは
出来ないと思います。

○田君、君が本村さんにならなければ本当の苦しみは理解することは
出来ないんです。
でも前日の記者の面会でのことは君も覚悟は出来ていたんだなと理解できました。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
花の季節に  ←花の季節に 【2008年04月】の更新記事一覧 →春の味  春の味
 

~ Comment ~

No title

刑法とは何なんでしょうか・・・。
罰を与えると同時に加害者に更生の機会を与えるもの?
どうとらえていいのやら・・・。ただ、現状では被害者を保護するための法律でないことは確かなようですね。
本村さんの会見を見ましたが、同じ立場でないと本当に分からないような
言葉の重みがあります。
少なくとも、世論は見方に着いていますね。

女子高生コンクリート詰め事件は知っていますよ。
凄惨な事件です。
仮に今回の裁判がこの事件の前に行われていたなら、
「無期懲役」という判決が「死刑」に変わっていたのかもしれませんね。

「死刑」にもいろいろな意見がありますね。
かなりの数の国が「死刑」をなくしています。
世界レベルでみると廃死刑国化の動きがありますが・・・。
死刑・・・、人間の倫理的にみてどうか?更生の機会がないから死刑に処するのか?
国連憲章では残虐な刑罰は禁止されているようですが、日本では死刑は残虐な刑罰ではないと位置づけているようです。

上記のように書きましたが、自分は死刑がなくなればいいとは思いません。
一番良いのはここまでの事件になる前に何とか歯止めを。
地方、国レベルで対策する必要があると思います。
長文、乱文失礼しました。

やんまさんへ

おはようございます。
私はどうしてもこれを書かなければなりませんでした。
書くことによって胸の痞えのようなものを下ろしたかったと
いうこともあります。

何度も何度も書き直し修正してこの程度です。申し訳ありません。
人の目に触れさせてはいけないのではと言う思いもあって
別の記事をUPいたしました。

あなたのような若い方にご意見を頂戴できるとは思っても
みませんでした。
本当にありがとうございます。

少年事件が起きるたびに何故家族はこの子達の
気持ちを汲み取れなかったのか、周りは何故気がついてやれなかったのか
何度も自問自答を繰り返してきました。

誰かが少しの勇気を持って誰かに伝えたなら彼女は
あんな凄惨な死を遂げることはなかったのです。

今ならきっと死刑になったと私も思います。
私も死刑が悪いこととは思っていません。
あの事件を思うときそれ以上に悲惨な『死』があることを
思うと耐えられません。

今少年達の問題が取り沙汰されています。
皆が忙しいから目を向けることが出来ない。
彼らの本当の姿は今も昔も変わることはないと思います。
その存在を認めてあげることが出来たら、彼らが
その虚構を捨て去ることが出来るならきっと本来の
姿が見えてくるのではないかと思います。

それが出来るかと云われれば自信はありません。
でも聞いてあげることは出来ます。

彼らの逃げ場所を誰かが作ってあげなければいけないのでしょうね。
相対して目を見詰めて話をすることが出来たならかなりの少年犯罪は
防げるものではないでしょうか?
地域、地方、国で対策をする必要があると思います。
あなたの仰るとおりです。

あなたのような方が一人でも多く必要です。
本当に貴重なご意見をありがとうございました。
感謝しております。

No title

どちらの事件もあまりにも残酷で・・・もちろんコンクリート詰めの事件もよく覚えています。
怒りと同時にやりきれない気持ちと 何故そんな残酷になれるのか?!って疑問が湧き上がります。

この国はあまりにも心の傷に鈍感すぎて・・・。
日本は先進国には珍しく、児童虐待の面で国際的に警告を受けていますよね?(確か・・・)
理論とかじゃなく、日常の生活の中で愛を教えられない子供たちが
ゆがんでいってしまうのは、当たり前のことなんだと思います。
いや、別に加害少年をかばうつもりはないですけど。
過酷な環境の中でも立派に育っている子供たちだってたくさんいますから。

でもやっぱり大人に責任がないといったら嘘だと思うんですよ。
子育ての中で常識を守らない大人たちがそりゃあもう邪魔してくれましたし。^^;
大人がずるばっかりしている姿を見せておいて、子供にだけ「正々堂々と」とか言っても
ちゃんちゃらおかしくて笑っちゃいますよ。

子供が小学生くらいの頃とかは よく言うんですよ。
「○○ちゃんがこうやってたから」とか言って自分もそれで済ませようとするから
「自分が軽蔑する人と同じ子とやってどうするの?」って言い聞かせてましたね。
いや、あまり良い言い方じゃないのかも知れませんが。
「○○ちゃんの悪口言うけど、同じことやったらあんたも一緒じゃん」って。^^;

私ね、わが道をゆくってタイプだから、みんなとうまくやりたい子供にとっては
ときに酷な言葉だったりしたと思いますが、いまや図太くなりました。(笑)

あ、すいません。話がまとめられません。><
う~~んとですね、何でも小さなことの積み重ねだと思うんです。
社会が良くなれば自然と子供たちも良くなっていくはずなんです。
大人が自分の罪を悔いて改める姿を見せれば・・・・ね。
しかし、年金や税金、無駄金と・・・誰か納得のゆく責任取りましたっけ?ーー

偉そうなこと言って 私自身たいした人間じゃないんですけどね。--;
でもせめて自分が出来る限り、子供に恥じない自分に高めていきたいです。

ああ、やっぱりまとまりなくてすみません。><

tenkoさんへ

ヨーロッパでは60年代から米国では70年代から幼児虐待については
研究が進んでいるそうです。さすがに人権の国ですね。
残念ながら日本では平成になってから、しかもつい最近真剣に取り組むように
なったそうです。
欧米では子供は社会が育てるもので日本のように子供は親が育てるものと
思っていないそうです。

だから児童虐待などは見てみぬふりをしないそうです。
意識の違いですね。
日本の場合は裁判所でもすぐに親に引き渡すと言うのは
親が一番と言う意識の表れだそうです。

加害少年もやはりかばって頂いてもいいと思います。
事件までの事は。
大人を信じられないようにしたのは親であり周りにいる
大人たちだったからです。

息子は高校の時に当番で職員室の掃除とかトイレの掃除などを
きちんとこなしたそうです。
クラスの子達にバカにされたそうです。
それに叔母にも。バカ正直だと・・・。それから嫌っていました。
「自分はしなければいけないといわれたことをしているんだから
何も言われることはない。」と

当たり前のことをすると変わり者呼ばわりされる
それがいやで他人とのかかわりをもたなくなりました。
これも困ったものです。理由はほかにもあるんですけど。

自分に自身を持つと言うことが大事なことだと思うんですが
それさえも多数の意見に押されてしまいがちです。
国がもっと子供達の声に耳を傾けてくれたらと思うのですが
仰るとおり心の傷に鈍感なようです。

周りにいる大人の責任って本当に大きいと思います。
私も含めて。
何が出来るかといわれれば何も出来ないとしかいいようが
ありませんが・・・。

いつも本当にありがとうございます。
何かあったらtenkoさん・・・ですもの。
申し訳ありません。m(_)m
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。