スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
小正月  ←小正月 【--年--月】の更新記事一覧 →私のシクラメン達  私のシクラメン達
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

13年前・・・。

13年前・・・。

昨日は阪神大震災からまる13年。
今でもあの当時の事は覚えています。

まだ子供が小さく子供部屋には布団タンスが置いてあって
二段ベッドに寝ていました。

雷のような音で激しく揺すられていて動く事すら出来ませんでした。
私たちの部屋にはかなり重いスピーカーがどんと置いてありました。
20キロくらいはあると思います。
それが上下したんです。

物が上下に動くその事が信じられません。その後に激しい横揺れ・・・。
ベッドから飛び起きて子供の部屋に行こうとしたのですが、
激しく揺られて立つこともできません。

這うようにして部屋を出て行ったのですが立ち上がり駆け出しました。
子供部屋では布団を頭から被って二人縮こまっていました。
布団ダンスの上からの落下物はなく、(お返しの頂き物が山のように積んでありました。)
そのままにしているように言ってあちこち見て回りました。

落ち着いたのでお茶の間に出てくるように言いテレビをつけてもそのニュースは
なかなか流れませんでした。
肝心のNHKがかなりの被害を受けていたのでそれも無理からぬ事。
ニュースが流れるまでそんなに時間はかからなかったと思いますが
はっきりとした記憶がありません。

地震の強度について何度か訂正が入ったと思います。
確か震度計がそれ以上の震度を示す事が出来なかったので
震度6で記録されたとか聞きました。
震度計が壊れたとも聞きました。
実際は震度7強だったと思います。

うちのお風呂が駄目になりました。
ニュースで見る限りかなり悲惨な状態であったことを思い出します。
その当時今勤めている会社が被災地の方々に
お弁当の差し入れをしたことを入社後に知りました。
フル回転でお弁当をつくったそうです。

作っても作っても足りなくておにぎりやらサンドイッチなどかなりの量を作ったそうです。

新聞配達の男性が前日が休みでバイクで神戸にツーリングに行ったそうです。
当日仕事があるのでそのまま帰って仕事に入って配達していたら山が真っ赤に染まって
今までにあんな色は見た事がないと言ってました。
変な形の雲、空を見ると神戸方面の空の色は口では表現できなくて
恐怖すら感じたと言ってました。
「あれがもしかしたら地震の前触れだったかも・・・」と。

その数日前から色々な現象があったそうです。
朝早くには縁がなかったので気づきませんでしたが今ならわかったかもしれません。

あれからもう13年。

何もかもが変わってしまい何もかもが前と変わらない生活が戻っています。
10年一昔といいますが、思い返しても恐怖はありません。
でもあの悲惨さは思い出す事さえ嫌な記憶です。

あれだけの地震であったにも拘らず関東方面ではニュースとして
そんなに何度も報道されなかったそうです。
こちらでは24時間ずっと流れていたように思いましたが今はその記憶も
定かではありません。
ただ後で知った事なんですが関西で地震があったのは知ってる、
でもそんなにひどいとは思わなかった。
ひどい被害が出たのならニュースで何度もやるでしょうと言った声を聞きました。

これもローカルなんでしょうね。
他のところなどで起きた地震や災害も何度も見ていますが
その地域の人たちは私達が見たように
何度も流れているのかな他のところにはあまり流れていないのかもと
穿った見方もしてしまいます。

6434人の犠牲になった人のために同じ数のろうそくに
鎮魂の灯がともされました。合掌(-人-)

この運動も資金難のため開催が危ぶまれたそうですが地元の高校生らの
募金活動で存続にこぎつけたそうです。

色々な形で記憶は生き続けて行くものと思います。
私達に出来るせめてもの事。
お隣近所の人と顔を合わせたら挨拶をして顔見知りになっておく事。
それだけでも違うと思います。

なにかあったら遠くの親戚より近くの他人と言いますもの。
お互いに助け合っていかなければいけませんから・・・。
何もない事を祈りながら・・・。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
小正月  ←小正月 【2008年01月】の更新記事一覧 →私のシクラメン達  私のシクラメン達
 

~ Comment ~

こんばんは。
何度も読ませていただきました。
震災後の復旧はどこか戦後の復旧と同じような感じの印象を持ったのを記憶しています。
振動を実際に感じられたのですね。
その瞬間もそうですが、後の不安もおありでらっしゃったのではとお察しします。
当時は地域によって情報の頻度も違ったのですね。
何かが起こった時に頼れる知人がそばにいることは本当に心強いことだと思います。
震災後は全国から助け合いという声が響いていたように感じました。

>でもそんなにひどいとは思わなかった。
ひどい被害が出たのならニュースで何度もやるでしょうと言った声を聞きました

くまくぅも学生の頃、地元で大きな地震を経験した事があります。

地震の後、寒い雪のちらつく中、割れたガラスを片付けた記憶があります。
でもその時の扱いは上記と同じものでした。
確かに阪神大震災とは比べ物にならない地震でしたが。。。

ニュースはその報道の真実性を鵜呑みにしてはいけないこと
自分の判断基準をしっかり持たなきゃいけないと強く思った事を思い出しました。

人とのつながりが希薄になりつつある昨今。
今一度、地域のあり方、人としてのあり方、
あらためて考えなければ。。。と思います。

亡くなった方達のご冥福をお祈りして。。。

関係地域では細かく流れるニュースも、距離が遠ざかるにつれて情報量が少なくなります。
だから、もう落ち着いたのだと勘違いしてしまう。
未だにそれは変わりません。

阪神大震災の後遺症がまだ完全に終わっていない現在でも、過ぎ去った昔の話です。
13年かかってもの現状から考えても、例えば去年の震災など、現地ではまだ過去ではないのでは?と思います。
自分はローカルが原因なのではないと思います。

Remさんおはようございます。

お隣近所のお付き合いも希薄になってきました。
今までは色々なことで顔を合わせる機会が多かったのですが
それぞれお仕事を持つようになるとなかなかそんなわけには行きません。

私自身もそうです。

でも何かあったときは一番に駆けつけたいと思っています。
こんな私でも頼りにしてくれている人がいるんです。(笑)
一人暮らしの方なんですけど。

今はどこにいてもそこの情報が取り出せるようになっています。
ネットの力って大きいですよね。
あの当時でもネットがずいぶん活躍したそうですから。

くまくぅさん、おはようございます。

くまくぅさんも地震を経験なさったんですね。
さぞ大変だったことと思います。

私のところは震源地からはかなり離れていたのですが
それでもあれだけの影響があったんですもの。
直接体験されたと言うことは・・・お察しいたします。

地域も新興住宅地が増えたりと様変わりしています。
色々な取り組みが行われていますが、生活に追われて
参加することもままなりません。

それではいけないと思うのですが仕事優先になってしまいます。
最近の若い人たちをあまり知らないんです。
これではいけませんね。

自分を振り返りつつ自戒します。

★さんおはようございます。

コメントありがとうございます。
仰るとおりです。
ローカルだけが原因ではない、とは思います。

ニュースは(ワイドショー)悲惨であればあるほど視聴率がとれます。
被災地においてこれでもかと投げかける姿勢には疑問もあります。
でも映し出される映像は嘘も隠しもありませんでした。

その映像は地域でしか流されていないのも事実です。
ニュースは新しくなければニュースではないといった
ジャーナリストもいました。

確かに遠ざかるにつれ報道されにくくなるのも事実だと思います。
今現在自分がほしいと思う情報はネットから簡単に
手に入れることが出来ます。

それが出来ない人もいます。

ほんのわずかの時間でもいいので現在はこうなっていると
知らせてほしいと思うのは私だけでしょうか?

あくまでも私の考えなんですけど・・・。

決め付けるような言い方はいけなかったと反省しています。
申し訳ありませんでした。

すいません。
名前入れた筈なのに空白になっちゃってましたね。^^;

それから、もうひとつ。
すいません。
シェイドさんの記事を批判した訳ではないんです。
あらためて読み返してみると憤慨したコメントになってますね。(苦笑)
確かに憤慨してたんですが、それはマスコミに対してなんで、シェイドさんには申し訳ない事をしてしまいました。
知らせて欲しい、という気持ち、同感です。
実はテレビや新聞を見れない状態があって、遠方で起きた震災に気付けなかった事がありました。
すごく悔しかったです。
震災でなくても、人命に関わる重大事件は嫌でも耳に入るような方法はないのか、と思った経緯がありまして・・・
そういう事を知るにも、近所付き合いが一番なんかなあ、とあらためて思ったりもします。
ただ、その実行は難しいケースもあるのが現実で、それを考えるとまた腹が立ちます。(苦笑)
現代社会にあった何か、は、自分には想像つきません。
でも、何かが足りないと思うし、それを補わなくては、と思います。

あれ?

今度はタイトルに入っちゃいました。^^;

あははは、和さんでしたか。

お名前のことはお気になさらなくても宜しかったのに。
お気遣いありがとうございます。

私はてっきりお叱りを受けたと思っていました。
でも批判されてもいいような書き方で申し訳ありません。

マスコミの騒動に巻き込まれるのはごめんですが、
正確にそして過去のことと言わずにその後を僅かでもいいので
ぜひ伝えて頂きたいと思っています。

>知らせて欲しい、という気持ち、同感です。

賛同いただいて私もうれしく思っています。
独りよがりの考えかとも思っていましたので・・・。

これからもよろしくお願いいたします。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。