スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

荒城の月

荒城の月

    春高楼(こうろう)の花の宴(えん)
    巡(めぐ)る盃(さかずき)かげさして
    千代(ちよ)の松が枝(え)わけ出(い)でし
    昔の光いまいずこ

    秋陣営(じんえい)の霜の色
    鳴きゆく雁(かり)の数見せて
    植うる剣(つるぎ)に照りそいし
    昔の光いまいずこ

    いま荒城の夜半(よわ)の月
    替(かわ)らぬ光たがためぞ
    垣に残るはただ葛(かずら)
    松に歌うはただ嵐(あらし)

    天上影は替らねど
    栄枯は移る世の姿
    写さんとてか今もなお
    嗚呼(ああ)荒城の夜半の月

この歌はご存知ですよね? 
先日妹と二人映画を見に行きました。
そのときにラジオからこの曲が流れてきました。

大好きなんです。
この歌を歌っている人がとても歌唱力の
ある人で(誰だったか聞いてませんでした。)目の前にこの状況が
浮かんでくるような感じで思わず聴き入ってしまいました。

ある方のブログで「朧月夜」も聞かせていただきました。
この季節にぴったりの音楽ですよね。
日本の原風景と動揺、唱歌。

いつの間にか歌われることがなくなってしまい同時に
童謡、唱歌のもつ風景が失われていることにも気がつきます。

今風の歌曲が唱歌に認定されるのもわからないではありませんが。
歌があってその情景がある。童謡にも唱歌にもそれがあったはずなのに
今は見当たりませんから・・・。

この「荒城の月」はロシア正教のミサにもつかわれているそうです。
ドイツのヘビメタバンド「スコーピオンズ」が日本公演で必ず
この曲を演奏するそうです。

人の世の栄華盛衰を物語る短い歌詞の中で見事に歌いきっていると
思います。

春になると懐かしいようなこんな曲が嬉しいと思うのは
私だけなんでしょうか?
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

こんばんは☆

荒城の月♪
情緒があって本当に故郷に帰るような感覚です。
賛美歌にもなっているようで、聖なるイメージが漂います※
この季節はホントに感傷的になることが多いですね^^

No title

子供の頃、深い意味もわからないまま歌ってました。
1番しか覚えてないですが、その1番がなぜか好きで。。。
勝手に満開の桜と朧に見える満月と静かにたたずむお城を連想し、
『ほぅ・・・e-446』 としてました。
変な子供ですよね(笑)
でも、なんとなく切なくてそれがまた好きで。

讃美歌になっているとは知りませんでした。
賛美歌はどんな内容になっているのかな。

この時期、切なくて、懐かしい感じの
桜を連想させる曲がは無性に聞きたくなります(笑)

Remさん、朧月夜も

良かったです。
頭の中に歌詞が浮かんできました。
その情景を思い出させてくれるものって
大切ですよね。

この『荒城の月』は物語だと思っています。
この曲を聴くと必ず同じ情景が浮かんできます。

この季節は人恋しくまた郷愁に駆られる
ものなのでしょうか?

くまくぅさん、桜の季節ですね。

かなり前になりますがこんなことを読んだことがあります。
桜の季節には人は狂ってしまうと。
なぜならば桜の木の下には人が埋められていて
それによって狂ってしまうんだと。

桜に酔う人を花狂いというそうです。
桜はそれだけ人を魅了するものなんでしょうね。

桜を題材にした歌は沢山ありますね。(^0^)v
私は童謡の「さくら」も大好きです。

この時期切なくて・・・私も同感です。v-252

こんばんは☆

歴史の中でも意味深いものがあって壮大な物語ですね。
故郷を思い出させる楽曲ってホントに素晴らしいです♪
特にこの時期はどこか物悲しくなったり。。※

ありがとうございます。嬉しいです^^

Remさんへ。

いつもありがとうございます。
今心が動くことってそんなにありません。
でも聴く事によって時代を感じさせてもらえます。

何時までも変わらずにいることが出来るのは難しいこと
なのかもしれません。

いい音楽は何時までも後世に残っていくんだと思います。
そうあってほしいという願いをこめて。

No title

こんにちは。
「荒城の月」、歌詞、メロディともにいい名曲ですね。
私の知っているグループホームでも人気がありました。

kemukemuさんへ

訪問&コメントありがとうございます。

とても深い内容で読み応えがありました。
ただ漠然と意味は理解していましたが更に深く認識いたしました。

色々な物に造詣が深いのですね。
またお邪魔させていただきます。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。